2019年9月3日火曜日

市場はそこそこ動きました。
先ずは、週末の日曜日の米中関税実施のニュース。
これで早朝の106円割れやダウやSP500先物の下落がありました。しかしそれも東京市場が開くころには元に戻りました。
そこから徐々に買いが優勢になって東京は引けました。欧州時間のオープン時には106.30台に上げました。
しかし今度は中国がWTOに米国を提訴したというニュースで再びリスクオフの様相。
去年も中国は米国を提訴していますので、実質的な動きには繋がらないと思いますが、米中の協議が難航するということでしょうか。
ポジションは、すべて継続です。やはり米国市場がどうなるかでしょう。

いつもの定点観測は米国市場がお休みだったのでありません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

明日は、午前中に私用があり、昼までに出てきます。
したがって、ブログの更新は遅れます。
よろしく!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社