2010年12月30日木曜日

これといった経済指標も無く、全体にドル売りになった展開でした。
ドル/円は安値81.61、ユーロ/ドルは、高値1.3240まで。ユーロ/円は107円台後半。
コモディティ市場も静かな動きでした。
唯一の注目は、米国債7年の入札でしたが、結果は好調で長期金利は下げて引けました。
ポジションは、ユーロ/円のショート継続です。

ダウ指数は、前日比+9ドルの11585ドルの引け
原油は、マイナス0.37ドルの91.12ドル
金は、+7.90ドルの1413.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.133%の3.347%でした。

相変わらず、株式は高値圏での推移となっています。このあたりから大きな調整がいつあってもおかしくないと考えてます。原油なども同じです。
ドル/円も82.00あたりから売りのオーダーが入ってきているようです。
明日から東京勢は休みなりますので、海外勢が新規のポジションを作ってくるr可能性があります。12/31と1/3は、東京勢のいない展開になります。ドル/円が81円台半ばになってきましたので、ひょっとすると休みの間に80円を試すこともありえます、注意したいところです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月29日水曜日

アジア時間では、ユーロが先行する形でのドル売りが優勢でした。ユーロに遅れて円買い(ドル売り)が追いかけて安値81.81まであったようです。その2時間半前にユーロ/ドルが高値1.3275をつけています。そのあたりから今度はドル買いに転じています。ユーロ/ドルは安値1.3093まで売られました(ドル買い)。ドル/円も反発して82.53までありました。
NYの引けで見ますと、強い通貨と弱い通貨のグループに二分されます。
強いのは、豪ドル・円・スイスですし、弱いのはポンド・ユーロとなっています。こういった動きを見るとドル自体はニュートラルに見えます。
ポジションは、若干変わっています(結果的には同じですが)。ドル/円を81.90で一旦の手仕舞い、そして82.40で再び売りなおしています。ということでユーロ/円のショート継続となっています(つまり同じ?!)。

ダウ指数は。前日比+20ドルの115757ドルの引け
原油は、+0.49ドルの91.49ドル
金は、+22.70ドルの1405.60ドル
10年債利回りは、+0.154%の3.483%でした。

ケースシラーの住宅価格が前年比マイナス0.8%(予想はマイナス0.2%)で、コンファランスボードの消費者信頼感指数が予想56.3のところ52.5と悪かったですが、株が高止まりで長期金利が上昇となっています。このあたり年末特有の動きかもしれません(つまり特殊なオーダーが多かった?)。どうにもチグハグな動きでした。

さて、今年もあと2日となってきました。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月28日火曜日

米国勢がクリスマス休暇から戻ってきた初日でしたが、動意は見えませんでした。
欧州勢は、ロンドンが休日だったためにこちらも静かな動きでした。
アジア時間は週末に中国の利上げ発表があったので、豪ドルが売られたりユーロが売られる局面もあったのですが、欧州時間には反発しています。
従って、クロス円は買われています。

ポジションは、継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス18ドルの11555ドルの引け
原油は、マイナス0.51ドルの91.00ドル
金は、+2.40ドルの1382.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.064%の3.329%の引けでした。

今日も静かな展開が予想されますが、さてどうなりますか。
今年も後わずかになってきましたが、このまま静かな展開になるかどうか。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月27日月曜日

今日から、YMTVで始まる(つまり新しい番組です!)のが、グローバル・インフォの和田さん(社長)による「マーケット・ファッション」です。

実は、和田さんとは毎日朝に意見交換を行っています。こうした情報交換は彼としかやっていません。そういった意味でも、彼がこれからどういった番組にするのか非常に楽しみです。
題名も「ファッション」とつけてありますので、市場の話題が中心になると思います。彼の独特な感覚での切り口は大いに期待が持てます。

私も興味を持って見ますので、皆さんにとっても楽しい番組になることを期待しています。
是非一度、覗いてみてください。

お知らせでした!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

今日から米国勢は新年入りとなってきます。逆に日本勢は年末年始に向けて尻すぼみになっていきます?!

