2012年6月13日水曜日

材料はそれなりにあるのですが、それにしても連日の乱高下となっています。
相場が天井なり底なりを付けるときはえてしてこうした展開になることが多いといえます(経験から?)。私のシナリオは単純です。日本の不良債権処理の時に経験したことが今、欧州で起きているというものです。あの時は最終的な公的資金注入でピリオドを打ったのでした。そこまでの時間が日本の場合は非常に長かったわけですが、2003年に13兆円の公的資金注入が決め手になった印象でした。それでも日本の中ではまさに暗闇の中でしたが、海外勢が猛然と日本株を買いだしたことを鮮明に覚えています。スペインの銀行支援のための1000億ユーロは、この後に続くであろうイタリアやフランスなどの銀行の自己資本拡充への嚆矢となるはずです。したがって、夜明けは近いと考えています。
ポジションは、すべて継続です。
IMFの筆頭副専務理事のリプトン氏が登場しましたが、何とこの方は我々市場関係者の集まりに出ていたことがありました。その時はシティバンクにいました。その前がクリントン 政権の時の財務官僚だった人です。とても穏やかで、市場に対する洞察は深い方でした。その人が今回の日本に対する報告書を発表したわけで、さもありなんと一人悦に入っています。

ダウ指数は、前日比+162ドルの12573ドルの引け(まさに行って来い?!)
原油は、+0.62ドルの83.62ドル
金は、+17ドルの1613.80ドル
10年債利回りは、+0.08%の1.67%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社