2010年7月30日金曜日

特に円とユーロで、ドルが売られています。
ドル/円は、安値86.57まで。ユーロ/ドルが高値1.3107までつきました。スイスも買われました(ドルが売られた)。流れとしては全面的なドル安といえます。

ダウ指数は、前日比マイナス30ドルの10467ドルの引け
原油は、+1.37ドルの78.36ドル
金は、+8.80ドルの1171.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.004%の2.981%でした。

豪ドル/円のロングは78円台前半で手仕舞いました。
新しくポンド/ドルのショートを作りました。これでユーロ/ドルのショートと併せて継続しています。

何やら不穏な空気も漂ってきましたが、今夜の「FXデスマッチ」あるいは明日のセミナーで、このあたりのことをじっくりやりたいと思ってます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月29日木曜日

暫くは漂流しそうな印象です。

昨日の動きだけ見れば、ドル安円安の流れに調整があったともいえます。欧州時間の早いタイミングでドル/円は88円台にのせたのですが、頭は重く失速しました。ユーロ/ドルも再び1.30台にのせて買われましたが、高値1.3043と前日の高値1.3047を越えられずで失速。暫くはレンジ内の動きになりそうです。
豪ドル/円は、79円台前半でほとんどの(全部ではない!?)ポジションを手仕舞い、10時半のオーストラリア消費者物価指数の発表を待ちました。結果は予想を下回る数字で豪ドルは売られました。
下落の過程で再び豪ドル/円を買っています。平均で78円台半ばでしょうか。
それと新規でユーロ/ドルを少しですが売りました、1.30台前半です。
以上のポジションを継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス39ドルの10497ドルの引け
原油は、マイナス0.51ドルの76.99ドル
金は、+0.60ドルの1162.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.053%の2.996%でした。

耐久財受注がマイナス1%と予想を下回る数字で、株が弱く債券が買われた結果となりましたが、それ以上の動きはなかった印象でした。

7月もあと数日を残すのみになりましたが、暑さに負けず、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月28日水曜日

ダウは少し上げたのですが、ナスダックとSP500は若干の下げで引けたようです。

金が下げました。原油も下げています。長期金利は10年ものが3%台に復帰しています。
経済指標は、住宅価格が前年比で4.6%と予想を上回りましたが、消費者信頼感指数が予想を下回りました。

為替の方は、ドル/円が86円台後半から87円台後半に反発しています。ユーロ/どるは、1.30を意識した動きで小動き。ポンドは1.55台後半に上昇し、豪ドルは堅調に推移といったところです。

ドル/スイスでスイス当局が買い介入のうわさも出ました。ユーロ/スイスは1.37台後半まで上げてきました。振り返ってみればユーロ/スイスは当局が1.40を死守すべく介入を繰り返して、結局放棄した水準です。そこに近づいてきたようです。
ユーロを巡る大きな資金移動が2ヶ月前に起きて、ユーロからスイス、あるいは豪ドルなどに起きた事はレートの変動で推察できました。その資金がまたユーロに回帰したのかもしれません(一応、過去形です)。

米国を巡る景気の見方も年初は出口戦略からの早期利上げから低金利が長期間継続される、ここにきての更なる金融緩和といったように変遷を重ねてきました。
昨日の数字も本来ならば消費者信頼感指数が50を割れそうな水準まで落ちてきたので株が売られる状況もあったように思われます。ところが実際には、住宅価格の上昇が打ち消した結果になったようです。
何が起きているのか・・・、あるいはこれまで調整が続いているのか、といったところでしょうか。

次のテーマは?、材料は?といったところが模索されているようです。
私も悩んでいます。

ポジションは、豪ドル/円のロングを79円台前半で手仕舞いました。まだ少し継続しています。
今日の10時半に発表されるオーストラリアのCPiによっては、全て手仕舞います(上がれば)し、下がればまた買い戻します。

ダウ指数は、前日比+12ドルの10537ドルの引け
原油は、マイナス1.48ドルの77.50ドル
金は、マイナス25.20ドルの1161.80ドル
10年債利回りは、+0.052%の3.045%でした。

さあ、今日も頑張りましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月27日火曜日

欧州時間にドル/円が先行する形でドルが売られ、NY時間に入ると他通貨でのドル売りが顕著になった印象でした。
相変わらず、米国株式は堅調でした。住宅関連の指標が予想より良かった(?)といっても前月分の下方修正を考慮するとほぼトントン。しかしナスダック、SP500、ダウともに強い動きでした。
これまで売りヘッジを解消する動きなのでしょうか、ダウは連日の100ドル以上の上げになっています。
ユーロ/ドルは、一時売られて1.2860あたりまでありましたが、反発して1.3006までありました。
豪ドル/ドルは、下げきらずにじりじりと買われて0.90台にのせてきました。

