2019年12月10日火曜日

為替市場は狭いレンジ内の動きでした。
債券市場も然り。
ポジションはすべて継続です。
今週末は、日経平均先物のメジャーSQがあります。
もちろん英国の総選挙やECB理事会(ラガルド新総裁の初会合)、そしてFOMCとなります。
米国の短期国債レポに関するIMFの見解が興味深い。構造的な背景と分析(ひろこさんのブログを参照してください!)。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス105ドルの27909ドルの引け
原油は、マイナス0.18ドルの59.02ドル
金は、マイナス0.20ドルの1464.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の1.83%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月9日月曜日

雇用統計は、とんでもない好調な数字でした。
加えるにねい中合意に更に近付いたという発言もありました。
雇用時計発表直後の意108.92まで買われたのですが、引けにかけてじりじりと反落して引けは安値圏の108.56あたり。
円以外では逆にドル高気味でしたので、クロス円が下げている(若干ですが)状況。
債券が売られて(利回りは上昇)株が買われて引けました。いわゆるリスクオン。
この中でのドル/円の動きが一番の謎でした。
最終的に米中は部分合意となるでしょうが、その後も禍根は残るでしょう。
また今回の良過ぎる(?!)雇用統計が継続するものなのかどうか(来月に修正される可能性もありうるか?)。
こちらとしては見守る姿勢に変化在りません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+337ドルの28015ドルの引け
原油は、+0.72ドルの59.20ドル
金は、マイナス18.00ドルの1465.10ドル
10年債利回りは、+0.03%の1.84%でした。

今週は、英国の総選挙そして15日の関税引き上げの予定などイベントが続きます。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月6日金曜日

株が少し買われて債券が少し売られ(利回りは上昇)て、リスクオン気味の動きで引けました。
そして今夜は雇用統計があります。ISM製造業の雇用の数字が弱く、さらにADPの数字が弱かったので、政府発表分も弱いかもしれません。
その割に米国の超金利が1.80%で引けました。日本の10年債利回りも徐々にマイナス幅を縮めてきています。
これが何を示唆しているのかじっくりと考えたいと思います。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+28ドルの27677ドルの引け
原油は、変わらずの58.43ドル
金は、+2.90ドルの1483.10ドル
10年債利回りは、+0.02%の1.80%でした。

金曜日です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月5日木曜日

中国との合意は近い、というような発言。さらにブルンバーグ社も同じような内容を発信。
これでリスクオフの流れが急転換、全戻しとは行きませんでしたが、市場のショートは切らされた格好。
思うに、第一段階の合意は何とかなるでしょう。しかし段階的な関税撤廃になるにはまだまだハードルは高い。
それと昨日のADP(民間の就業者数)が10万人を割り込んでいました。ISMの非製造業も予想を下回りました。
明日の政府の雇用統計には注目です。つまり経済全般の低下が顕著になってくる前触れなのかもしれないと考えています。
こちらはただ見守るだけです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+146ドルの27649ドルの引け
原油は、+2.33ドルの58.43ドル
金は、マイナス4.20ドルの1480.20ドル
10年債利回りは、+0.06%の1.77%でした。

ポンドの独歩高の様相です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月4日水曜日

前日までの流れが今一しっくりこなかった(株安債券安)のですが、昨日は教科書通りの流れになりました。
切っ掛けはトランプ大統領の発言。米中合意は中国のほうがやりたがっている。米国は大統領選挙のあちょでも構わない。
さらにこのままだと15日の関税引き上げもありうるとロス商務長官の発言も。
為替市場はドル安。
まだまだ乱高下しそうですが、見守ります。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス280ドルの27502ドルの引け
原油は、+0.14ドルの56.10ドル
金は、+15.20ドルの1484.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.11%の1.71%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月3日火曜日

アジア時間は株が強く、円安の推移でした。
背景としては中国のPMiが予想を超えた良い数字だったこと。
ただし肝心の中国株は、上海、香港ともに若干の上げで引けました。
そして米国市場が始まると注目のISMが予想以上の悪い数字(4か月連続の50割れ)。
これで一気にリスクオフの流れに。ただし債券市場は買われずに売られています。
金もマイナスの引けでした。このあたりの動きは判然としません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス268ドルの27783ドルの引け
原油は、+0.79ドルの55.96ドル
金は、マイナス3.50ドルの1469.20ドル
10年債利回りは、+0.04%の1.82%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年12月2日月曜日

ドル/円は109.66まであったようです。引け値は109.45あたり。
米株は少し下げて引けました。
依然として米中合意しだいでしょうか。市場は(米株を見る限り)すでにある程度の合意を織り込んでいるように見えますが。
感謝祭明け、そして12月相場が今日から始まります。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス112ドルの28051ドルの引け
原油は、マイナス2.94ドルの55.17ドル
金は、+11.90ドルの1472.70ドル
10年債利回りは、+0.01%の1.78%でした。

今日から12月です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社