2019年1月31日木曜日

内容がハト派だったこともありますが、これまで流れていた観測に沿ったものではありました。
株も大きく買われてダウは25000台の引け。ドル/円は109円を割り込みました。
今週はイベントが盛りだくさんでしたが、FOMCは格別に影響を与えた格好。
あとは米中の閣僚級通商会議です。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+434ドルの25014ドルの引け
原油は、+0.92ドルの54.23ドル
金は、+0.30ドルの1315.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の2.68%でした。

今日で1月が終わり、明日からはいよいよ2月に入ります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月30日水曜日

注目の表題の2件でしたが、さざ波程度の反応か。
アップルは減益でしたが、先日公表された今後の減益予想の範囲内ということ(?)で、発表直後は6%の上昇。
英国議会は修正案に対する投票でしたが、「離脱延期動議の」の否決で少しポンドが売られました。
明日未明には、FOMCと議長の記者会見画あります。こちらもさざ波か?!
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+51ドルの24579ドルの引け
原油は、+1.32ドルの53.31ドル
金は、+5.80ドルの1308.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.71%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月29日火曜日

ドル/円の下落につられるように日経平均も下げて終わりました。
米国市場は、決算発表の悪かった中国関連の銘柄に引っ張られてマイナスの引け。
どれもこれもレンジ内での上下動になっています。
今週はFOMC、米中閣僚級会議、英国偽果でのグレグジット修正案の採決等々イベントは目白押し。
更に今夜はアップルの決算発表があります。
ジタバタしてもしょうが有りません。ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス208ドルの24528ドルの引け
原油は、マイナス1.70ドルの51.99ドル
金は、+5.00ドルの1303.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.74%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月28日月曜日

暫定的な政府機関閉鎖解除、そしてFRBによるバランスシート縮小の一時休止(?)などが背景でした。
全体にドル売りになり、クロス円が少し上昇して引けました。
ポンド/ドル売りましたが、こちらの操作ミス(?!)でストップ(1.3200)が施行されず、今も保有しています。
とりあえずストップは1.3250に置き直しました。日経平均のロングはそのまま継続です。
朝からドタバタしてました。

ダウ指数は、前日比+183ドルの24737ドルの引け
原油は、+0.56ドルの53.69ドル
金は、+18.30ドルの1298.10ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.76%でした。

今週で1月が終わり金曜日からは2月に入ります。
まだまだ乱高下は続きそうです。こちらも操作ミスのには十分気を付けて臨みます!
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月25日金曜日

ユーロが少し動いた以外は、どれもレンジ内での小動きでした。
ユーロは、ECB理事会でのドラギ総裁の発言が背景。このところの弱い経済指標を意識したものでした。
それでも為替は大人しい展開。株式市場も同様に戻し局面での小動き。
年末年初のリスクオフからの反発となり、一息入れているのでしょうか。あるいは動きが取れないのでしょうか。
昨日ポンド/円のロングを手仕舞いましたので、残りはそのまま継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス22ドルの24553ドルの引け(ナスダックとSP500はプラス)
原油は、+0.51ドルの53.13ドル
金は、マイナス4.20ドルの1279.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の2.71%でした。

金曜日です。そして今夜はYMTV「為替デスマッチ」があります。
一緒にワイワイ楽しくやりましょう!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月24日木曜日

ポンド以外は、レンジの中の上下動。米国株式市場は反発。
長期金利は、上げた後に下げて前日比変わらず。
踊り場の様相が濃くなってきました。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+171ドルの24575ドルの引け
原油は、マイナス0.39ドルの52.62ドル
金は、+0.60ドルの1284.00ドル
10年債利回りは、変わらずの2.74%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月23日水曜日

円買いも続いています。クロス円が(ポンドを除く)少し下がった程度。
連休明けの米国市場は、ン株が売られて債券が買われる(利回りは低下)リスクオフの展開でした。
とりあえず年初の(株は昨年末の)安値からの戻しが一服した印象。
ポンドの動きはグレグジットを巡る状況の変化が背景でしょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス301ドルの24404ドルの引け
原油は、マイナス1.23ドルの52.57ドル
金は、+0.80ドルの1283.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.045%の2.74%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月22日火曜日

欧州は開いてましたが、動意薄。英国のグレグジット修正案もポンドの反発が少しあった程度。
この案も可決される見通しは低いです。中国の前期の成長率が予想通りで2018年が28年ぶりの低水準となりました。
しかしこれも予想されたことで驚きはありません。背景が米国との通商問題であることも明白。
ポジションは、すべて継続です。

