2020年1月9日木曜日

昨日の朝のイランがミサイルを米軍基地に向けて発射の報で、市場はパニック的なリスクオフ。
時間がたつにつれて情報が錯綜する中、徐々に回復して昼休みを迎えました。
どうもイラン外相がイラク政府に対して事前にミサイル攻撃を行う(多分標的も含めて)ことを通知していたそうです。
これにより(多分)被害はほとんどなく米兵も無事だったようです。
これは2つのことが示唆されています。イラン国内の穏健派は米国との軍事衝突を望んでいないこと、そしてタカ派の革命防衛隊は主戦論であったと。
これらの情報を分析した結果、米軍の報復は行われなかったのでしょう。
猫(米国)とネズミ(イラン)の力関係なのでしょうか。窮鼠猫を噛むの例えもありますので、未だ緊張は続くと考えています。
しかし朝方に切らされた人もいたでしょうし、流れに乗って売り浴びせた人もいたでしょう。ことごとく血まみれになったかもしれません。
こちらは見守っているだけでしたが、グズグズして買い戻すタイミングを逸しました。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+161ドルの28745ドルの引け
原油は、マイナス3.09ドルの59.61ドル
金は、マイナス14.10ドルの1560.20ドル
10年債利回りは、+0.05%の1.87%でした。

さあ、気を取り直して、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社