2010年4月28日水曜日

金曜日の4/30は、都合によりブログへの書き込みが出来ません。
よって、ブログへの書き込みは連休明けとなりますので、よろしくご了承のほどお願いします。

皆様も連休はどうぞごゆっくりとお過ごしください。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。ストップが付かなければ(現在のストップは94.50です)連休中も継続します。


以上

もう一つのブログの方には昨日の日中から不穏な空気が漂っていることを書いたのですが・・・
きっかけは、ギリシャとポルトガル国債の格下げだったようです。しかし、欧州時間の早い内からすでにユーロやポンドは売られていました。それに拍車をかけたようです。

ドル/円も一時92円台まであったようです。クロス円は総じて下落。ドル高円高のようですが、多くはこれまでのポジションの投げだったようです。あとはシカゴなどの円ショートがどうなっているかです。本格的ナ投げは92円を割り込んだところから始まるかもしれません。

ダウ指数は、前日比マイナス213ドルの10991ドルの引けでした。
原油は、マイナス1.76ドルの82.44ドル
金は、+8.20ドルの1162.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.116%の3.69%でした。

株の調整が大きく、安全志向で金や債券に資金が流れた事が鮮明です。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月27日火曜日

ポジションの調整で乱高下しただけのような欧米市場でした。
週明けでしたが、やはりギリシャ関連のニュースが目立ちました。

ユーロ/ドルは、昨日の朝方(10時前)高値1.3398をつけて欧州勢の参入で安値1.3291(18:35頃)をつけました。そこからじりじりと上げて1.33半ばあたりで上下動を繰り返し、NYの引けあたりから買われて高値1.3417までありました。現在は1.3400前後の動きになっています。どうも日中のストップを巻き込んだ動きのようです。
ドル/円は、93.95前後を安値に94.30前後が高値なっていました。現在は安値近辺を試しています。

まだポジション調整がありそうな展開です。

ダウ指数は、前日比+0.75ドルの11205ドルの引け。ナスダック、SP500ともに下げています。
原油は、マイナス0.92ドルの84.20ドル
金は、+0.30ドルの1154.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.002%の3.807%でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月26日月曜日

とりあえずギリシャが支援を要請したというニュースでユーロの買戻しが優勢になったのですが、それにしてもこの程度の反発では、なんともいえません。
市場は冷静にこの問題をとらえているようです。つまり、未だ時間がかかるということでしょうか。
ユーロ/ドルの安値は東京時間の朝8:25頃、1.3201でした。反発して高値は1.3400でした。

とりあえずユーロ/ドルとポンド/ドルのポジションは、手仕舞いました。あとはドル/円のショートだけになっています。ドル/円は、ギリシャの話が伝わってくると大きな買いが入ったようで(海外勢?)94円台まで押し上げられています。高値は94.43でした。
私の考えは変わっていません。海外勢の円の売り持ちが積みあがっているので、これがどうなるか次第だと思っています。それでも95円台までいけば切りますが・・・

ダウ指数は、前日比+69ドルの11207ドルの引け
原油は、+1.42ドルの85.121ドル
金は、+10.80ドルの1153.70ドル
10年債利回りは、+0.041%の3.813%でした。

さあ、今週は4月のさいごの週です。連休前ということで円買いが入ることを期待しています?!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月23日金曜日

切っ掛けはユーロでしょうか、全体にドル買いになっています。

昨日のNYのドル/円の高値が93.62で先ほどもそのあたり。
方やユーロ/ドルは、NYの安値1.3257を割れて1.3220前後となっています。そろそろセリング・クライマックスの雰囲気になってきました。
やはり、ギリシャ問題なのでしょうが(昨日もムーディズが格下げを発表)、このところのくすぶり(もみ合い)もあって、エネルギーが溜まっていた印象です。市場では対ドルで1.30割れという話も出ているようですが、どうでしょうか。

ダウ指数は、前日比+9ドルの11134ドルの引け。一時100ドル近く下げる場面もあったのですが、引けにかけて戻しています。米国株もしつこい?!依然として注意と考えます(大きな調整の可能性も)。
原油は、+0.02ドルの83.70ドル
金は、マイナス5.90ドルの1142.90ドル
10年債利回りは、+0.031%の3.767%でした。

ポジションは、ドル/円のショート、ポンド/ドル、ユーロ/ドルのショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ





さあ、今日も頑張っていきましょう!