24日は、静かな動きでした。今朝方シドニー市場でドル/円が安値82.78をつけています。現在は82.90前後ですのであまり動いていません。ユーロ/ドルもしかりです、1.3115前後です。
1.3060あたりからしっかり買いが入っていますので、下も限界があります。しかし反発も弱いですが。
ドル/円は、83.50以上から売りのようです、下は82.30あたりからストップが見えています。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート継続です。
さあ、今年も最後の週に入りました、もう少し頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月24日金曜日

結果的には、ドル/円が82.85の安値をつけて、ユーロ/ドルが1.3100前後と変わっていませんので、クロス円が全体に下げて帰ってきました。
背景といっても特に材料はありません。強いてあげれば、ムーディーズがアイルランドの国債の格付けを5段階下げたことでしょうか。それにしては、ユーロ/ドルは1.3100前後で水準を変えていません。
やはりドル/円の上値の重たさに市場が嫌気を差したといえる動き見えます。ひょっとすると年内に84円台で売りたかった実需が少し下で売ったのかもしれません。
一方通行でどんどん円高に行くとは思えませんので、これまで同じ様な展開でじりじりと円高に向かうと見てます。ユーロ/ドルも同じく簡単には1.30000を割り込むとも思えませんが、こちらもじりじりとユーロが売られる展開と考えています。従って、ポジションは継続です。

ダウ指数は、今年の高値を更新して前日比+14ドルの111573ドルの引け
原油は、+1.03ドルの91.51ドル。こちらも2年2ヶ月振りの高値での引け。
金は、マイナス6.90ドルの1380.50ドルの引け
10年債利回りは、+0.043%の3.389%でした。

波乱含みの年末相場となってきました。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月22日水曜日

アジア時間では、中国によるEU支援などの話しも出ましたが、終わってみればユーロがじり安。通貨ごとに動きがばらばらでしたが、ユーロは先頭を切っている(安い)状況に変化はありません。
さすがに1.30台には買いも見えますので、簡単には1.3000を割り込まないと思いますが、ここを切れると少し怖いような状況にみえます。
同じ様に、株式市場は今年の高値圏での推移が続いています。これもいち調整に入ってもおかしくありません。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート継続です。

ダウ指数は、前日比+55ドルの10533ドルの引け
原油は、+0.45ドルの89.82ドル
金は、+2.70ドルの1388.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.027%の3.309%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月21日火曜日

ドル/円は、朝方84.13までありましたが、その後は83円台の展開。安値は83.63まであったようです。
ユーロ/ドルは、高値1.3186で安値1.3094でした。
クロス円が若干下げています。
米国株式は、高位安定(?)の動きでした。長期金利は、FRBが2度の買い入れを行って10年の利回りが3.24%まで下げる場面もありましたが、引けにかけて徐々に上昇して前日と同じ水準で引けたようです。
ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス13ドルの11478ドルの引け(SP500とナスダックは若干の+)
原油は、+0.79ドルの88.81ドル
金は、+6.90ドルの1386.10ドル
10年債利回りは、+0.004%の3.332%でした。

昨夜は、FXラジオの年内最後の放送でした。だいまんさんとスタッフの方々と打ち上げをしました。
こちらの放送(YMTV)は、来週の「Fxデスマッチ}が最後になります。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月20日月曜日

帰ってきました。欧州時間では1.3360の高値をつけましたが、そのあたりからアジアの中央銀行の売りが出たようで(未確認ですが)、1.3133の安値まで下落しました。
材料としては、アイルランド国債の格下げのようですが、サプライズでもないので、やはり大きな売りがでたからといえます。つまり未確認ですが、アジアの中央銀行の売りだった可能性が高いといえます。
こういった売りが反発局面で出てくる展開は続くとみています。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショートを継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス7ドルの1149ドルの引け
原油は、+0.32ドルの88.02ドル
金は、+8.20ドルの1379.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.089%の3.334%でした。