いつもの定点観測の指標は米国の休日のためにありません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月21日月曜日

米国株式の反発が続いています。
金融政策と対中国の貿易収支の改善が背景となっているようです。
同時に進行している政府機関の閉鎖は、過去最長を更新しています。
これまでのトランプ大統領の行動から考えれば、自身に対するマイナスの最たるものは株価の下落でしょうか。
不人気度が上昇することは、大統領の一番恐れることです。そのための政策の変更はありうることだと考えていました。
いわゆる手の平返し(?!)。通商問題は中国の歩み寄りが報道されている通りなのでしょう。
もちろん知的財産権などの問題はありますが、とりあえず合意への道は拓かれているのでしょう。
FRBによる利上げ小休止を含めての動きも同じです。あとは英国の離脱問題。こちらも徐々に市場の織り込みは進んでいたので、最悪でなければ急反発も視野に入れています。
ということで、ポジションはすべて継続しています。

ダウ指数は、前日比+336ドルの24706ドルの引け
原油は、+1.73ドルの53.80ドル
金は、マイナス9.70ドルの1282.60ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.79%でした。

今週は、ダボス会議がありますが、主要な参加者の相次ぐキャンセルもあり注目度は低下したようです。
日銀の政策決定会合もありますが、こちらも現状維持でしょう。
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月18日金曜日

ポンドの反発が続いています。そしてドル高も。
ムニューシン財務長官の発言と伝わっていますが、対中国の関税撤廃の検討を示唆したと。
その後財務省はこれを否定しています。要は、中国側の譲歩(?)があればこうしたこともあるということでしょう。
米中両国ともに通商問題を背景とする株価低迷に悩まされていることから、あり得ないことではないと思います。
ポンドは、これまでのテイルリスクを背景とした(いわゆる合意なき離脱)ポンド売りの圧力が一巡したともいえます。
それでも先行きの不透明感は残りますので、ポンドを売ってヘッジしていたところも外すところまではいってないでしょう。
これが出てくるとさらにポンドは反発すると考えますが。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+162ドルの24370ドルの引け
原油は、マイナス0.24ドルの52.07ドル
金は、マイナス1.50ドルの1292.30ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.75%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月17日木曜日

5連休も終わり今日から再び戻ってきました。
もちろん休み間も市場の動きは観察していましたので、違和感はありません。
もちろんポジションは、すべて継続しています。
英国を巡る展開もほぼ市場の予想通りですが、未だ先行きの不透明感は残ります。
最大のポイントは、メイ首相の信任でしょうか。

ダウ指数は、前日比+141ドルの24207ドルの引け
原油は、+0.20ドルの52.31ドル
金は、+5.40ドルの1293.80ドル
10年債利回りは、+0.015の2.72%でした。

溜まっていた仕事で今日は忙しくなりそうです。
さあ、今日からまた心機一転、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月11日金曜日

このブログへの書き込みは、17日の木曜日からになります。
よろしく!!

米国株式が底堅い。引けで24000台にのせた。
年初のリスクオフの動きがあっても株式市場は12下旬の安値まで届かずでした。
同じように米国の長期金利が2.5%まで下げた局面でも株式は安値に届かず。
これまでは兆金利の低下と株式の体の連動が、米国のみならずドイツや日本でも起きました。
逆に言えば金利の上昇と株式の上昇もありました。この連動性は過去もそして今後もありますので、注意したいところです。
株を買って債券を売る(利回りの上昇)、株を売って債券を買う(利回りの低下)。
これらはリスクオン、リスクオフという表現で表わされる典型的な動きです。
ポジションは、変わらずですべて継続です。軽くポンド/円を買ってます。

ダウ指数は、前日比+122ドルの24001ドルの引け
原油は、+0.23ドルの52.59ドル
金は、マイナス4.60ドルの1287.40ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.74%でした。

金曜日、長い1週間も終わろうとしています。
今夜は、今年初めてのYMTV「本音で・・・」があります。
午後6時から60分生放送。一緒にワイワイやりませんか!?
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月10日木曜日

