2020年1月31日金曜日

市場がショートだったことが背景だったのでしょう。それまで売られていたものが買い戻されて引けました。
一部には、これでWTO中心に事態の収束が図れるといった楽観論まで出ているようです。
問題はやはり中国の状況がどうなるか次第だと考えています。どちらかというと未だ悲観的ではあります。
ポジションはすべて継続です。

ダウ指数は、前日比+124ドルの28859ドルの引け
原油は、マイナス1.19ドルの52.14ドル
金は、+13.20ドルの1589.20ドル
10年債利回りは、変わらずの出1.59%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!
今夜はYMTV「為替デスマッチが」が午後5時からあります。
一緒にワイワイ楽しくやりましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月30日木曜日

米株のことです。発言内容に中国の感染が含まれて、今後の影響に注視。これで債券が買われて株が売られた形。
日本と違って距離もありますので米国民にとってはやはり対岸の火事なのでしょう。
議長が言及したことで少し警戒感が生じたようです。
感染スピードが速く(逆に致死率は高くない)しかも中国当局による春節休暇の延長などが今後の生産や消費に与える影響が心配です。
こればかりは不透明この上なく、市場の警戒感は高いままです。見守りましょう。
ポジションはすべて継続です。

ダウ指数は、前日比+11ドルの(一時+220ドルまでありました)28734ドルの引け
原油は、マイナス0.15ドルの53.33ドル
金は、+0.60ドルの1570.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.07%の1.59%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月29日水曜日

単なる寝坊です。まさに春のように暖かな日和、春眠暁を覚えず!?
さて市場の方は、ショートの買い戻しで小反発して帰ってきました。
香港市場は今日からですが、今のところはマイナス740程度で落ち着いています。
昨日、新たな感染者が出ました。国内でそれも中国に行ったこともないとのこと。
中国からの観光客を乗せていたとのこと。つまり人から人への感染。
まだまだ様子見です。個々人での予防、手洗いとウガイを励行するしかありません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+187ドルの28722ドルの引け
原油は、+0.34ドルの53.48ドル
金は、マイナス7.60ドルの1569.80ドル
10年債利回りは、+0.04%の1.65%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月28日火曜日

新型ウイルスの感染が拡大してきました。場合によると更なる犠牲者が多発するリスクがあります。
米国株は大きく調整の波に襲われました。これも未だ始まったばかりかもしれません。
中国は終節の連休を延期するように決定。上海株式市場は今週末の金曜日から週明けの月曜日から再開されるようです。
香港市場は予定では明日から再開。
今後も中国当局の感染者数の発表に踊らされることになります。
日本のインバウンド期待も急低下しています。今更ながら中国の購買力の大きさに驚かされます。
後はこの状況がいつ終息するのか、それまでの期間がどのくらいになるのか。今のところは全く目途が立っていません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス453ドルの28535ドルの引け
原油は、マイナス1.05ドルの53.14ドル
金は、+5.50ドルの1577.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.08%の1.60%でした。

上記の指標は、リスクオフの流れで整合性が取れています。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月27日月曜日

週末に報道された新型ウイルス感染は、勢いを増しています。
これを受けてシドニー市場では109円割れの状態。
報道を見ると収束までどのくらいかかるのか、WHOの見解が変化するかでしょうか。
いずれにしても中国経済への打撃は大きいと言わざるを得ません。そして日本、世界にも波紋は広がります。
人ごみを避けることで消費が落ち込むこむことは避けらないでしょう。
手洗い、うがいの励行を進めましょう。
今後の推移をしっかりと見守りたいです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス170ドルの28989ドルの引け
原油は、マイナス1.40ドルの54.19ドル
金は、+6.50ドルの1571.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の1.69%でした。

1月最後の週に入ります。
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月24日金曜日

WHO内部の議論も二分されていたようですが、国際的な緊急事態と結論付けるには未だ尚早といったところです。
この春節の間、そしてその後にどうなっているかがポイント。
市場は、またしてもアジア時間の中国株の動きでリスクオフになりましたが、WHOの声明で行って来い出引けました。
ドル/円は109.30割れまでありましたが、引けは109.50あたり。
さすがに今日の中国株はある程度の反発はあるでしょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス26ドルの29160ドルの引け
原油は、マイナス1.15ドルの55.59ドル
金は、+8.70ドルの1565.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の1.73%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月23日木曜日

