2010年1月29日金曜日

しかも月末と言うことでもあり、このところの市場の動きから大きく動く可能性が出てきたようです。

別に驚かしているわけではありませんが、注意してください。

この背景は、やはりオバマ提案であると考えています。日本ではまだ対岸の火事(?)だと考えている方も多いですが、いろいろなところでじりじりとした動きとなっているように思われます。

去年から活気づいた株式市場、金や原油などのコモディティ市場、資源通貨や高金利通貨、ブラジル・中国・インドなどの新興国株式・通貨などなどは、レバレッジを効かした投資が積み上がっているわけですから、今回のオバマ提案の行方によっては、一部のポジション整理がさらに進むリスクがあります。

私は、ドル/円のショートを継続していますが、これとは別にポンド/ドルや豪ドル/ドルのショートも継続しています。まあ、私のポジション・トークではありますが・・・

良い週末を!

アジア時間の株高、ドル高の動きは、FOMC声明分、一般教書が背景となっていたようですが、内容が内容だけに(つまり驚きも無いということ)何ともはや、理解に苦しむものでした。
要は、短期筋のかき回しだけだったように感じていました。

米国の指標が(耐久財と失業保険申請件数)どちらも予想より弱かったために、発表後からそれまでのクロス円の上昇が反転した切っ掛けでした。とどめは、米国株式の失速でしたが・・

ダウ指数は、前日比マイナス15ドルの10120ドルの引け。
原油は、マイナス0.90ドルの73.64ドル
金は、マイナス0.90ドルの1084.80ドル
10年債利回りは、+0.002%の3.65%でした。

ドル/円は、欧州時間に高値90.56をつけましたが、NYでは89.62までありました。
クロス円も同じ様な動きでした。
根底にあるのは、やはりオバマ提案の行方とその影響でしょうか。
豪ドルの売り圧力もその表れと考えています。大きなポジション調整のリスクも考えておきたいところです。

このあたりのことは、今日の「FXデスマッチ」でだいまんさんとひろ子さんとお伝えすると思います。
「耳寄りな話」とスペシャル・レポートで(どちらも会員限定ですが・・)でもふれます。
一般の方には、来週の水曜日午後1時過ぎから、豊商事本社ビル9階でおこないます為替セミナーでお話できるとおもいます。時間の都合がつけば是非とも参加してみてください。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。それとポンド/ドルのショートも継続しています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月28日木曜日

株買い、ドル買いが強い動きとなっています。

オバマ大統領のスピーチに何かサプライズがあるのかどうか・・・だいぶ積み上がってきている印象もありますので注意したところです。
ドル/円は、90円台は順次売りオーダーがあるとも聞いています。上にいくほど金額は大きくなっているそうです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
待ちましょう!?


お知らせですが、来週の2/3の水曜日(節分です!)、豊商事本社ビル9階で為替の勉強会を行います。
興味ある方はHPから検索してみてください。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

一人、ホーニグ委員が、金利据え置きに反対したようです。これがドル買いに結びついたとの見方もあるようですが・・・
要は、短期筋が売ったり、買ったりしているだけではないでしょうか。あまり巻き込まれたくはないです。

ダウ指数は、前日比+41ドルの10236ドルの引け。最後の30分で押し上げた印象でした。
原油は、マイナス1.04ドルの73.67ドル
金は、マイナス13.80ドルの1085.70ドル
10年債利回りは、+0.025%の3.644%でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
当面は、レンジ内の動きが続くのでしょう。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月27日水曜日

昨日のS&Pの「ネガティブ」発表で、ドル/円が90.50まで買われましたが、その時に頭を押さえた(売った?)のが日本の輸出だったようです。日本勢のいわゆる実需が90円台で売る姿勢に転じてきたといえます。

つい2週間前までは、株は強気で為替も(ドル/円が)90以上での推移、場合によっては100円も年内にあるのでは(これは未だ可能性があります)といった向きが多かったようです。ところがオバマ大統領の提案から雲行きがおかしくなってきました。しかも年明けから発表される米国の経済指標も芳しくなく、特に個人消費の低調さが改めて意識されてきたようです。