2010年4月22日木曜日

といったところでしょうか。
アイスランドの火山噴火ではないですが、どうも何やら大きな調整が入りそうな予感がしていると申し上げておきます。もちろん、私の期待する方向でないかもしれませんが・・・

ドル/円は、93.45~92.94のレンジ。ユーロはじりじりと下げています。豪ドルも高値持ち合い。ポンドもこのあたりでのもみ合いが続いています。
あいかわらず米国株式は堅調で、高値での持ち合い状態が続いています。

ダウ指数は、前日比+7ドルの11124ドルの引け
原油は、マイナス0.17ドルの83.68ドル
金は、+9.60ドルの1148.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.06%の3.74%でした。

目下の焦点は、金融規制法案の成立でしょうか。ゴールドマンの訴追以来、早期成立の空気になってきた印象です。欧州からは金融業に課税する方向での議論が活発になってきました。このあたりが今回のG20財務相会議のテーマになりそうです。

ポジションは、変わりません。ドル/円、ポンド/ドル、ユーロ/ドルのショート継続です。
さあ、今日もがんばっていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月21日水曜日

先週末からの調整の動きが終わり、元に戻ってきた印象です。
ただし、これはドル/円だけで、あとの通貨はどれも狭いレンジ内の上下動の繰り返しとなっています。

勝ち組通貨のカナダ、豪ドルは依然として強いです。
負け組通貨のユーロは依然として頭の思い展開です。ポンドと円は負け組通貨に入りそうで入れない(?)展開のようです。

ポジションは、ドル/円とポンド/ドルのショート継続しています。昨日ユーロ/ドルを1.3496で売りましたので、新たに加わっています。来週中にはもっとハッキリした動きになることを期待しています。もちろん、逆に行けばストップが付くだけになりますが・・・

ダウ指数は、前日比+25ドルの11117ドルの引け
原油は、+2ドルの83.45ドル
金は、+3.40ドルの1139.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.004%の3.794%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月20日火曜日

5月から豊商事の提供するYMTV(ネット動画配信)の番組が変更されます。

先ず、今まで一般向けに放送されていました、以下の2番組が会員限定に移行します。

「まる金のここがポイント」・月1回1時間ライブ配信
「大倉たかしの本音で言わせて」・月1回1時間ライブ配信

次に一般向けの新しい番組が5月からスタートします!

「西原宏一の実戦為替展望」・月1回1時間ライブ配信
「(タイトル未定)講師:大塚亮」・月1回1時間ライブ配信

西原氏は、某米系銀行でチーフ・ディーラーとして活躍した方です。実践的な市場分析に定評があります。
大塚氏は、だいまんさんのFXラジオでもお馴染みです。またテクニカル分析も多いに期待しています。

今回の番組改正でご迷惑をかけることもあるかと思いますが、引き続きのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。また、どうしても荻野氏の番組を観たい(あるいは私の・・・)方は、この際、是非とも会員への登録を御検討くだされたく存じ上げます。

以上、お知らせでした。

なったようです。
大橋ひろ子さんのブログにもありますが、若干楽観論が多いのでしょうか。事態の推移を見守る人が多いので俄かショートが切らされた形に見えます。
まだまだ始まったばかり(?)これからが難しい局面になりそうです。

ダウ指数は、前日比+73ドルの11092ドルの引け
原油は、マイナス1.79ドルの81.45ドル
金は、マイナス1.10ドルの1135.80ドル
10年債利回りは、+0.037%の3.799%でした。

シティーグループの好決算を反映してのダウ堅調だったようですが、原油、金が弱く(原油は航空機の燃料需要の落ち込み?)、長期金利も若干上げました。

為替は、欧州時間の午前中にドル/円、クロス円ともに売られましたが、NY時間にはダウの堅調さとともに反発して引けています。
期待した投機筋の円ショートの切りが出た様子も無く引けています。
92円台の動きが続きそうです。93円台は実需の売りで91円台も実需の買いといったところでしょうか。

ポジションは、ドル/円とポンド/ドルのショート継続しています。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月19日月曜日