長期金利が下げていますが、一応年末までの調整はピークを過ぎた印象です。

さあ、今週はクリスマスです、いよいよ年の瀬が迫ってきた感じになってきました。
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月17日金曜日

いよいよ年末相場になってきた印象ですが、参加者が少なくなればやはり一方方向への動きになりやすいことがリスクになってきます。
市場の変動率に大きく寄与しているAI(人工知能)によるアルゴリズム取引手法ですが、クリスマスまでに(いつかは分かりませんが)一時停止させるそうです。これも流動性が欠ける要因になりますのでリスクになります。12/31は、年末ですが、特殊なオーダーが出る可能性もありますので、やはり一方方向になりやすい傾向があります。
このような環境が来週あたりから出てきますので、一応注意したいところであう。

ダウ指数は、前日比+41ドルの11499ドルの引け
原油は、マイナス0.92ドルの87.70ドル
金は、マイナス15.20ドルの1371.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.094%の3.438%でした。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月16日木曜日

ポンドが売られて、ユーロが売られて、円も豪ドルもと全体にドル買いになっています。
昨日まではドル売りになっていたことを考えると、やはりFOMCの声明文の内容が分岐点だったといえます。
売られていたものが買い戻されている印象です。
この後もドル買いが続くのかどうかがポイントです。
ポジションは、ドル/円のショートとユーロ/ドルのショート、つまりユーロ/円のショート継続していますので、実害はないのですが・・・、どこかでどちらかを外したいのですが、なかなかタイミングが取れません。
株式市場も高値圏での推移が続いています。このあたりもキナ臭い感じです。

ダウ指数は、前日比マイナス19ドルの11457ドルの引け
原油は、+0.34ドルの88.62ドル
金は、マイナス18.10ドルの1386.20ドル
10年債利回りは、+0.059%の3.532%でした。

長期金利は依然として上昇しています。とてもいやな感じです?!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月15日水曜日

FOMC発表前に市場は乱高下を済ませていた印象です。
欧州時間の昼前にユーロ/ドル高値1.3500、ドル/円は安値82.83をほぼ同時刻につけていました。つまりドル売りだったわけで、FOMCでの現状継続が背景だったとも言えます。

ダウ指数も一時高値11514まで行きましたが、引けにかけて失速しています。しかし、依然として今年の高値圏での推移になっています。

ダウ指数は、前日比+47ドルの11476ドルの引け
原油は、マイナス0.33ドルの88.28ドル
金は、+6.30ドルの1404.30ドル
10年債利回りは、+0.17%の3.445%でした。

FOMC発表後に長期金利は上昇しています。このあたりが無気味です。
ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月14日火曜日

年末相場が続くと見ていたところに大きな動きがありました。これも年末特有の動きといえばいえるのですが。
先ず、ドル/円が買われて高値84.36までありました。そこから徐々に売られていくのですが、これはユーロ買いドル売りの流れに影響されたといえます。安値は83.10まで。
ユーロ/ドルは高値1.3434までありました。この前後にユーロ/円も高値112.07をつけています。その後は、長期金利が下げて、株価も今年の高値を更新しましたが引けにかけて失速して終わったようです。
注目のFOMCは明日の未明(東京時間午前4時過ぎ)に発表する声明文があります。サプライズは無いとおもいます。据え置きでしょう。雇用と住宅関連の低調さが緩和継続との論調かと考えています。
ユーロ/円が買われたので、ポジションは芳しくありませんが、継続しています。

ダウ指数は、前日比+18ドルの10428ドルの引け(SP500は、ほぼ変わらず。ナスダックはマイナスでした)。
原油は、+0.82ドルの88.61ドル
金は、+13.10ドルの1398.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.034%の3.285%でした、

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月13日月曜日

なってきた印象です。
米国の貿易収支が大幅に改善(赤字縮小)しましたが、それほどのインパクトはありませんでした。
予想が赤字の439億ドル(先月が赤字の446億ドル)が、387億ドルでした。
株が買われて、長期金利が上昇。

