2014年5月30日金曜日

債券市場は、朝方は買われましたが(利回りは低下)、午後から引けにかけて利回りが上昇して(債券は売られる)終えたようです。
ドル/円は、安値101.425までありましたが、その後反発して101.80まで。ユーロもポンドも狭いレンジ内の乱高下でした。
唯一、動いたのが豪ドルで朝方の安値0.9210から高値0.9313までと大きく上昇しました。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+65ドルの16698ドルの引け
原油は、+0.86ドルの103.58ドル
金は、マイナス3.00ドルの1256.30ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.47%でした。

さあ、今日は週末で月末、特殊なオーダーはあるのでしょうか。
来週は、6月に入りますし、ECB理事会や米国の雇用統計などイベントは目白押しです。
今夜は、「為替デスマッチ」があります。90分生放送です。
一緒にワイワイ楽しくやりませんか!?

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月29日木曜日

米国債10年の利回りが、昨年6月の水準まで下げて引けました。
月末を意識した動きと見ることもできますので、やはりまだポジション調整(ショートの切り?)があったのかもしれません。
長期金利が大きく下げたことで、株も調整を余儀なくされた割には小幅な下げでした。金もじりじりと下げています。
ドル/円は、安値101.64まであって反発して101.885まで。クロス円が売られています。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス42ドルの16633ドルの引け
原油は、マイナス1.39ドルの102.72ドル
金は、マイナス6.20ドルの1259.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.08%の2.44%でした。

明日が、5月の最終日、特殊なオーダーはあるのでしょうか。
今日も暑くなりそうです、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月28日水曜日

どれもこれもといった展開です。
米国経済指標は好調を続けています。相変わらず長期金利は低いまま、ただしこれは米国経済にとって悪いことではありません。
ドル/円は102円を挟んだ展開、日経平均も押し目を作っての堅調。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+69ドルの16675ドルの引け
原油は、マイナス0.24ドルの104.11ドル
金は、マイナス26.20ドル(唯一、金だけが大きく動きました)の1265.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.016%の2.519%でした。

昨日は、ゆっくりと休ませていただきました。
さあ、今日も暑くなりますが、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月26日月曜日

EU議会選挙やウクライナ大統領選挙がありましたが、週明けのシドニー市場は落ち着いています。
随分と売りで仕掛けた向きが、徐々に切らされて週が終わった印象でした。
アストロジーやテクニカル分析から株の下落やドル/円の下げを画策していた向きには残念な結果でした!?
地政学的リスクにしても、したたかなプーチン大統領が下手を打つこともなく(?)、想像された展開といえます。
後は、来週のECB理事会と雇用統計でしょうか。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+63ドルの16606ドルの引け
原油は、+0.61ドルの104.35ドル(ジリジリト上がってきました?!)
金は、マイナス3.30ドルの1291.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.53%でした。

明日は、1日お休みしますので、よろしく!
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月23日金曜日

欧州株式はマチマチでしたが、米国株式は前日比プラスの展開に終始したようです。ただし値幅小さかったです。
注目の長期金利も若干上がったようです。
ドル/円は、高値101.82がありました。
日経平均も14400台までありましたが、引けは14387でした。
一昨日の安値100.805からじりじりと反発が続いています。これまでの安値更新に失敗した反動になっています。
市場のショートが増えてこないとこれ以上の(102円台)反発も苦しいかもしれません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+10ドルの16543ドルの引け
原油は、マイナス0.33ドルの103.74ドル
金は、+6.90ドルの1295.00ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.55%でした。

今日が金曜日で、来週は5月最後の週になります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月22日木曜日

その後反発して高値101.63までありました。
確かにストップもあったのでしょうが、しっかりと買いもあったようで、短期のショートが切らされて引けました。
日銀会合もFPMC議事録もサプライズはなく、想定通りの結果だったといえます。
ドル/円が101円を割り金でも日経平均が底堅かったという印象があります。しっかりと14000割れを拾っていた向きが多かったようです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+158ドルの16533ドルの引け
原油は、+1.74ドルの104.07ドル
金は、マイナス6.50ドルの1288.10ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.53%でした。

今日は一転、上天気です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月21日水曜日

市場の調整の売りが頭を押さえています。
ドル/円や日経平均だけでなく米国株式も(こちらは高値圏ですから理解できますが)。
確かに「5月に売れ!」だの、米国長期金利が低下してきていることなど背景になっているものはあります(ウクライナも含めて?)。
ただし、長期金利が低いことは米国経済にとってプラスです。やはり中国の外準の増加分が大量に米国債購入に動いたことが背景かもしれません。
いずれにしてもあらゆる要素を盛り込んだ結果が現在の市場になっているのですから、ここからを見ないといけません。
といっても、日本の巨額な貿易赤字とマイナスになっている実質金利を考えると、ポジションは継続です。
豪ドルが売られていますが、先週発表になった財政再建に伴う金週九政策が発表直後は好感されましたが、経済への圧力に対抗する手段としては低金利政策を継続するしかないのでしょう。
クロス円が低下しています。このあたりの動きは未だ続きそうですが、ドル/円の下値での買いも引きません。
今日の日銀会合も据え置きで変化なしでしょう。