いよいよ議会での攻防が来週の火曜日に始まります。

それもまでにもこの件についてはいろいろと取り沙汰されることになろうかと思います。
やはりボルカールールとの兼ね合いでこの件を見ていくことが重要かとかんがえます。

基本的には、リスクが高まってきた環境にあり、今後の進展によってはリスク・ポジションを減らす動きに拍車がかかることも念頭に入れて置きたいところです。

これまで、海外勢を中心に円売りと日経平均の買いをセットで推し進めてきたのが、この件を境に一旦の調整に入る可能性が高まってきたと考えています。

ドル/円でいえば、これまで日本の輸出などは93.50より上で95円までに相当な金額のドル売り/円買いの注文を置いていたとも聞いています。これがほとんど出来ていないために、連休前までにある程度下に降ろしてくることも考えられます。
それとトヨタの動向も気になります。例の米国でのリコールの話し以来、彼らの動向が見えにくくなっています。これは米国での販売がどのていどまで落ち込むのか、あるいは裁判などの費用にどの程度かかるのかの判断が出来なかったためではないかと憶測しています。
ご存知のように米国でのトヨタの売り上げは3月はキャンペーンもあって好調でした。このような状況が今月も継続していると、これまで止めていた為替予約も再開される可能性があるのではないでしょうか(勝手にこれまで最小限の為替取引だったと思ってますが)。

市場の話では、今日は92.50から日本勢の売りがでているそうです。いままでのところ反発しても限定的ですので、実際にどの程度の金額があるか分りません。
また金曜日に見られた92.50以上の買い手も相当な金額を買っていた印象です。こちらは機関投資家という話になっています。
さらに言えば、シカゴIMMの通貨先物のポジションも気になります。
4/13付けの残高で円売りが増えて、5万5千枚(約75億㌦相当)になっています。4/13以降多少の変化は在るかもしれませんが、多くは依然としてキャリーしている印象です。

こういった状況を勘案すると、やはり円高リスクが高まってきたというのが私の結論です。
もちろん、私自身がドル/円のショートを継続していますので、ポジション・トークである事は否定しません。ただし、そう思っているからこそのポジション継続である事も確かです。

連休前までに大きく動く可能性が出てきたといえますし、アノマリーですが4月は月初よりも月末が円高になることが多く(過去10回中8回?)見られることも留意したいところです。
といっても調整であることも事実ですので、今回の円高がどこまで行くのかについては様々であるというところが現在の状況のようです。

市場は(為替も株式市場も)調整を期待していた向きが多かったという事もあったようです。

GSの件については今後の進展を見守るしかないです。リスクとしては、この件をきっかけにサブプライムローンからリーマン破綻にかけて大きく損をした投資家が(個人を含めて)、訴訟に踏み切るかどうかです。こうなると他の大手金融機関も蚊帳の外ともいえず、成り行きを静かに見守っているかもしれません。
以前取り上げた、ボルカー・ルールの件も5月中の決着を米政府としては望んでいる様で、世論の後押しを受けての進行は意外と早く決着する可能性が出てきました。この内容によっては、金融機関の株がもう一段調整されることもあります。
とりあえず、ドル/円は92.50がサポートされる展開が長く続きましたが、最終的にこれを割り込んで91円台まで見ました。この動きの中でシカゴなどの円ショートが切ってきたかの状況が今ひとつ判然としていませんので、もう一段の調整もあるかもしれません。
私のドル/円とポンド/ドルのショートは継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス125ドルの11,018ドルの引け
原油は、マイナス2.27ドルの83.24ドル
金は、マイナス23.40ドルの1136.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.066%の3.766%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月16日金曜日

英国の選挙が来月の初めに行われますが、選挙前の恒例のテレビ討論が昨日行われました。
それを受けてすぐに行われた世論調査の結果、クレッグ自由党党首が(なんと!)51%の支持を受けたことが判明しました。キャメロン保守党党首は29%、ブラウン労働党党首が19%でした。

この記事の第一報がロイターに流れたときは、51%の支持を受けたのがキャメロンとなっていたようで、ポンド/ドルも1.5505あたりまで買われていました。すぐに訂正記事が流れて、ポンド/ドルが1.5465あたりになっていました。
これが今朝6時過ぎごろの話です。