為替はポンドが引っ張る形での若干ドル安気味。
まさかトランプ大統領のダボスでの発言「ドルは強すぎる」に反応したわけでもないでしょうが。
株式市場はアジア時間での反発地合いが剥落する形で引けました。
例の新型ウイルスに関する影響は、依然として不透明です。中国当局が「人から人への伝染を確認」「武漢市の公共交通機関の運航中止」と発表。
こちらは経過観察が続きます。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス9ドルの29186ドルの引け
原油は、マイナス1.64ドルの56.74ドル
金は、マイナス1.20ドルの1556.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の1.77%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月22日水曜日

昨日は香港株安の影響が市場へ重くのしかかったような動きでした。
例の新型ウィルスが動きに拍車をかけた印象もあります。
米国のワシントン州でも患者が発見された報道もあったようですが、これはまだ様子見の段階か。
昨日は日銀のETF買いは出ませんでした。去年の11月ごろから出てもおかしくない状況で出ないことが散見されています。
国債買い入れの減少(80兆円目途で実績は16兆円)を含めて少しずつ当局の運営方針が変化してきているのかもしれません。
経過観察!?
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス152ドルの29196ドルの引け
原油は、マイナス0.20ドルの58.34ドル
金は、マイナス2.40ドルの1557.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の1.77%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月21日火曜日

ほとんどもみ合いに終始したようです。
ドル/円は110円台前半での攻防が続き、株式市場は高値圏でのもみ合い。
今日からダボス会議が始まります。そして金曜日からは中国の春節が始まり来週も中国市場は休場です。
日銀の政策会合は最終日ですが、こちらは据え置きで黒田総裁の記者会見もサプライズはないと考えます。
いつもの定点観測は、ありません。
ポジションも変化なく、すべて継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月20日月曜日

3市場そろっての最高値更新で引けました。
為替市場は円以外の通貨が売られて(ドル高)クロス円が下げて引けました。
ドル円は、110円台前半でのもみ合いに終始したようです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+50ドルの29348ドルの引け
原油は、+0.02ドルの58.54ドル
金は、+9.80ドルの1560.30ドル
10年債利回りは、+0.01%の1.82%でした。

今日は米国が休日です。
さあ、今週も頑張って行きましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月17日金曜日

米国株式市場は、最高値更新が続いています。
米中はいったん材料から外れたようですが、今度は米国金融機関の好調さが買いを誘っています。
ただただ見守るばかりです。
円売りも止まりません。何やら円キャリーの復活のような印象もあります。
つまり円を借りて他に投資する行為。海外勢の中にこれを推進しているところがいるのかもしれません。
未だ辛抱が続きます。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+267ドルの29297ドルの引け
原油は、+0.71ドルの58.52ドル
金は、マイナス3.50ドルの1550.50ドル
10年債利回りは、+0.02%の1.80%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月16日木曜日

材料出尽くしとはならずに引けました。
ドル/円は109.90前後の動きに終始、ユーロが強い動き。
米中双方の署名が済み、大きなイベント通過。今後は大統領選挙に関心が向かのでしょうか。
しかし米国株式は強いです。どこまで上げるのか!?もうは未だ、未だはもう!?
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+90ドルの29030ドルの引け
原油は、マイナス0.42ドルの57.81ドル
金は、+9.40ドルの1554.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の1.78%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月15日水曜日

買いが引きません。高値圏での推移が続いています。
ドル/円はストップが付きましたが、再び(ストップより低い?!)売りました。
したがってポジションは、変わらずですべて継続しています。
まだまだ辛抱が続きそうです。

ダウ指数は、前日比+32ドルの28938ドルの引け
原油は、+0.15ドルの58.23ドル
金は、マイナス6.00ドルの1544.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の1.81%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月14日火曜日

特にこれといった材料はなかった(と思うのですが)中でのドル安円安、そして米株の堅調。
日経平均も再度24000をうかがう動き、そしてドル/円は110手前まで来ています。
ポジションは、変わらずですべて継続です。
今週は米中の第一段階の合意文書に署名というのがあります。
これに付随しての中国の為替操作国認定の取り消しが発表されました。
すべ織り込んできたものと考えますが、市場の流れはさらにポジティブにとらえているようです。
ジタバタしてもしょうが在りません。見守ります。

ダウ指数は、前日比+82ドルの28905ドルの引け
原油は、マイナス0.96ドルの58.08ドル
金は、マイナス9.50ドルの1550.60ドル
10年債利回りは、+0.02%の1.84%でした。