ダウ指数は、前日比マイナス137ドルの16374ドルの引け
原油は、マイナス0.17ドルの102.44ドル
金は、+0.80ドルの1294.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.51%でした。

今日は雨です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月20日火曜日

しかし日本勢の実需の買いに支えられた印象です。
日経平均も安値13908まで付けましたが、このあたり(14000割れ?)はやはりリアルマネーが支えた印象。
米国の株式が堅調だったこともあって、とりあえず一旦の底を尽けたかもしれません。
14000割れはシッカリ買ってます。
今日から日銀政策会合が開かれますが、据え置きで変わらないでしょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+20ドルの16511ドルの引け
原油は、+0.59ドルの102.61ドル
金は、+0.40ドルの1293.80ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.53%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月16日金曜日

とうとう2.50%を割り込んできました。これは昨年の10月末以来の水準です。
この間の債券買いの背景ですが、いろいろといわれていますが、やはりこれまでのショートポジションが(債券の売り持ち)切らされているのでしょう。
さらに中国などの外準運用による大量の買いなどなど挙げられます。今夜のYMTVでこのあたりをテーマにしたいと思います。
この動きからドル/円が安値101.31までありました。東京の夕方には反発して102.13まで買われた場面がありましたが、何かリアルマネーが出たのかもしれません。ユーロ/ドルも安値1.3648までありましたが、再び1.3725まで戻しました。
各通貨はバラバラの動きでした。その中でクロス円の下落が目立ちました。
いよいよクリティカルなポイント101.20辺りを試しそうです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス167ドルの16446ドルの引け
原油は、マイナス0.87ドルの101.50ドル
金は、マイナス12.30ドルの1293.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.49%でした。

株も金も原油も売られて、債券だけが買われた印象です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月15日木曜日

昨夜の引けは前日比マイナス0.07%でした。これは債券(10年物)では非常に大きな値幅だといえます。
ひろ子さんが指摘しているようにヘッジファンドの解約に伴うショートの切りがあったのかもしれません。
昨夜ユーロが小動きでしたが、日中(午後)は豪ドルが強く、欧州時間に入るとポンドが大きく売られました。
クロス円の売りに押されて円買いが強まり、ドル/円は安値101.715までありました。反撥しても101.94まで。
円買いには大手のファンドの名前が挙がっていました。ひょっとすると米債買いと円買いは同じところかもしれません!?
ポジションは、すべて継続です。辛抱が続きます!?

ダウ指数は,前日比マイナス101ドルの16613ドルの引け
原油は、+0.67ドルの102.37ドル
金は、+11.10ドルの1305.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.07%の2.545でした。

引き続き米国の長期金利が下がるのかどうか、注目です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月14日水曜日

米国の4月の小売り売り上げが、予想が+0.4%のところ+0.1%で長期金利が下がりました。つられてドル/円も安値102.06まで。
しかし、この+0.15というのは、前月分+1.2%が1.5%に上方修正されてのものですから、実態はほぼ予想通りといえます。
では何故こうも乱高下したかといえば、やはり良い数字を期待してのポジションの偏りがあったのでしょうか。
特に米国債に顕著でした。米国株式は硬軟織り交ぜてでした。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+19ドルの16715ドルの引け
原油は、+1.11ドルの101.70ドル
金は、マイナス1.00ドルの1294.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.61%でした。

長期金利がまた最近のレンジの下限に近くなってきました。
バイトマン・ドイツ連銀総裁がECBの追加緩和を受け入れると伝わったことで、再び売り圧力が増しました。
さあ、今日は夏日のようです。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月13日火曜日

米国株式は連日の高値更新、強いです。欧州市場も株は買われています。
置いてけ堀は、日本株だけ!?
ドル/円もジリジリト102.20まで上げてきました。全体にドル買いになっている印象です。
さすがの日経も14300台にのせて引けたようです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+112ドルの16695ドルの引け
原油は、+0.60ドルの100.59ドル
金は、+8.20ドルの1295.80ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.66%でした。

米国の長期金利もジリジリと上げてきました。
中国の影もどうやら消えたのかもしれません。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月12日月曜日

ECB理事会後の記者会見からユーロが売られています。もちろん背景となったのはドラギ総裁が来月にも金融緩和に踏み出すと発言したからです。
その前にユーロ圏の消費者物価指数が発表され、次回のECB理事会では先行きの見通しが発表されます。日銀の展望レポートのようなものです。
ここで物価見通しが下方修正される可能性が高いので、政策金利を現行からもう一段下げることと預金金利を現行のゼロからマイナスのするというのが市場の予想です。国債の買い入れは無いでしょう(技術的に難しい)。そうなると次回の理事会で踏み込んだとすると、次の一手がさらに難しいといえます。
もし現状の水準(1.3760)から下げ切らないようだと、発表後は大きく反発するシナリオになりそうです。
もう一つのシナリオは、これを契機にドルが全体に反発していくというものです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+32ドルの16583ドルの引け
原油は、マイナス0.27ドルの99.99ドル
金は、マイナス0.10ドルの1287.60ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.63%でした。