テレグラフ紙の電子版にも詳細がありますので読んでみてください。
しかし、この結果は驚きです。今後の展開にもよりますが、もし、自由党が票を伸ばすことになると、いよいよ連立内閣の可能性が高くなりますので、財政再建などの基本的な政策の詰めが難しくなる可能性が出てきます。

ということで、朝からポンドは売られています。
この後の欧州時間でさらに売られる可能性もありますので、注意してください。

乱高下を繰り返しているような印象です。

昨日はお昼前に出た中国の経済指標が予想通り良かったので、ドル/円、クロス円ともに買われたのですが、結局欧州時間の早朝に切りが入ったようです。
少し輸出がユーロ/円で売ったとの話もあったようです(127円台)。

昨日のレンジは、ドル/円が93.53~92.87と前日の93.73~92.82と同じ様なものでした。暫くこのレンジ内に留まるのでしょうか?
ユーロ/ドルは、朝方の高値1.3666から1.3522を欧州時間の早朝につけ、さらにNYで1.3509まであったようです。
私のポジションは、ドル/円のショートとポンド/ドルのショートを継続しています。

ダウ指数は、前日比+21ドルの11,144ドルの引け
原油は、マイナス0.33ドルの85.51ドル
金は、+0.70ドルの1160.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.027%の3.832%でした。

毎週発表になる米国の新規失業申請件数が48万人台と予想の44万人。先週の46万人を越えたものでした。雇用環境は依然として良くありません。

さあ、今週も今日で最後になります。
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月15日木曜日

材料が多く、しかも市場の焦点はバーナンキ議長の議会証言、ということでの乱高下だったといえます。
先ず、米国の小売売り上げが予想を上回る前月比+1.6%、これを受けてドル/円は高値93.73をつけました。その後失速して93.49、またじりじりと買われて93.67、そこでバーナンキ議長の証言内容が伝わってきました。焦点の低金利の長期維持には言及せずでしたが、内容が慎重だったこともあって、そこから失速していきました。安値92.82まであったようです。
このことからいえるのは買っていたのはほとんどが投機筋、そこが投げると93円割れもあったことになります。しかも(多分)日本勢の売りも93.50以上にはそこそこあったようです。94円台にはもっとあったかもしれません。
米国株式も堅調に推移して、これが全体にドル売りとなった印象でした。

ダウ指数は、前日比+103ドルの11,123ドルの引け
原油は、+1.79ドルの85.84ドル
金は、+6.20ドルの1159.60ドル
10年債利回りは、+0.041%の3.861%でした。

ポジションは、ドル/円のショートを継続しています。
さて、今日はどんな展開になるか・・・

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月14日水曜日

上がったり下がったりが続いています。

ドル/円は、昨日の昼過ぎに安値92.57を付けたあと、今度は93.42まで反発して、午後10時ごろに再度安値92.63をつけてから93.35までとなっています。
ユーロもポンドも同じ様に上下動を繰り返して欧米市場は引けたようです。

ダウ指数は、前日比+13ドルの11019ドルの引け
原油は、マイナス0.29ドルの84.05。これで少しずつですが5日連続で下げています。
金は、マイナス8.80ドルの1153.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.023%の3.818%でした。

今しばらく93円を挟んだ動きが続くのでしょうか?!
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月13日火曜日

どうもその背景が、今回の日銀のCPI見通しが上方修正されたことにありそうです。
今日の日経新聞の5面に出ていますが、物価上昇率をこれまでの前年比マイナス0.2%からゼロ%近辺に上方修正する方向で検討との記事です。

これまでも日銀は目標としてはゼロ%以上としていたので、これ以上の緩和政策が出ないのではといった憶測が働いてもおかしくありません。
政府は1~2%のCPIを想定しているようですが(菅財務大臣)、少なくともゼロ以上、プラスになってくれば後はじりじりと上がってくると考えるのが普通です。そうなると次は出口戦略が検討課題になってくるのが自然です。海外勢の動きはこのあたりを念頭にしたものといえそうです。

今日は国会で白川総裁の発言もありますので、引き続き注意です。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

乱高下が起きやすいことが今回も実証されたようです。
もともと参加者が少なく、あるのはストップなどのオーダーだけ。そういった状況で週末にニュースが出たりすると昨日のような動きになります。
大橋ひろ子さんがブログに書いていますが、金曜日のNY市場の引けにかけての動きが変でした。ユーロ/ドルは高値引けでした。市場はある程度今回のニュースは織り込んでいたはずなのですが・・・