連休明け、さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月10日金曜日

またしても米国株式市場は3市場そろっての最高値更新。強いです。
確かに流動性が高く(これまでの中央銀行による資金供給がいじされているため)余った資金が米株に回っているのでしょう。
しかしその裏には過去最大の借金が民間にあります。これは中国も同じです。
そうは言っても何やら犬の遠吠えにしかならないのが現実。破裂するまで膨らみ続ける図は変わらずか。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+211ドルの28956ドルの引け
原油は、マイナス0.05ドルの59.56ドル
金は、マイナス5.90ドルの1554.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の1.85%でした。

金曜日、連休前、今夜は雇用統計があります。
今年初めてのYMTV「本音で・・・」午後5時からあります。
流れに乗っているひろこさんの話でもジックリ聴きましょう!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月9日木曜日

昨日の朝のイランがミサイルを米軍基地に向けて発射の報で、市場はパニック的なリスクオフ。
時間がたつにつれて情報が錯綜する中、徐々に回復して昼休みを迎えました。
どうもイラン外相がイラク政府に対して事前にミサイル攻撃を行う(多分標的も含めて)ことを通知していたそうです。
これにより(多分)被害はほとんどなく米兵も無事だったようです。
これは2つのことが示唆されています。イラン国内の穏健派は米国との軍事衝突を望んでいないこと、そしてタカ派の革命防衛隊は主戦論であったと。
これらの情報を分析した結果、米軍の報復は行われなかったのでしょう。
猫(米国)とネズミ(イラン)の力関係なのでしょうか。窮鼠猫を噛むの例えもありますので、未だ緊張は続くと考えています。
しかし朝方に切らされた人もいたでしょうし、流れに乗って売り浴びせた人もいたでしょう。ことごとく血まみれになったかもしれません。
こちらは見守っているだけでしたが、グズグズして買い戻すタイミングを逸しました。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+161ドルの28745ドルの引け
原油は、マイナス3.09ドルの59.61ドル
金は、マイナス14.10ドルの1560.20ドル
10年債利回りは、+0.05%の1.87%でした。

さあ、気を取り直して、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月8日水曜日

両者ともにガチンコで睨みあったまま。
小競り合いが続きそうな空気ですが、こればかりは見守るしかありません。
最終的に米国市場は、イランリスクを見据えて動けずのようです。
これは米国だけに限りません、日本も同じです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は前日比マイナス119ドルの28583ドルの引け
原油は、マイナス0.57ドルの62.70ドル
金は、+5.50ドルの1574.30ドル
10年債利回りは、+0.02%の1.82%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月7日火曜日

アジア時間に売られていた米株も米国市場が開いてからは反発。
結局3市場ともにプラスで引けました。
クロス円の反発もあってドル/円は108.50あたりまで付けたようです。
米国とイランの緊張は高いままですが、実際に何か起こるまではこのあたりでのもみ合いになるのか。
こちらも見守ります。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+68ドルの28703ドルの引け
原油は、+0.22ドルの63.27ドル
金は、+16.40ドルの1568.80ドル
10年債利回りは、+0.01%の1.80%でした。

金も原油も地政学リスクを反映しているようです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2020年1月6日月曜日

イランの精鋭部隊の司令官を空爆で米国が脂肪に至らせたというもの。
この司令官は国民的な英雄で、イラン側の米国への怨嗟は報道以上のものがありそうです。
イランの大統領は、報復を宣言、トランプ大統領も今回の作戦の正当性を主張。
一気に高まった中東情勢の緊迫で市場はリスクオフの流れに。
もちろんすぐに戦端が開かれるというものではありませんが、場合によっては何かのはずみで火が付くことはあります。
年明けの東京市場は翻弄されそうです。要は、どの程度の円ショートが溜まっているかでしょうか。
日経平均も同じように、どの程度のロングが溜まっているかでしょう。海外の先物は動きましたが、流動性の問題もあり本格的な動きはやはり東京市場が開いてからでしょう。
既にシドニー市場で円買いが進んでいますが、どこにストップがあるのか、あるいはどこにまとまった買いがあるのか次第です。
乱高下は必至ですので、慎重に行きましょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス233ドルの28634ドルの引け
原油は、+1.87ドルの63.05ドル
金は、+24.30ドルの1552.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.09%の1.79%でした。

さあ、新しい年に入りました。
今年も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社