ユーロ/ドルが一時1.15台にのせました。ユーロ/円も125円台を付けましたが、その後ドル/円が108円を一時割り込む流れでユーロ/円も再び124円台後半。
全体にドル安の地合い。株も底堅く推移しましたがドル/円の下落もあり日経平均は下げて引け。
原油が再び50ドル台回復。やはりサウジの減産発表からジワリと上がって来ました。
注目の米中次官級協議は、貿易面での進展があったようですが、知的財産権などの本丸はこの後の閣僚級協議に持ち越し(当然といえば当然?)。
FOMC議事録の公表もありましたが、やはりハト派の印象、これも株の底堅さに寄与したか。ドル/円の下落の背景だったといえます。
ドル/円は、何度か109円台を試しましたがステイ出来ずにいました。今度は108円割れを試しましたが、今のところサポートされています。
押しなべて、小康状態に陥るかどうか。
ポジションは、かわらずです。

ダウ指数は、前日比+91ドルの23879ドルの引け
原油は、+2.58ドルの52.36ドル
金は、+6.10ドルの1292.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.715でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月9日水曜日

米株の反発が続き、債券の売り(利回りの上昇)も同じように進みました。
三が日(1/3)のリスクオフによるクラッシュも大方回復したようです。
注目の米中協議は1日延長されて今日が最終日。貿易問題は進展があったようなコメント、知的財産権に関する話は未だ未だ時間がかかりそうです。
今月中に予定されている米中の閣僚級会議がワシントン(?)で開かれるそうです。そこで今回の次官級会議の上にどの程度の上積みがあるか。
トランプ大統領次第であることは変わっていませんが、株価が落ち着いてきたことを考えると米国の勝利宣言を大統領はすると考えます。
今月末のダボス会議が一つの山場になるでしょうか。
為替は方は、ドル/円が109円台を付けたこともあって、円ロングの切もある程度終わったかもしれません。
クロス円も然り。ただしこちらは依然として乗り遅れていますので、何も手を付けていません。
日経平均のロングは継続です。

ダウ指数は、前日比+256ドルの23787ドルの引け
原油は、+1.26ドルの49.78ドル
金は、マイナス4.00ドルの1285.90ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.73%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月8日火曜日

年初からのリスクオフの流れが反転、ショートの切りが出たか。
株が買われて債券が売られ(利回りは上昇)、クロス円の反発が印象的でした。
システムで昨日も売られ過ぎシグナル点灯だったユーロ/円も大きく反発してきました。
ここからさらに上がるかどうかは、昨日から始まった米中通商協議次第。
ポジションは、変わらずでそのまま継続しています。

ダウ指数は、前日比+98ドルの23531ドルの引け
原油は、+0.56ドルの48.52ドル
金は、+4.10ドルの1289.90ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.70%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月7日月曜日

アップルショックと呼ばれた3日の株価下落とリスクオフは、翌4日には大きく反発して引けました。
好調な雇用統計とパウエル議長のハト派発言が背景とコメントされています。
12月の小売りは好調だったことはアマゾンの売り上げや小売業界の発言で確認されていましたので、それを受けての雇用環境もしかり。
株価指数も現物が開くまでに反発していたので、追随となったといえます。
チャートの形を見れば一旦の底を見たといえます。
今日から北京で始まる米中通商協議の前哨戦もある程度の中国の譲歩はありそうです。あとはトランプ大統領次第。
政府機関の閉鎖も大統領次第。株価の動向によっては手のひら返しもありうると考えてます。
ポジションは、変わらずの日経平均ロング継続です。為替は未だゼロのまま。買いそびれたといえますが、もう少し待ちたいと思います。

ダウ指数は、前日比+746ドルの23433ドルの引け
原油は、+0.87ドルの47.96ドル
金は、マイナス9.00ドルの1285.80ドル
10年債利回りは、+0.12%の2.67%でした。

さあ、今日から本格的な相場が始まります。参加者も勢ぞろい。
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月4日金曜日

年末年始は大人しかった相場ですが、アップルの業績見通しの下方修正のニュースから大きく動きました。
昨日の早朝にドル/円は104円台を付けたようです。流動性が低いこともあったのでしょうがストップもそこそこあったのでしょう。
とりあえずレンジが下方に移動したようです。ドル/円以外は小動き。クロス円が軒並み下落しています。
ポジションは、12/28に手仕舞いましたので被害も無ければ儲けもなし。まあ、しょうが有りません。
日経平均はそのまま継続しています。何も取引はしていません。
あとでシステムのシミュレーションをアップします。よ~く考えてからにします。

ダウ指数は、前日比マイナス660ドルの22686ドルの引け
原油は、+0.55ドルの47.09ドル
金は、+10.70ドルの1294.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.07%の2.55%でした。

長期金利は連日の下げでした。
セリングクライマックスとなったのかどうか。
さあ、新しい1年が始まりました。
今年も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社