2013年6月28日金曜日

月末に投信の設定が集中する傾向はありますが、特にボーナス月の6月や12月に募集金額が増えるのも事実です。
昨日は、公募投信の設定は確かに多かったですが、あまり資金が集まらなったとも聞いていました。
それが午後からロンドンの朝方に日本勢のドル/円の買いが出ていた(特に信託ネーム)ようです。
高値98.58まであったようです。
今日は月末ですので、引き続きそういった特殊なものが出てくることは予想できます。ただし買いだけでなく売りもあることがあります。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+114ドルの15024ドルの引け
原油は、+1.55ドルの97.05ドル
金は、マイナス18.20ドルの1211.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.48%でした。

さあ、来週からは7月です。6月の最終日、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月27日木曜日

ギラードからラッドへなりました。
政権与党といっても単独では過半数を取っていなかったので、連立ですが、今回の党首交代で再度の連立が組めるかどうか。
市場は、この交代をポジティブにとらえているようです。豪ドル/ドルは高値0.9345まであったようですが、現在は0.9287あたりです。
ドル/円は、高値98.24から安値97.24、現在がその真ん中の97.77あたりです。
株が反発して、債券も買われました。
1~3月期の確定GDPが発表されましたが、2次速報値を下回る1.8%(2.4%から)ということで、出口戦略も少し遠退いたといった空気でした。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+149ドルの14910ドルの引け
原油は、+0.18ドルの95.50ドル
金は、マイナス45.30ドル(!)の1229.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.6%の2.54%でした。

さあ、今日も頑張って行きましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月26日水曜日

昨夜の米国経済指標は、好調でした。株が買われて長期金利は上昇。
中国当局は、市場の混乱に対して資金供給を続けることを発表しました。
こういったことが背景となってドル/円は98円台にのせてきました。クロス円も堅調です。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+100ドルの14760ドルの引け
原油は、+0.14ドルの95.32ドル
金は、マイナス2.00ドルの1275.10ドル
10年債利回りは、+0.07%の2.61%でした。

長期金利の日米の差がじりじりと拡大しています。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月25日火曜日

これは米国の出口戦略が背景なっているのですが、お隣の中国に金融市場も混乱している印象です。
先週に大橋ひろこさんのブログでもありましたように、短期金利の上昇やシャドウバンキングなどと呼ばれる(直訳すれば闇金融?)存在がクローズアップしてきたための混乱だといえます。これで上海株式市場が大きく下落しています。
ただし、個人的にはやはり一党独裁の国ですから、力技で抑え込むことを考えると、それほど心配する必要はないのではないかと考えます。
とは言っても、動揺している時は、オーバーシュートもありますが?!
昨日は休みましたが、ポジションはすべて継続しています。

ダウ指数は,前日比マイナス139ドルの14659ドルの引け
原油は、+1.49ドルの95.18ドル
金は、マイナス14.90ドルの1277.10ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.54%でした。一時2.67%まであったようです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月21日金曜日

来週は、翌25日からになります。

よろしく!

バーナンキ・ショックが一晩開けた米国市場でももう一段進んでいます。
市場の資金が一斉に引き上げられた印象です。
今日も未だ余震のような動きが想定できますが、来週中には落ち着きを取り戻してくると考えてます。
こうした動きを見せるときは、絶好の押し目拾いだと割り切ることです。
よゆうを持って、拾ってください!
ポジションは、すべて継続です。日経平均は、12500割れからはまた買います。

ダウ指数は、前日比マイナス358ドルの14758ドルの引け
原油は、マイナス2.84ドルの95.40ドル
金は、マイナス87.80ドル(!)の1286.20ドル(2010年9月以来だそうです!)
10年債利回りは、+0.06%の2.42%でした。こちらは、2011年8月以来。

さあ、相場は荒れ模様ですが、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月20日木曜日

声明文は、据え置きで新味はありませんでしたが、先行きの見通しは上方に修正(経済の好調な方)。
その後の記者会見で、このままの好調さが続けばという条件付きでしたが、QE3の段階的な収束を示唆しました。
来年央には、購入を終わりにする。それまでに(9月?)段階的に縮小するという条件付きながら、工程表を述べたことになります。
これでドル買いに火がついて、ドル/円は高値97.03まで。ユーロ/ドルは1.3262、豪ドル/ドルは0.9260まで。
株が売られて、債券が売られ(利回りは上昇)ました。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス206ドルの15112ドルの引け
原油は、マイナス0.20ドルの98.24ドル
金は、+7.10ドルの1374.00ドル
10年債利回りは、+0.17%の2.36%でした。