ポジションは、豪ドル/円のロング継続しています。

ダウ指数は、前日比+100ドルの10525ドルの引け
原油は、変らずの78.98ドル
金は、マイナス4.70ドルの1183.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.004%の2.991%でした。

ストレステストが終わり、次の材料を求めている市場ですが、時期的にも夏休みに入り、参加者が徐々に減っていく事も考えたいところです。

さあ、今日も暑そうですが、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月26日月曜日

サプライズはなく、予想された範囲内の結果でした。

ユーロ/ドルは、発表前に乱高下して高値1.2966(東京時間17時45分頃)、安値1.2794(同22時15分頃)となって、Ny市場の引けは1.29台前半でした。
ドル/円は、ストレステストの結果公表から買われて高値87.51をつけました。
今朝方も買われて一時、87.78をつけたようですが、現在は87.57あたりにいます。
88.00にはまとまった売りもありそうですが、そこを越えるとストップもありそうです。

ポジションは、豪ドル/円のロング継続しています。

ダウ指数は、前日比+102ドルの10424ドルの引け
原油は、マイナス0.32ドルの78.98ドルの引け
金は、マイナス7.80ドルの1187.80ドル
10年債利回りは、+0.059%の2.994%でした。

さあ、今週は7月最後の週です、後半は投信の設定が集中していますし、途中では輸出の売りもありそうです。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月23日金曜日

上院での議会証言を契機に、株安・円高となった流れが欧州時間から反転してNY時間には大きく反発しました。
後付コメントを見ると欧州と米国の経済指標が良かったことが上げられていました。
NY市場の引けからアジア時間にかけて大きくポジションを傾けていた(クロス円の売り?)向きが、切らされたといったところでしょうか。
証券大手の投信設定もありました(円売り)ので、そのあたりも理由として考えられます。

例に集まりがあったので昨日は午後3時から3時半までの間に、豪ドル/ドルを買って、ドル/円のロングを豪ドル/円のロングにしたのがヒットでした!久し振りのヒット?!
ということで、ポジションは豪ドル/円のロングを継続しています。

ダウ指数は、前日比+201ドルの10322ドルの引け
原油は、+2.74ドルの79.30ドル
金は、3.80ドルの1195.60ドル
10年債利回りは、+0.05%の2.928%の引けでした。

もう一つ加えると、昨日の中国株の堅調さが目に付きました。欧米市場の軟調さを受けても前日比+で引けた中国株は(特に上海)底を打った可能性があります。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月22日木曜日

開口一番、「Unusually Uncertain(異常なほど不確実)」と現在の経済を表現しました。
これで株が売られて、ユーロが売られ、クロス円が売られました。
ドル/円は87.00を挟んでの小動きだったのですが、東京勢の参加とともにじりじりと売られてきました。

ポジションは、ドル/円のロングを継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス109ドルの10120ドルの引け
原油は、マイナス1.02ドルの76.56ドル
金は、+0.10ドルの1191.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.07%の2.878%でした。

議長の議会証言により、債券買いが強まったようです。金がほとんど動かなかったのは、多くの投機資金が動かずだったともいえるようです(夏休み?)。

確かに、「unusually uncertain」では動けないのでしょうか?!
今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月21日水曜日

為替市場も大きく振らされました。
ユーロが大きく動きました。先ずは欧州勢の参入前後に高値1.3029をつけましたが、そこから失速して1.2839まであったようです。戻して1.2923となっています。
ドル/円は、欧州時間中はほとんど86.75~85での小動きでしたが、NY時間の昼過ぎから買いが入り87円台へ、今朝方には高値87.58まであったようです。

ダウ指数は、前日比+75ドル(日中の安値ではマイナス140ドルまであった?!)の10229ドルの引け。
ナスダックも+24ドル、SP500も+12ドルと堅調でした。
原油は、+0.90ドルの77.44ドル
金は、+9.80ドルの1191.70ドル
10年債利回りは、変らずの2.954%でした。