このような展開の中で、期末を意識した動きも急を告げてきた印象があります。レパトリも為替の状況次第では表面化してくる可能性もあります。つまり先行きの円高リスクの台頭によっては、一気に過去のものを処分してくる可能性です。

輸出の方も、3月までの予約は順調に手当てしていますが、4月以降はまったくと言っていいほど進んでいないようです。2月に入ってくると背中を押される可能性もありますので、これも円高リスクと意識されそうです。

人間の心理から言って、90円台と80円台はたとえ1円の違いでも(90と89)大きく違ってくるようです。特に企業にとってはその差が収益に影響してくるために出来るだけ高い所で売りたいというのは理解できます。
怖いのは、こうした躊躇する人が多いほど、円高に加速するリスクが多いともいえることです。

今後の推移を考える上で、90円以上が売り圧力で重たくなってくる可能性を意識したいと考えます。もちろん、私はドル/円のショートを継続していますので、偏った意見でしょうが(ポジション・トーク)割り引いても円高リスクを考えざるを得ません。                         

                                           以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比マイナス2ドルの10194ドルの引け。一時+80ドルあたりまで買われたのですが・・
原油は、マイナス0.55ドルの74.71ドル
金は、+2.70ドルの1099.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.017%の3.609%でした。

日中の上げ下げは結構あったようですが、終わってみれば前日比ほぼ変わらずの米株でした。
オバマ・ショックの後遺症はまだありそうです。

ドル/円は、乱高下しました。アジア時間からの上げ下げがきつかったです。
東京の午前中に90.56までつけたのは、日銀による更なる緩和策期待でした。昼前には中国の預金準備率引き上げで89.53まで。午後4時にはS&Pの日本国債を格下げとのニュースで、再び90.50まで。
NY市場のお昼頃に89.35の安値をつけて戻して89.74、現在が89.60となっています。
同じ様にユーロ/円も翻弄されています。他かね128.38で安値125.67、現在が126.10となっています。

明日の未明にはFOMCの声明文がありますので、注目しましょう。従来からの内容と比べてあまり変わらないものが期待されますが、今の市場はネガティブなものに反応しますので、先行きの出口戦略が見えると逆にクロス円が売られるかもしれません。つまり「ドル高円高(?)」。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月26日火曜日

日本国債をネガティブに変更との話が飛び込んできました。

今日はいろいろな話が出てきます!

ということで、クロス円(ユーロ/円?)を主体に売り込んでいたところがまたまた切らされているようです。この手の話は一時的なものと考えられますが、手負いの獅子にはかないません。

もともと、日本国債は海外勢がほとんど保有していないために、国債売り=円売りの図式は成立しません(しても少しでしょう)、従って手負いの獅子がドタンバタンするだけと思います。

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

何やら雲行きのおかしい動きになってきました。

どうも背景は、中国が預金準備率を上げるとかの話のようです。公式発表が未だなのですが、市場は反応しています。出所は中国の銀行のようですが、確認は出来ていません。

午後の日銀発表の前に仕掛けていた向きが切らされているように見えます。株式や為替は敏感に反応しています。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

活発に動いているようです。

ドル/円、クロス円の買いのようです。日経平均もシカゴの引けに比べて高く寄り付いていますので、同じような背景かもしれません。

今日は、日銀の政策決定会合の最終日で、海外勢がサプライズを期待しての動きと思われます。

海外勢にとっては、菅財務大臣にしろ白川総裁にしろ、とても頼もしい存在らしいです。
元々、海外勢は円を売りたい、日本株を買いたい、その背景はデフレ退治への政策協調があるようです。もちろん、政府・日銀は全力を上げて取り組むものと思いますが、なかなか即効性の在る手段はなさそうです。
白川さんのコメントは、英訳されたものでは、とても強いトーンになっているそうです。これは我々、日本人とは違った印象なのかもしれません。

多分、金利は据え置きでしょうが、午後3時半に予定されている記者会見でのコメントまで「円売り・株買い」を継続するのかもしれません。

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

FOMCの前なのか、オバマ・ショックの後遺症なのか、市場は小動きになっています、

ダウ指数は、前日比+23ドルの10196ドルの引け
原油は、+0.72ドルの76.26ドル
金は、+6.00ドルの1095.70ドル
10年債利回りは、+0.019%の3.627%でした。