ダウ指数は、前日比+40ドルの10410ドルの引け(高値圏での推移が続いています)
原油は、マイナス0.58ドルの87.79ドル
金は、マイナス7.90ドルの1384.90ドル
10年債利回りは、+0.123%の3.327%でした。

来週は、クリスマスということで今週が実質的な海外勢の最後の動きになりそうです。日本勢は変わりません。クリスマスは世界中で唯一、日本だけが銀行業務があり為替市場が開いています。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月10日金曜日

日々の実需の取引以外は、相変わらずファンド勢の暗躍が主体となっている市場ですが、やはり12月ということもあって、市場の流動性は徐々に減少傾向になっているのでしょう。この傾向は続くと考えます。
相変わらず、ユーロの値動きは荒いです。高値1..3323を東京の昼前につけてから、欧州勢の参入で売りになりNy市場でも加速して安値1.3164までありました。現在は1.3240あたりでちょうど真ん中あたりです。
ドル/円は、高値84.10前後を東京の朝と欧州の昼前につけていますが、そこが壁になったようで、その後失速して安値83.51まであったようです。ドル売りの背景は米国債30年の入札が好調だったことからの(長期金利下落?)売りとのことでした。
ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのショート(つまりユーロ/円のショート)継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス2ドルの11370ドルの引け
原油は、+0.09ドルの88.37ドル
金は、+9.60ドルの1392.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.0555の3.217%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月9日木曜日

長期金利の上昇の波紋から株価への影響が気になった欧米市場でしたが、結果は小幅な変動で終始しました。目立ったのは円売りの圧力でした。ユーロも売られたのですが、引けにかけての戻しが円より大きかった印象でした。
ドル/円は、84円台から85円台にかけてそこそこの日本勢の売りがあるでしょうから、このあたりからの上昇がどこまであるかになってきます。
ポジションは、ユーロ/円のショート継続です。

ダウ指数は、前日比+13ドルの11372ドルの引け
原油は、マイナス0.41ドルの88.28ドル
金は、マイナス25.80ドルの1383.20ドル
10年債利回りは、+0.114%の3.24%でした。

アジア時間の米国債10年の利回りは少し下げていますが、やはり高い水準といえます。これが良い金利上昇かといえば、そうとはいえないところでしょうか。バーナンキ議長も注意している動きだと推測します。
長期金利の上昇と株価の動きが最大の注目点であることに変わりありません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月8日水曜日

全体にドル買いになったことは、米国の長期金利の上昇が背景ともいえますが、ドル/円に関しては単に雇用統計後にショートに行った向きが買い戻した印象です。ユーロは、これまでの背景と同じく欧州金融不安が背景なのでしょう。
会員向けのブログでは書いたのですが、ユーロ/ドルを1.3367で売りました。これで形の上ではユーロ/円のショートになっています(つまりドル/円のショートは継続しています)。
米国株式市場も寄付きから買われましたが(減税措置の延長の話?)、引けにかけて失速しています。この上髭は気になります。

ダウ指数は、前日比マイナス3ドルの11359ドルの引け
原油は、マイナス0.69ドルの88.69ドル
金は、マイナス7.10ドルの1409.00ドル
10年債利回りは、+0.202%(!)の3.122%でした。

長期金利の上昇も嫌な感じです。これほどFRBが毎月大量に購入しているにもかかわらず(さらに先日のテレビでのバーナンキ議長の話しにもかかわらず!)、3%を越えてきた流れは深刻です。これを材料にドル買いになっているとは思えませんが・・・。

さてさて、いよいよ混迷を深めてきた市場ですが、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月7日火曜日

まるでクリスマス休暇に入ったかのような静かな市場でした。
経済指標もなく、あったのは欧州首脳会議ということで、ユーロが主役であったことは明白な1日でした。

ドル/円は、アジア時間の昼過ぎにつけた高値82.99(83円台にのれず?!)、安値は今朝の82.57でした。ユーロ/ドルは、高値が昨日の朝方の1.3423で安値は1.3246で、これはNYの朝8時40頃でした。
欧州首脳会議から聞こえてくるのは、欧州共同債への賛否両論ということで、またもや共同歩調をとれない可能性も出てきたようです。