ドル/円のショートを再び作りました。93円台の半ばです。

さて、欧米市場は大きな経済指標もなかったですが。
ダウ指数は、前日比+8ドルの11,005ドルの引け
原油は、マイナス0.58ドルの84.34ドル
金は、+0.30ドルの1162.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.047%の3.836%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月12日月曜日

週末に飛び込んできたニュース、ギリシャへの支援でEUが3年間で400億ユーロ、さらにIMFも150億ユーロの融資を行うといった内容のようです。これでユーロ/ドルがNYの引け1.3499から1.3675高値を早朝(東京時間6時ごろ)シドニー市場でつけたようです。
ユーロ買いの勢いで円買いも入り92.90まであったようです。

NY市場もユーロはほぼ高値で引けていましたが、一部には追加支援の話もあったのかもしれません。
今日。EU首脳会議で正式に決定される段取りのようです。

ポジションがどの程度ショートだったかによりますが、それが一巡するまではこの動きが収まらないともいえます。基本はユーロですので円はあまり関係ないのですが、ユーロ/円が再び127円台にのせてきましたので、東京の実需も動きそうです。

残念ながら、金曜日にポジションは手仕舞いましたので、この動きの影響はありませんでした。さてここからどうするかじっくりと考えたいと思います。

ダウ指数は、前日比+70ドルの10997ドルの引け
原油は、マイナス0.47ドルの84.92ドル
金は、+9ドルの1161.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.012%の3.879%でした。

今朝はマスターズもありましたが、為替市場はそれどころではなかった動きでした。
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月9日金曜日

昨日の欧米市場は、まさにギリシャ問題一色でした。
アジア時間は、ネガティブな報道からユーロ売りでしたが、Ny時間に入るとギリシャの赤字が43%減ったことが伝わりユーロは反発となったようです。

米株も反発したようですし、米債30年の入札もまずまずの結果でした。
ドル/円は安値92.83を東京時間午後7時40分と8時50分の2度つけたようです。92.80には大きな買いがあったのかもしれません。反発して93.48まででした。

ダウ指数は、前日比+29ドルの10927ドルの引け
原油は、マイナス0.49ドルの85.39ドル
金は、マイナス0.10ドルの1152.90ドル
10年債利回りは、+0.033%の3.886%でした。

しばらくもみ合いが続くのでしょうか、ファンド勢の利食いも出たようですし、後はシカゴ筋のポジションがどうなったか。市場の見方はドル・ブルとドル・ベアに真っ二つといった様相です(ドル/ブルが多い?)。
私のポジションは、軽くドル/円のショート継続しています。
今晩は、「本音で・・・」の生放送が午後7時より60分あります。最近、絶好調の大橋さんからお話を引き出すことが狙いです。是非、参加してください。

さあ、今日も頑張っていきましょう!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月8日木曜日

クロス円が売られました。

ロイターとのインタビューで三井生命が今年度、ドル債やユーロ債を売る(減らす)と発言した事が、さきほど英語で流れたようです。

といってもドルに関してはほぼヘッジしていると思われるので、あまり影響はないと思います。ユーロに関してはどうなのでしょうか。こちらの方は意外とヘッジなしでの運用だったかもしれません。

それにしても3月の大手生保によるヘッジ外しと4月に入ってからのヘッジ売り(一部)といったことが市場の話題になっていましたが、今また違う生保の発言で少し市場が動揺しました。

さて、次は何が出てくるやら?!
ポジションは、ドル/円のショート継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

10年債の入札も好調だったようです。ただし、株価は調整で下落でした。
為替は、円が少し買われて、これも調整(?)といった印象でした。
私のポジションは、一部を93.49で買い戻しています。残りは93.00前後を目標にしています。
さてどうなりますか・・

ダウ指数は、前日比マイナス72ドルの10897ドルの引け
原油は、マイナス0.96ドルの85.88ドル
金は、+17.00ドルの1153.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.09%の3.861%でした。