ダウ指数もオープン直後は、一時80ドル以上の上げとなったのですが、終わってみれば+23ドル。原油や金も同じで、自律反発程度といえます。
オバマ提案も具体的なものがなく市場は疑心暗鬼になっているようです。さもありなん、不確実なものに対する自然な反応です。
今日から始まるFOMCも注目ですが、バーナンキ議長の再任も非常に微妙との話になっていますし、不確実性の高い状況です。

個人的には、世界中の株式の調整が続くと考えてますし、日本の期末要因から円高リスクも高いと思ってます。ポジションは、ドル/円のショート継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月25日月曜日

バーナンキ議長の再任の目処が立ったからのようです。

ドル/円は、90.30以上で取引されて始まったようですし、ダウ指数先物も先週末の引けから40ドル以上上げて始まりました。日経平均もしかりです。

ドル/円だけは、元に戻ってきましたが・・
バーナンキ議長の再任もその差が1~2票と言う事ですから、まだまだ何が起こるかわかりません。特に政治家の場合は地盤の空気が左右しますので、まだまだ波乱含みではないでしょうか。

明日からFOMCも始まります。金利据え置きとは思いますが、投票が割れたり、引き締めへの思惑が高まるといった事になりますと、株式市場への影響も心配です。同じ様に春節を前にした中国の動向も注意です。もう一段の引き締め策も可能性があります。

以上のような株式や債券市場への影響が考えられる週ですので、その動きによっては為替市場への影響も考えられます。といってもドル/円のショートは継続ですが・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

市場全体を覆っています。
為替市場だけでなく全ての市場で調整色が強まってきました。

ダウ指数は、前日比マイナス216ドルの10172ドルの引け
原油は、マイナス1.54ドルの74.54ドル
金は、マイナス13.50ドルの1089.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.014%の3.599%でした。

コモディティ、株式などが調整で下落したために、債券買いが入り利回りが低下しました。
また、バーナンキFRB議長再任の難航も不安心理を煽っているようです。なんとか再任になると思ってますが、万が一ともなれば、株式市場の波乱は必至となるでしょう。注意です。

ポジションは、ドル/円のショート継続してます。
感覚的には、全体にドル売りが強まると思ってます。特に対円で。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月22日金曜日

じりじりとクロス円が反発しています。

最近の市場の特徴(?)と思われるジトジトした動きで一定の方向に動いていくのが、また始まった印象です。この動きが最後まで続くとも思えませんが、短期筋のクロス円ショートの連中が、引っ繰り返しているのかもしれません。
最終的には、やはりNY市場が開いて見なければ何ともいえません。しかもNY市場の引けにかけて同動くか、でしょうか。

昨日の今日ですので、ある程度の反発は予想できます。怖いのは最後に失速する場合でしょうか。
昨日のニュースは、実現性の問題もありますが、大統領の提案として発表されたものですから、それなりに身構える事も必要でしょう。
米英の金融立国が、何やらその座を降りてくる印象になりますが、どうでしょうか。
そうするとますます中国の存在が表に出てきそうです。

年が明けて、やっと3週間が過ぎましたが、激動の年明けになってきました。
日本勢の期末要因もありますので、今後も乱高下は必至(?)なのでしょうか。

ポジションは、相変わらずドル/円のショート継続です。
それでは、、皆様、良い週末を!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

市場が大きく動きました。この規制の話は日本の新聞にも出ていたもので驚きはなかったのですが、市場の反応は大きかったようです。もちろん、そのほかの要因も加わってのことと思います。
一つは、中国の昨日の指標の発表後の株式市場の動き(香港株式はほぼ安値引け)、米国の指標が芳しき無く追い討ちをかけたことなどです。
さらにドル/円の大きな下げも、安値90.11をつけたのが東京時間1時55分でしたので、例のロンドン仲値あたりだったといえます。ということは、ひょっとすると三井住友の増資に対する円買いも含まれていた可能性があります。
昨日のアジア時間からNYの朝方までじりじりと円売りが続いていた事を考えると短期筋のストップもあったのでしょう。いずれにしても再び90円割れになるかどうかとなってきました。