企業の決算が続く米国ですが、総じて予想を超えるものが多く、好調といえます。中には(例えばゴールドマンやBOA)予想を割り込むものもありますが、内容は想定の範囲内だったといえます。こうしたことから投機筋を中心にしたショートカバーが引けに賭けての反発を招いたものと思われます。押し目での買い意欲もあったともいえます。

ポジションは、ドル/円のロング継続しています。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月20日火曜日

引け後に発表になったIBMの決算がマイナス2.7%と悪く、ダウ先物が売られています。

為替にはそれほどの影響はありません。直後にドル/円とクロス円が売られましたが、直ぐに反発しています(ただし、元には戻っていません)。

ポジションは、ドル/円のロングを86円台後半で作っています。ストップは86.00ですので、継続しています。

ダウ指数は、前日比+56ドルの引けで10154ドル
原油は、+0.53ドルの76.54ドル
金は、マイナス6.30ドルの1181.90ドル
10年債利回りは、+0.039%の2.961%でした。

IBMの決算は、1株あたりの利益予想が2.575ドルで結果が2.61ドルでした。こちらの方は良かったのですが・・・。テキサス・インスツメンツの方は0.62ドルと予想の0.63ドルを下回りました。
ダウ先物の動きは現物に比べるとあまり参考にならないようですので、注意したいところです。

外は、夏真っ盛りです。熱中症に気をつけてください!
今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月16日金曜日

となっていますが、ドル安は米国に対してプラスに働きます。
従って、株は前日比ほとんど変らずとなっています。

ユーロが強いです。対スイス、対豪ドルでも顕著です。
ポンドも強いです。私のポンドのショートはストップが(1.5350)つきました!
残念ですが、これも相場です。これで7月の成績は振り出しに戻りました。
今日は、ゆっくりと考えましょう。

ダウ指数は、前日比マイナス7ドルの10359ドルの引け
原油は、マイナス0.42ドルの76.62ドル
金は、+1.30ドルの1208.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.053%の2.990%でした。

確かにNy連銀製造業景気指数、フィラデルフィア連銀景況感指数は予想の半分程度の低い数字でした。しかし、週間の新規失業保険申請は42.9万人と先週あるいは予想を下回るものでした。鉱工業生産指数も予想のマイナス0.1%が+0.1%と強い数字でした。

今回のドル売りは、大きなポジション調整があったといえます。ユーロやポンドはシカゴIMMの残高をみてもまだまだ売り持ちでした。円は、逆にロングになっていましたが、今週はロングの切りもあったのかもしれません(従って、昨日はその反動でまた円を買い戻した?)。
今夜は、YMTV「本音で・・」があります。大橋ひろ子さんと60分生番組ですが、反省を込めてじっくり検討したいと思います。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月15日木曜日

頭を押さえられた格好に見えます。
ユーロ/円の113円台、豪ドル/円の78円台、そしてドル/円の89円台といったところでしょうか。
英国の雇用統計は、ほぼ予想通りの結果でしたが、やはりポンド買いは執拗でした。高値は1.5296まで。
ポジションは(ポンド/ドルのショート)、継続してます。すとっぷまで近いですが、このまま継続します!

FRBの議事録が公表されました。市場の見方を裏付けるように景気に対する見方が弱気になってきました。そうなればいろいろと手段がありますので、止めたものを復活させる、あるいはこれまで買い取ったものの売却の中止なども議論されたようです。従って、紆余曲折はありますが、スローな回復軌道が続くとみたいです。

ダウ指数は、前日比+3ドルの10366ドルの引け
原油は、マイナス0.11ドルの77.04ドル
金は、マイナス6.50ドルの1207.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.076%の3.044%でした。

さあ、梅雨明けも真近、頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月14日水曜日

Ny時間の朝方は、全体にドル売りが強かったですが、株式市場がオープンするとその上昇に合わせてクロス円も上昇となったようです。
ドル/円も88円割れを見るかという流れでしたが、底から反転しています。ユーロ/ドルは1.27台、ポンドも1.51台後半、豪ドルは0.88台です。

ダウ指数は、前日比+146ドルの10367ドルの引け
原油は、+2.20ドルの77.15ドル
金は、+14.80ドルの1213.50ドル
10年債利回りは、+0.06%の3.123%でした。

株式市場の引け後発表された、インテルの決算は昨日のアルコアと同じく予想を上回る好業績でした。やはりアナリストの分析は正しかったようです。そうするとこの後の金融機関も好業績となる可能性が高いといえます。
さてさて、ポジションがゼロで迎えた英国のCPIでしたが、これも予想を上回る(?)3.2%でした。当然の如くポンドは買われて、1.49台後半から1.50台へ。ここでポンド/ドルを売ってしまいました?!
その後もじりじりと買われて1.51台後半になっています。しばらくじっとしてましょう?!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月13日火曜日