昨日の昼頃の強烈なドル買いとその後の失速といった乱高下は今後も必至と思われます。
市場参加者には、格好の取引環境と思われますので、しっかりと観て惑わされずに取引をするように心がけましょう。売りたい人にも、買いたい人にも機会は平等に訪れます。要は、タイミングです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月7日水曜日

なってきた印象です。

例えば、ユーロが売られてきたことで株式市場が売られるといったものや、同じくユーロが安くなって原油が売られるといった相関性が希薄になり、バラバラな印象です。
これまでも相関性が見られる場合には、こじ付けの様な理屈が付いていたのですが、最早跡形も無くなったのかもしれません。
これは何を意味するのでしょうか。
ユーロが売られる背景が構成メンバーの財政問題ということで、他市場との相関性よりもユーロ自体の(内部の)問題という解釈なのかもしれません。

「風が吹けば桶屋が儲かる」といったわけの分らない理屈だったのが真相で、今の姿がより現実的ともいえますが・・・
通貨間でも勝ち組、負け組がハッキリしてきた事も背景になっているかもしれません。
その中で円は中立(?)と考えていたのが、一気に負け組に入ってきた感じですが、やはり投機筋のポジションが積み上がってきたことを考えると、いつ調整が入ってもおかしくありません。
株式市場も高値にいますので、併せて考えると調整を待ちたい気持ちに傾きます。調整が入れば(ガス抜き?)それなりに継続して方向性が確認できると思います。

現在はドル/円のショートを継続していますが、調整を待ちましょう?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ユーロがじりじりと売られていたのが印象的でした。
ユーロ/ドルの安値は1.3355まで、ユーロ/円の安値は125.36まで。ユーロ/円は、朝方127.35の高値をを付けていたので、2円も円高(ユーロ安)に動いた事になります。

「正体見たり・・・」といった台詞が出てきそうな今回の円売りでした。正体とはシカゴIMMの全高推移から投機筋が大口で円売りを進めたことです。
従って、輸出などの実需もそれなりに売っていた事になります。それと生保などの動きも期待したほどではありませんでしたが、4月にはいってからヘッジ売りに動いているようです。
さて、こうなると海外勢のポジションが気になります。相当な大きさまで増えてきましたので、一応の注意は必要です。

ダウ指数は、前日比マイナス3ドルの10969ドルの引け
原油は、+0.22ドルの86.84ドル
金は、+2.20ドルの1136ドル
10年債利回りは、マイナス0.035%の3.951%でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。93.50あたりで少し手仕舞います。
今日は、恒例の為替勉強会が午後1時より豊商事本社ビル9階にて開かれます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月6日火曜日

今日の東京時間では、輸出などの実需の円買いが出たようです。
ドル/円、クロス円での売りになっています。

円が買われるのと歩調を合わせるように、日経平均も利食いの売りに押されたようです。

特にユーロとポンドの売りが目立っていました。
ドル/円は、安値93.89まであったようですが、その後も94.00を挟んでの動きに終始しています。
ポイントになりそうな水準は、93.50と94.50でしょうか。どちらに抜けるかがポイントです。リスク的にはやはり下でしょうか。シカゴのIMMのポジションが大きく円ショートになったこともそうですが、投機筋の円ショートの積み上がりがリスクになってきました。

円の場合は、どうしても実需の壁が存在しますので、投機筋のポジションが積みあがってきたときは注意です。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。ただし、一部は93.94で手仕舞っています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

為替は調整気味で推移。
昨日の米国市場は、株式市場が休み明けで上昇。経済指標も強く(ISM)長期金利は一時4.01%をつけたようです。

ダウ指数は、前日比+46ドルの10973ドルの引け
原油は、+1.75ドルの86.62ドル
金は、+7.7ドルの1133.80ドル
10年債利回りは、+0.041%の3.986%で引けました。

為替は、小動きで調整色を強めたようです。
3/30付けのシカゴIMM通貨先物の残高を見ると、円がその前の週が円の買い持ちで+10,161枚でしたが、30日付けでは円の売り持ちで30,866枚となっていました。その後の動きを見るとさらに円売りを強めた印象があります。東京勢の輸出などの円買いを飲み込んだほどの金額だったことがこれで分ります。
先週の金曜日は雇用統計発表後にオカシナ動きが見れましたが、こういった投機筋が円売りを継続した結果かもしれません。もう一段の円売りも考えられますが、しばらくはもみ合いが続くと考えても良いかもしれません。もちろん、これだけのポジションになってきましたので、逆に円高リスクが出来たともいえます。シカゴの動きは目が離せなくなりました。