ダウ指数は、前日比マイナス213ドルの10389ドルの引け
原油は、マイナス1.66ドルの76.08ドル
金は、マイナス9.40ドルの1103.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の3.597%でした。

市場のリスク回避への動きは急です。債券買いと株売りに端的に表れています。
さあ、ここからが正念場です!頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月21日木曜日

ドル高、株安となった1日でした。

株安はリスク回避からクロス円の売りの図式が今回も健在です。

ユーロ/ドルは、安値1.4080まであったようです。豪ドルも安いですが、反面円やポンドなどは健闘しています。ユーロの独歩安といった展開です。
ユーロ/ポンドは、0.86台半ばになっていますし、ユーロ/円も128円台半ばです。

株安からのドル買いが対ユーロに一気に出ている印象です。とりあえず、1.40を割れるかどうかがポイントになりそうです。

さて、ダウ指数は前日比マイナス122ドルの10603ドルの引け。一時は200ドル近いマイナスでした。連日(先週の金曜日から)100ドル以上の乱高下となっています。これが何を意味するのか・・・
原油は、マイナス1.40ドルの77.62ドル
金は、マイナス27.40ドルの1112.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.039%の3.653%でした。

今日は、再び中国から盛りだくさんの指標の発表が東京時間午前11時頃に予定されています。好調な数字の予想となっていますが、これが逆に先行きの引き締め懸念になりそうです。

昨日は、日中はユーロ/ドルの短期売買に精を出していましたが、今日はどうしますか。ドル/円のポジションは、継続しています。

さあ、今日も頑張って行きましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月20日水曜日

昨日のユーロ/ドルの下落では反応しなかったダウ指数でしたが(ドル買いに株高の反応でした)、今日のユーロ/ドルの下落には反応しています。これが何を意味するのかですが、まだアジア時間と言う事もあって、早とちりには気をつけたいところです。

邪推を続けると、強引なストップの執行になりましたが、ユーロの下落がさらに続くリスクを市場が考え出したかもしれません。

全体では、ドルが堅調ですが、ポンドもこのところ堅調です。一番弱い通貨がユーロということになりますので、ユーロ・クロスは総じて売られています。豪ドルも弱いです。

米株との関連性は、今夜まで待たないと何ともいえません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

安値1.4180まであったようです。1,4250にはオプションのトリガー(引き金?)で売られたようですが、その後は順次ストップが1.4190あたりまであったようです。強引につけた印象でしたが、どうでしょうか。

ドル/円もつられて買われましたが、昨夜の高値91.27までと昨夜の高値と同じでした。

ユーロ/円も129円台半ばになってきました。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ZEWの指数が予想より悪かったことから始まりました。ユーロ/ドルは一時安値1.4252まであったようです。1.43台半ばから1.42台後半にかけてあった買いオーダーをすべてつけたようです。ユーロ/ドルは、1.4200を割り込むとストップがあるので走りそうです。まだレンジだと考えたいのですが・・・

さて、ダウ指数は、前日比+115ドルの10725ドルの引け。休日前の下げた分を全部取り戻して引けたようです。
原油は、+1.02ドルの79.02ドル
金は、+9.50ドルの1140.00ドル
10年債利回りは、+0.027%の3.702%でした。

今日は、ゴト日ですので、仲値にかけてドル買いがいつもより多いことも考えられます。
ドル/円は、90円台前半から92円台前半までのレンジ内の動きになるかもしれません。ユーロ次第ともいえますが、どうでしょうか。
私のポジションは、ドル/円のショート継続しています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月19日火曜日

終わりそうです。

相変わらずドル/円のショート継続してます。一部は89.80前後で一旦の手仕舞いと考えます。ストップは変わらず92円台前半です。

さて、毎月の為替勉強会ですが、今月はありませんが来月の3日(水)に豊商事本社ビル9階で行います。
時間は午後1時から2時半を予定してます。時間の都合がつく方は、是非参加してみてください!

それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

小動きと言ってしまえばそれまでですが、何やらドルの頭の重い展開とも見えます。

90円台は買いがそこそこ入っているために、この水準に留まっているようです。つまり買い手は指値で売り手は成り行き(?)でしょうか。
考えられる円買いは、来週の27日に払い込みがある三井住友FGの増資にからむ海外調達分。全額は円買いにならないでしょうが、4000億円以上予定されています。
それと3月末までに円買いになる海外支店からの利益や配当金の手当てでしょうか。この時期はまだ早いとも思いますが、手当てを先にやっておくとすると1月あるいは2月にも出てきます。市場の空気次第ですが・・

昨日、帰る前にユーロ/ドルを買い戻していますので、ポジションはドル/円のショートだけになっています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月18日月曜日

1.4382で一旦、ポジションはゼロにしました。

現在のポジションは、ドル/円のショート継続です。

今日は、米国市場がお休みですので、あまり動かない事を期待して帰ることにします。
それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比マイナス100ドルの10609ドルの引け
原油は、マイナス1.39ドルの78.00ドル
金は、マイナス12.50ドルの1130.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.064%の3.674%でした。

前日の小売売上げの予想外のマイナスから一夜明けましたが、JPモルガン・チェースの決算が個人部門の赤字と言う事で、今更ながら個人部門(消費?)の脆弱さに市場の焦点が集まっているようです。
JPMCも全体の利益は予想を上回りましたが、相変わらずの市場取引と法人部門の利益にかかっていることが危うさを与えた印象でした。今週も決算発表が相次ぎますので注目です。

為替は、難しい水準に差し掛かってきました。ドル/円の90円台は、89円台が心理的な壁になりそうですし、ユーロ/ドルも1.42台の底堅さと1.45台の頭の重さに挟まれています。
といっても私のポジションは、ユーロ/ドルとドル/円のショートを継続しています。

今日から日本の国会が始まります。政治資金の問題で荒れる事が予想されます。為替には影響がないと考えますが、ここまで一本調子に上げてきた日本株式にも調整の波がありそうです。

さて、今週はもみ合いになりそうですが、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月15日金曜日

ドル/円は、一旦90.95で手仕舞いましたが、再度91.25で売り直しています。
ユーロ/ドルはショート継続です。

今夜は、YMTV「本音で・・・」の生番組があります。公開番組ですので参加してみてください!
私とひろ子さんとで60分です。楽しい番組になるように心がけていますが、それもやはり皆様の参加があってのもです。いつものように皆様とのキャッチボールが出来れば嬉しいです。

もう一つのブログには、もう少し細かい取引の内容があるのですが、なかなかこちらにアップする時間がなくて申し訳ありません。
今週もだいぶ煮詰まってきましたが、それにしても年が明けてから未だ2週間(!)、本当に良く動きます。
今週もありがとうございました!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

少し見えてきたようです。92円以上は実需を含めて売りが控えているようです。逆に90円台は未だ積極的に円買いに動く気配になっていません。
ただし、今回の円売りの流れの中では、90円以上で相当な円売りを仕掛けていますので、一旦90円を割れると大きなカットも想定できそうです。

欧州時間でクロス円の買い(円売り)の流れで、ドル/円は一時92.05をつけました。同じ様な時刻にユーロ/ドルが1.4557をつけました。NY市場のオープン前に若干調整されていましたが、経済指標の発表で12月の小売売り上げが予想より悪かったことからクロス円の売りが出ました。多分、ポジションのカットだったと思われます。

ダウ指数は、前日比+29ドルの10710ドルの引け
原油は、マイナス0.26ドルの79.39ドル
金は、+6.20ドルの1143.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.049%の3.742%でした。

ドル/円を一部、90.95で買い戻しました。また反発してくれば売り直します。
それと、ユーロ/ドルを1.4535で売りました。形の上ではユーロ/円のショートになっています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月14日木曜日

ドル/円のストップが91.60あたりにあったのでしょうか、昨夜の高値91.56を越えると弾みがつきました。

中国株が若干買われてオープンしたのも背景かもしれません。

昨日も狭いレンジ内の取引でしたので、サプライズはありません。中国株もひけまで見ないと何ともいえません。ということで、ポジションはドル/円のショート継続です。

今日は例の集まりがありますので、午後3時過ぎの書き込みは出来ません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