小動きだったようです。
アジア時間は、日本の選挙結果の影響もあった(?)かもしれませんが、アジアで買われて欧州で売られた印象です。
ドル/円の高値は東京の朝方(10時半頃)の89.15でした。安値はロンドンの引け際の88.39でした。現在は88.65あたりですから、ちょうど昨日の朝の水準です。
ユーロ/ドルは、やはり高値1.2647を早朝につけてから欧州時間に安値1.2550をつけています。
ポンド/ドルも同じようなうごきでしたが、こちらは安値1.4946えお欧州時間につけて、NYの昼前に高値1.5086をつけました。
ポジションは、1.49台後半で手仕舞いました、その後は何もしていませんので、珍しくゼロです!
ポンドが反発する局面で売り直す事も出来たのですが・・・・。
今日は、おさらいをしてもう一度戦略を考えたいと思います。

ダウ指数は、前日比+18ドルの10216ドルの引け。引け後にアルコアの業績発表があり予想を上回る数字でダウ指数先物は買われています。
原油は、マイナス1.14ドルの74.95ドル
金は、マイナス11.10ドルの1198.70ドル
10年債利回りは、+0.011%の3.063%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月12日月曜日

一旦、手仕舞いました。平均で1.4975あたりです。

これでポジションは、ゼロです、何もありません。さて、次はどうしますか。

今夕は、だいまんさんの「FXラジオ」に参加してきます。時間があれば聞いてみてください!
それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

44議席と50にも届かずだったようです。
これを受けて朝方、一時88.85まであったようですが、また60あたりに戻しています。
その他の通貨も動きは限定的でした。
W杯はスペインの優勝でした。これでユーロは底堅くなるのか?NY市場の午後からユーロ/ドルは1.2650を越えられません。3度も試したのですが駄目でした、何か大きな売りがあるのでしょうか。
今朝も越えていません。少し注意です。

ポジションは、ポンド/ドルのショート継続です。

ダウ指数は、前日比+59ドルの10198ドルの引け
原油は、+0.65ドルの76.09ドル
金は、+13.70ドルの1209.80ドル
10年債利回りは、+0.021%の3.052%でした。

大阪での勉強会は盛況でした。暑い中、参加していただいた方には感謝!
これから、月に1度の割合で継続してやるかどうか・・・検討しています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月9日金曜日

一昨日のNY市場の午後に金融株が買われて、ダウが引けで10000ドル台回復となった流れが継続しています。しかも昨日のオーストラリアの雇用統計が予想を上回る数字だった事から豪ドルの急騰となって、Ny市場の流れが増幅した印象です。

しかし、梅雨時の天気のような相場展開が続いています。ジメジメとした動きですが、ユーロ/ドルは1.27をつけるところまで買われてきましたし(安値は1.18台後半?)、気が付けば800ポイント以上の反発となっています。ユーロ/円も安値からは500ポイントの反発です。豪ドル/円も再び87円台ですし、総悲観となった週初でしたが、終わってみれば反発して引けそうです。

これまで継続してきた豪ドル/円のロングも昨日の急騰でめでたく手仕舞いできました。現在は、ポンド/ドルのショートを小さい額で継続しています。1.52台が来れば売り増す戦略です。

ダウ指数は、前日比+120ドルの10138ドルの引け
原油は、+1.37ドルの75.44ドル
金は、マイナス2.80ドルの1196.10ドル
10年債利回りは、+0.052%の3.032%でした(3%台に回復)。

明日は、大阪で勉強会があります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月8日木曜日

ドル/円は、今度は87.00が付きませんでした。安値は87.02で、その後の反発で高値87.83まで。
その前の日は88.00を付けずに下落し、今度は・・・。なんともはや、ですか。

6月からドル/円には余り手を付けたくない気持ちが強いために、クロス円などに軸足を移していました。この傾向は続きます。
豪ドル/円は、何とかじりじりと反発してきました。ポジションは半分落としています。新しいポジションとして、ポンド/ドルを売っています。小さい金額です。

ダウ指数は、前日比+274ドルの10018ドル(!)の引け
原油は、+2.09ドルの74.07ドル
金は、+3.80ドルの1198.90ドル
10年債利回りは、+0.05%の2.98%でした。