中国の外準のポートフォリオの変更もピークを過ぎたかもしれません。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月9日金曜日

週間の失業保険申請件数が予想を下回る数字で(申請者の減少)一旦は株が買われてクロス円が買われたのですが、続いてドラギ総裁が次回6月の会合で緩和策に踏み切る可能性と発言すると、ユーロ/ドルが急落しました。ユーロクロスの売りで円買いにも転じました。
ユーロ/ドルは高値1.3995(1.40手前まで!)安値1.3833まで。ドル/円は、日中の高値が101.965でユーロ/円の売りで安値101.465まで。
米国株も最初は買われて16631までありましたが、引けにかけて失速しました。
もみ合いが続きそうです!?
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+32ドルの16550ドルの引け(ナスダックとSP500がマイナスでした)
原油は、マイナス0.51ドルの100.26ドル
金は、マイナス1.20ドルの1287.70ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.62%でした。

膠着感もありますが、相場自体が難しくなってきました。
余裕を持っていきましょう!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月8日木曜日

イエレン議長の講演での発言が伝わった時間に(日本時間午後11時10分)ドル/円とユーロドルがその日の高値を付けました。
102.015と1.3939でした。
それより10分前くらいにプーチン大統領の投票延期要請発言が伝わりましたので、どちらがどの程度の影響だったかは微妙でした。
高値を付けてからドル/円が101.575まで下げて、今が101.85辺りですから、どちらもショートの切りだったようです。
依然として101.50以下の日本勢の(実需?)買いオーダーと投機筋の売りが拮抗しているようです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+117ドルの16518ドルの引け
原油は、+1.27ドルの(ウクライナ情勢の緊張緩和でも買われた?)100.77ドル
金は、マイナス19.70ドルの(こちらh素直に反応?)1288.90ドル
10年債利回りは、変わらずの2.59%でした。

米国の長期金利は依然として下限にへばりついています。
今日も良い天気です!
さあ、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月7日水曜日

数字自体は非常に良かったのですが(しかも2・3月も上方修正)、ドルが上りきらずに失速しています。
これはドル/円だけでなく、全体にドル売りが優勢です。
ドル/円だけで言えば、実需の壁にあたるところでの乱高下を繰り返していますが、ユーロやポンドは徐々にレンジを抜けてきています(もう少し長い目で見ると未だレンジではありますが)。一番の要因は米国金利が上がらずに下げてきている点でしょうか。
結果から言えば、長期金利が2.6%あたりで最近のレンジの下限になっています。これは米国経済には悪くない要因といえます。さらに言えばドル安の展開も多くの米国企業には好材料といえます。しかし、株価にはもの辺りは未だ反映されていません。
やはり中国の外準の運用が大きな材料となっているのかもしれません。
残念なのは、下がったところでポンドを再度買わなかったことです!?
ポジションは、休み前の状態を継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス129ドルの16401ドルの引け
原油は、+0.02ドルの99.50ドル
金は、マイナス0.70ドルの1308.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.59%でした。

さあ、休養十分!今日からまた頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月2日金曜日

ということからなのか、相変わらずパッとしない展開でした。
ユーロやポンドが買われる流れの中で(つまりはドル売り?)ドル/円も頭の重い展開が続きました。
さりとて下を攻めるわけでもありませんでしたが。
株は高値圏でのもみ合いが続きましたが、債券は買われて(利回りは下げる)いました。株が高値圏に居ることも背景かもしれません。
ポジションは、ポンド/ドルを1.6910で利食いましたが、あとはすべて継続です。
ポンドは、また下がったら買いますか!?あるいはユーロでもという心境です。

ダウ指数は、前日比マイナス21ドルの16558ドルの引け
原油は、マイナス0.45ドルの99.29ドル
金は、マイナス12.50ドルの1283.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の2.62%でした。

原油や金が下げたことは、ウクライナ問題も峠を越したかもしれません。
その割に円売りになりませんが。
さあ、今日は雇用統計です。
連休にもなります、皆さん、しっかりと休んでまた来週!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2014年5月1日木曜日

イベントが多かった1日でした。
米国の1~3月期GDPが予想を大幅に下回る(予想が+1.2でした)0.1でした。
これで一気にドル売りとなったわけですが、米国株は下げ切らずに引けにかけて反発しています。
多分、次回の2次速報では上方修正の可能性もありますし、FPMCの声明文が強気の米国経済だったことが背景でしょうか。
ドル/円は、GDP発表前に高値102.67までありましたが、発表後に失速して102.025まで、反発して現在の102.25あたりです。
ユーロやポンドも乱高下しています。とりあえずクロス円は堅調なまま引けたようです。ということは全体にドル売りが優勢でした。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+45ドルの16580ドルの引け(昨年末の引け値ベースでの最高値更新!)
原油は、マイナス1.54ドルの99.74ドル
金は、マイナス0.40ドルの1295.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.65%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社