さあ、今日の東京はどうなりますか。注目は日本の長期金利の動向です?!
今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月19日水曜日

株が買われて、円が売られました。
ドル/円は、高値95.77まであって、失速して95.05まで、現在が95.50あたりです。
ユーロ/ドルは、高値1.3416まであったようです。ユーロは全体に買われています。ユーロ/クロスは軒並み上昇しました。
ということでいよいよ明日の未明にFOMC声明文とバーナンキ議長の記者会見です。
個人的には、サプライズはなく、ソフトランディングヲ示唆するマイルドなものになると考えます。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+138ドルの15318ドルの引け
原油は、+0.67ドルの98.44ドル
金は、マイナス16.20ドルの1366.90ドル
10年債利回りは、変わらずの2.19%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月18日火曜日

FOMC前に小動きに終始?!
ドル/円は、ほとんどの時間94.85前後で推移してましたが(欧州時間の早朝に高値95.125まであった)、NY時間の午後に入ると
株が買われてきたことからドル買いが優勢になり高値95.22までありました。
その後FT紙の記事、出口戦略への観測記事、が出たことをきっかけに株が失速し、ドルも売られました。
それでも金曜日の引け値を上回る水準での動きになっています。
明後日の未明に発表される声明文とバーナンキ議長の記者会見を待つしかありません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+109ドルの15179ドルの引け
原油は、マイナス0.08ドルの97.77ドル
金は、マイナス4.50ドルの1383.10ドル
10年債利回りは、+0.06%の2.19%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月17日月曜日

日本株とドル/円の調整が未だ続いています。
全ては米国の出口戦略を巡る混乱が背景となっていると考えてます。
新興国の為替や株式にも動揺が伝播しています。
といったところで、今週は初っ端からG8首脳会議、明日からFOMCとなっています。どちらも注目です。
日経平均もドル/円も4/4の異次元緩和時の水準に近づいてきました。
私の考えは変わりません。イイ押し目だとかんがえてポジションは継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス105ドルの15070ドルの引け
原油は、+1.16ドルの97.85ドル
金は、+9.80ドルの1387.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.13%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月14日金曜日

然しすごい乱高下が毎日続いています。
日経平均は前からですが、このところの為替市場も振れ幅が大きくなってきています。
新興国市場の混乱が、最終的に円買いになってきているのかもしれません。
もちろんその背景となっているのが米国の出口戦略だともいえますが。
まあ、大きな調整は大方終わったのではないでしょうか。従って昨日ような下落場面は、絶好の押し目だったといえます。
ポジションは、継続です。日経平均は目標の12500を割れてきましたので、買い増しています。

ダウ指数は、前日比+180ドルの15176ドルの引け
原油は、+0.81ドルの96.69ドル
金は、マイナス14.20ドルの1377.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.08%の2.15%でした。

さあ、金曜日です(やっと?)。
今日も乱高下は必至だとかんがえていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月12日水曜日

特にドル/円が激しいです。
日銀が何も新しい政策を発表しなかったことが背景なっているようです。
まあ、時間がかかることは事実なので、こうした調整が入ることも覚悟しないといけません。
ということで、ポジションはすべて継続です。
日経平均は、13000割れで少し買っています。
ドル/円の安値は95.59まであったようです。先日の安値が94.98でした。
ユーロもポンドも豪ドルも買いが優勢です。然し、クロス円は軒並み下がっています。

ダウ指数は、前日比マイナス116ドルの15122ドルの引け
原油は、マイナス0.39ドルの95.38ドル
金は、マイナス9.00ドルの1377.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.19%でした。

今日は朝から雨です。台風が留まっているようで、明日も雨のようです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月11日火曜日

ただし、クロス円が買われています。其れと長期金利がまた少し上がりました。
株は、前日比でとんとんでした。
ポジションは、すべて継続です。日経平均は、一部利食いました。
さて、今日は日銀会合の最終日です。市場の期待通り1年以内のオペの期限を2~3年以内に延ばすかどうか。

ダウ指数は、前日比マイナス9ドルの15238ドルの引け
原油は、マイナス0.26ドルの95.77ドル
金は、+3.00ドルの1386.00ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.21%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月10日月曜日

雇用統計の結果が、最悪でなくむしろ予想を越えた新規雇用者数だったので、ドル買い/株高になりました。
ドル/円も日経平均も買い下がっていたので、幸運にもすべてうまくいったようです。
ポジションは、すべて継続です。
雇用統計の前に(日本時間午後3時)発表された日本の年金の新しい運用方針もドル/円の下支えになったことは確かです。
この分と毎月の貿易収支の赤字分を合わせると結構な金額になります。さらに民間の機関投資家が追随すれば、このあいだの高値を越えていくことも
可能になってきたと考えます。まあ、下がった買う戦略に戻ったことになります。