取り立てて経済指標の発表もなく、発言などもなかったのに、株式は大きく動きました。これまでのショートをカットする動きがあったように見えました。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月7日水曜日

ドル/円の88.00が付きません。きっと誰かが大口の売りを出しているのでしょう(?)。88円台前半から半ばにはそこそこのストップもあるそうです。
こうなるとあまり手を出したくないところではありますが。
ポジションは、豪ドル/円のロング継続してます。

中国株式、欧州と買われた流れを受けて始まった米国株式でしたが(一時は170ドル近い上げ)、ISM非製造業景気指数が発表されると、失速してしまいました。予想より悪い内容でしたが、これまでが(過去6ヶ月連騰)良すぎたとも言えますので、順当なところだったと個人的には考えます。

ダウ指数は、前日比+57ドルの9743ドルの引け
原油は、マイナス0.16ドルの71.98ドル
金は、マイナス12.60ドルの1195.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.041%の2.932%でした。

ISMの数字の反応もありますが、少し金の下落が気になります。史上最高値をつけたことで若干の調整でしょうか。

11日の投票日は、翌日が月曜日ですので、朝から乱高下もありそうです。今日を含めて金曜日のNyの引けまで、最近のレンジ内での動きとなるのでしょうか・・・。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月6日火曜日

欧州市場と早朝のオセアニア市場では、じりじりと円が買われてきました。

昨日のアジア時間の動きが逆に動いた印象です。これはアジア勢が買いすぎた反動(?)でしょうか。
ポジションは、相変わらず豪ドル/円の買い持ちを継続していますが、あまり芳しくありません。
ストップがつくまで(72円台)一応継続の方針ではありますが・・・。

さあ、今日も頑張っていきましょう!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月5日月曜日

独立記念日の振り替え休日です。
注目の雇用統計でしたが、思ったより良かった(?)内容だったと考えています。
ADPでは民間の新規雇用者数が、予想の+6万人から+1.3万人となっていました。政府の数字では、予想の+11万人が+8.3万人だったようです。失業率は9.5%と改善となりましたが、これは失業保険申請者が減ったたためとの解説でした。こういった内容でしたので、動きも限定されたものだった印象でした。

ダウ指数は、前日比マイナス46ドルの9686ドルの引け
原油は、マイナス0.81ドルの72.14ドル
金は、+1.00ドルの1207.70ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.977%でした。

ポジションは、豪ドル/円のロング変わらずです。

週末の土曜日に開催された「くりっく365の5周年記念フェアー」は雨にもかかわらずたくさんの方の入場がありました。私も顔を出しましたが、7/10の「為替勉強会」へのお申し込みもいただきました。参加された方には、感謝しております。7/10の勉強会は午後2時から始まります。

さあ、今週も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月2日金曜日

ユーロ/ドルは、昨日の東京時間昼前に安値1.2193がありましたが、そこからほぼ一方的に買われて高値1.2541まで今朝方つけています。
ドル/円も安値86/96までつけて反発して87.84まで。ユーロ/円は、107.50から109.89まで買われましたので、やはりユーロの動きが一番でした。
金も40ドル近い下げとなり、何やら大きなポジション調整の印象です。

私のポジション(豪ドル/円のロング)は、辛うじて継続しています(ストップが付いたり、また買い戻したりしています)。

ダウ指数は、前日比マイナス41ドルの9732ドルの引け
原油は、マイナス2.68ドルの72.95ドル
金は、マイナス39.20ドル(!)の1206.70ドル
10年債利回りは、+0.018%の2.949%でした。

雇用統計前のポジション調整なのか、7月に入ったことでの動きだったのか。
さてさて、今夜の雇用統計でまだまだ乱高下必至といえますが、どうなりますか?!

今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年7月1日木曜日

一気に弱気ムードが高まった印象でした。
6月の最終日と言う事もあったのかもしれませんが、ダウは引け間際に急落しました。
明日の雇用統計を前にして、弱気派が台頭してきた感じです。
ドル/円は狭いレンジの動きになっていますが、豪ドルやカナダは弱いです。
ポジションを豪ドルに集中したことが裏目になってきました。ストップが付くまでは継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス96ドルの9774ドルの引け
原油は、マイナス0.31ドルの75.63ドル
金は、+3.50ドルの1245.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.018%の2.931%でした。

あいかわらず。債券への資金シフトが続いているようです。

さあ、今日から7月です!
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社