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。まだ軽いポジションですので、しばらく様子を見ます。
図式としては、相変わらずの投機筋対日本勢の実需といったところです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月5日月曜日

雇用統計は、予想通りの+16.2万人でした。しいて加えるなら中身が予想よりも改善されていたことでしょうか。つまり国勢調査の臨時雇いを除いた民間部門の新規雇用者数が+12.3万人だったことです。

発表直後は、とても不可思議な動き(薄い中での乱高下?)がありました。発表後の1~2分の間でしたが、直後に93.55がつき(売られた)、次が94.40、そして94.10と1分間に乱高下したようです。
最終的にじりじりと買われて高値が94.70まで、引けが94.60あたりでした。今日のシドニーで高値94.78まであったようです。

米国市場は、債券と為替以外はお休みでしたので、参加者も少なかったようです。
10年債利回りは、3.945%と4%目前まで迫ってきました。4%台にのせると株式市場にも調整の動きがあるかもしれません。

さて、少しドル/円を売っていましたが、94.65でも少し売り増しています。まだ軽いポジションですので、ここからさらに売るかどうか、思案投げ首です。ストップは95円台です。
しかし強い買いです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月2日金曜日

強風吹き荒れる東京ですが、市場の方も波乱含み?!

昨夜はスイス当局のスイス売り介入が入ったようです。これでユーロ/スイスは100ポイントほど上げています。これが背景か、ユーロが堅調になってユーロ/円も127円台です。
欧州勢は今日から連休ですので、休み前のポジション調整を期待していた向きには空振りだった印象です。
今朝方、銀行のオーダー状況をチェックしたところ、92円台半ば辺りから90円台後半までストップが並んでいました。上にも少しストップはありますが、実需の売りと合わせると売りが優勢かもしれません。
雇用統計は毎月のように乱高下しますので、やはり注意でしょうか。

私は未だポジションを作ってません。今夜の発表を見てから考えます。

ダウ指数は、前日比+70ドルの10927ドルの引け
原油は、+1.11ドルの84.87ドル
金は、+11.60ドルの1126.10ドル
10年債利回りは、+0.043%の3.869%でした。

株は世界的に上げています。株が上げている内は円も弱いのかもしれません。いずれにしても、今夜の数字で波乱は必至とみています。さて、どうなりますか・・・

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年4月1日木曜日

昨日の東京時間、昨夜の欧米と為替市場は結構動きました。

市場参加者の話を総合すると、以下のようなことが浮き出てきました。

先ず、仲値の直後の買いですが、機関投資家のヘッジ外しが出たようです。これまで3月に入ってから毎日のように買っていたところかどうかは分かりません。
次にロンドン仲値(東京のゼロ時過ぎ)にMSCI(米投資銀行の発表するインデックス)に基づくファンドのリバランスがあったようです。これによってこれまでの通貨ごとの比率が変わりましたので、買う通貨・売る通貨が結構な金額ででたようです。
結果からすると、円を売ってユーロ買う、あるいはポンドやスイスなども買ったのかもしれません。

これに加えて、前日のユーロ売りでショートになっていたところが、カットしたといったところかと思います。

さてここからですが、3月を通じて行われたヘッジ外しが一段落しましたので、ここからの円売りは他の要因になります。また海外勢などは円ショートをしっかりと作った印象があります。ヘッジを外した大手生保などがいつまたヘッジをかけるかもポイントになります。

私は、今のところポジションはありません。今日1日じっくりと考えてみます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

予想が+4万人のところマイナス2.4万人と下振れ、ドル/円は安値92.85まで。
ユーロはドイツの失業者数の改善が背景となってショートの買戻しが優勢になって上昇しました。
ユーロ/円は、チャートポイント(125.25あたり?)を越えてきたこともあって上昇しました。

私のポジションは30日に一旦ゼロになっています。

ダウ指数は、前日比マイナス50ドルの10856ドルの引け
原油は、+1.39ドルの83.76ドル
金は、+8.8ドルの1114.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.031%の3.826%でした。

今日から新年度、4月1日、また気合を入れて頑張りましょう!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社