ダウ指数は、前日比マイナス19ドルの11362ドルの引け
原油は、+0.19ドルの89.38ドル
金は、+9.90ドルの1416.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.074%の2.931%でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月6日月曜日

失業率の悪化、新規雇用者数が予想を下回る少ない増加となった今回の統計でした。
ドル売りに反応した為替市場、債券売りに反応した長期金利、株はマイナスから若干のプラスで引けたようです。こうしたマダラ模様の反応を見ると如何に市場が戸惑ったか理解できます。

ダウ指数は、前日比+19ドルの11382ドルの引け
原油は、+1.19ドルの89.19ドル
金は、+16.90ドルの1406.20ドル
10年債利回りは、+0.023%の3.011%でした。

冒頭に述べたいくつかの疑問点をゆっくりと1日かけて考えたいと思います。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月3日金曜日

ここまで、これまでの過剰流動性相場の修正(調整?)の流れでしたが、それも一服。ユーロ/ドルが1.42台から1.29台への下落、ドル/円が80.21安値から84.41までの反発となった流れでした。
株価は大きく反発してきています。

こういった状況下での雇用統計ですから、いやが上にも盛り上がりそうです。
ADPの好調な数字から、今夜の新規雇用者数も15万人以上の期待がすでに株価などには織り込まれてきている印象です。予想通りならどうなりますか?!
QE2以来、これまでの過剰流動性相場からのドル売りの流れが一転(ドル買いへ)してきましたが、昨夜のNy市場の動きは株高・ドル売りになりました。ただし、債券や金への買いは見られませんでした。逆に債券は売られています。
好調な雇用統計になるならば、出口戦略への先走りもでてきそうです。
まだまだ乱高下は必至です!

ダウ指数は、前日比+106ドルの11362ドルの引け
原油は、+1.25ドルの88.00ドル
金は、+1.00ドルの1389.30ドル
10年債利回りは、+0.035%の3.00%でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月2日木曜日

11月末と12月初めの動きがまさに乱高下そのものでした。
もちろんADPの数字は良かったわけで、明日の政府の雇用統計も期待されています。しかし、しかしですよ、11月末に一旦閉じたポジションを再度作ったようにも見えますが如何に?!

特に株式市場はほとんど棒上げ状態(?)でした。
ダウ指数は、前日比+249ドルの11255ドルの引け
原油は、+2.64ドルの86.75ドル
金は、+2.20ドルの1388.30ドル
10年債利回りは、+0.169%の2.966%でした。

長期金利が3%に近づいてきました。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。しかし、ユーロのダイナミズムを見ているとドル/円を持っていることが馬鹿らしくなります?!
さて、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年12月1日水曜日

やりました!お見事!
仲間として嬉しい限りです!!

入り口の戦略と出口までのやり取りは、さすがです。
それにしてもユーロは弱いです。単なる投機というよりも実需の流れが背景にあるものと考えます。日本の投信などもユーロ建て債券を落としているという話しもあります。去年もギリシャ債券から他のユーロ建て債券に移していた大手投信がありましたが、今年もまた出たようです。
夏からのユーロ買いの波の中でも、1.39~1.40あたりで相当買っていたアジアの中銀などもあったようです。そういったところが切りに回っているのかもしれません。とりあえずのれべるまで来ましたので、ここらあたりでのもみ合いを期待したところですが、どうでしょうか。
ユーロ・クロスは全面安になっています。
ドル/円は、84円台が重かったのでしょうか、逆行しています。結果としては、ドル高円高です。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス46ドルの11006ドルの引け
原油は、マイナス1.62ドルの84.11ドル
金は、+18.60ドルの1386.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.80%でした。

米国の経済指標は、住宅価格以外は予想を上回るものでした。為替市場の動きを見ると、これまでの過剰流動性相場から欧州問題に足を移しています。さらにFRBの次の一手(出口戦略?)に焦点が移る気配もしてきたようです。

さあ、今日から12月です。今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社