ダウ指数は、前日比+207ドルの15248ドルの引け
原油は、+1.27ドルの96.03ドル
金は、マイナス32.80ドルの1383.00ドル
10年債利回りは、+0.1%の2.18%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月7日金曜日

ドル/円の安値95.90まであったようです。戻しが97.47まで。現在が97.15あたりです。
日経平均が大きな調整になっていたのに比べて為替が(ドル/円が)小幅な調整でしたが、追いついてきた印象です。
大分、円ショートが調整されたと考えますが、今夜の雇用統計もありますので、まだまだ乱高下必至でしょう。
さてポジションですが、ドル/円のショートは98円だ半ばで手仕舞いしています。さらに小さいですが98円台前半で買いました。
日経平均も小さなショートを12650で手仕舞い、12650と12450で買っています。
従って両方共にロングになっています。どちらも小さな額ですので、慎重に未だ買い下がる予定です。

ダウ指数は、前日比+80ドルの15040ドルの引け
原油は、+1.02ドルの94.76ドル
金は、+17.30ドルの1415.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.08%でした。

さあ、今夜は雇用統計があります。
かなり乱高下してきますので、額を落としてやってくださいよ!
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月6日木曜日

もともと国内勢は、今回の講演(成長戦略がテーマ)には冷静だった印象でしたが、海外勢はあくまでも期待先行だったようです。
これまでアベノミクスで大きく儲けたのが海外勢だったわけで、さらにもう一段と期待が膨らんだことは否定できません。
内容はこれまでのものと変わらず、サプライズ無しということで調整されました。
日経平均は13000割れ、ドル/円は99.00前後まで結果としてはいきました。もちろん最後の押しはADPの数字が予想を下回ったからですが。
ポジションは、昼過ぎの(講演が12時半から始まった)上げでシッカリと売り、日経平均も13550都13700で売りました。
そのうち半分は既に手仕舞っていますが残りは継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス216ドルの14960ドルの引け
原油は、+0.43ドルの93.74ドル
金は、+1.30ドルの1398.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.06%の2.09%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月5日水曜日

上も下も今のところは動意薄に見えます。
どちらかといえば、やはり円高リスクの方がありそうです。
金曜日は雇用統計もありますので、ポジションは持っても小さくなるでしょう。
日経平均も13000で買った分は未だ継続しています。いずれも小さい額です。

ダウ指数は、前日比マイナスの76ドルの15177ドルの引け
原油は、マイナス0.14ドルの93.31ドル
金は、マイナス14.70ドルの1397.20ドル
10年債利回りは、+0.03%ん02.15%でした。

今日も暑そうです、水分補給を忘れずに!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月4日火曜日

ドルが全面安となりました。背景は、ISM製造業景気指数が予想を下回りさらに50も割り込んだことから、出口戦略が遠のいたといったところでしょうか。
ドル/円は、100円をなかなか割れませんでしたが、割れるとストップを巻き込んで安値98.86まで戻しは99.57あたり(現在は99.61まできています)。
ユーロもポンドも豪ドルも買われています(ドルが売られる)。
ポジションは、99円台で手仕舞っていますので、現在は何も持っていません。
こうなるとドルの頭が重くなることは想像できますし、金曜日の雇用統計によってはさらなる下落もあり得ます。もちろん反発もですが。
株は反発しています。コモディティは買われています。
印象としては、これまで出口戦略を背景にドルのロングだったところが軒並み切らされたといったところです。
日経平均も13000から少しずつ買っています。
ここからは未だ乱高下すると考えたいところです。少しずつ買い場に近くなってきました。

ダウ指数は、前日比+138ドルの15254ドルの引け
原油は、+1.48ドルの93.45ドル
金は、+18.90ドルの1411.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.12%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2013年6月3日月曜日

米株が、大きく下げて終わりました。月末で利食いが先行した印象ですが、この流れが6月も続くのかどうか。
出口戦略からのドル回帰は特に新興国通貨に顕著ですが、全体に利食いが先行して逆流気味にも見えます。
出口戦略を巡る動きは、まだまだ乱高下を招くものと考えています。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。日経平均は、何も持っていません。

ダウ指数は、前日比マイナス208ドルの15115ドルの引け
原油は、マイナス1.64ドルの91.97ドル
金は、マイナス19.00ドルの1393.00ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.13%でした。

さあ、今日から6月相場です。まだまだ乱高下必至の状況が続きそうです。
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社