米国株式は堅調といった昨夜の市場でした。

ダウ指数は、前日比+53ドルの10680ドルの引け
原油は、マイナス1.14ドルの79.65ドル
金は、+7.40ドルの1136.80ドル
10年債利回りは、+0.078%の3.789%でした。

ドル/円は、東京時間の11時前に安値90.91、NYの午後に高値91.56、現在は91.40あたりです。
ユーロ/ドルは、これも東京時間の1.4356が安値でNY市場のオープン前に高値1.4580、現在が1.4508あたりです。

これといった材料も無く、小動きでしたが、とりあえず中国の預金準備率引き上げは織り込まれたといえます。この先に中国市場でバブル破綻にまでつながるかどうか、あまり起きそうもありませんが、ガス抜きていどでしょうか?!
明日から始まる米企業の決算発表が当面の焦点です。日本の政治問題(小沢・鳩山)は、どう発展するかですが、為替への影響はあまり考えていません。
市場のオーダー状況ですが、円もユーロもドル買いの方向にストップが見えてきました。同じ様にドル売りもありそうですので、あとは市場のポジションの偏りだけです。偏りもそれほどともいえませんが、ユーロやポンドはシカゴの残高を見る限り、ドル買いにリスクがあるようです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月13日水曜日

ドル/円を仲値近辺で売っています。

クロス円の売りでも良かったのですが、ドル/円にしました。コストは91.30です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

市場が乱高下した印象です。

先ず、昼前の政府系ファンド要人の発言でドル/円が91円台後半から92.43まで買われた場面でした。次が中国の銀行に対しての預金準備率0.5%の引き上げでした。
特に後者の場合、これまでの余剰資金が不動産や株式市場に流れていたことからの調整を連想させることから一気にリスク回避の動きが出た印象です。

具体的には、ズルズルと売られたドル/円、日経平均先物もズルズルと下げました。
ドル/円は、安値90.73まであったようです。

ダウ指数は、前日比マイナス36ドルの10627ドルの引け
原油は、マイナス1.73ドルの80.79ドル
金は、マイナス22ドルの1129.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.103%の3.715%でした。

私のポジションは、ユーロ/ドルが指値1.4545で売れました(高値は1.4546!)ので、ポジションはゼロです。ドル/円は、売ったり買ったりしていましたが、朝方90.99で少し買いました。これはヒット・アンド・ランですので、長く持ちません。

注目は、日米の株価動向でしょうか。中国株式もそうですが、調整局面を迎えるとすると為替市場もその波を被ることになります。慎重に大胆に立ち向かいたいところです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月12日火曜日

ドル/円の方向感を持てません。いま少し時間をかけて考えたいと思ってます。

従って、ドル/円は当面「ヒット・アンド・ラン」で臨みます。
ただし、ユーロ/ドルのロングは継続しています。なにやら矛盾しているようですが、致し方ありません。

朝方に書きましたようにシカゴのポジションを見ても、ドルはほぼゼロになっています。その割りに豪ドルとカナダのロングは一定の水準を保っていますし、逆にユーロやポンドのショートもある程度積み上がっています。円は、少しショートが増えてきましたが、先週末の雇用統計後に変動があったかもしれません。

まあ、のんびり行きましょう(!)。まだ新年が明けたばかりです!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

仲値近辺から円買いが目立っていましたが(輸出?)、91円台後半の水準で、中国の政府系ファンドの方から「ドルは底を打って、これ以上の下げは限られている」との発言があり、急激に戻しました。

ポジション・トークでしょうが、少しショートになっていたので流れが全体にドル買いになってきました。

ポジションは、ユーロ/ドルのロング継続してます。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

シカゴIMM通貨先物の5日付けの残高は、


豪ドル    +10,577枚    +47,108枚
カナダ       207 40,196
スイス      4,271     -2,780
ユーロ    - 1,991     -35,788
ポンド    - 4,089     -33,564
円      - 1,928     -16,811

米ドル    -7億8千万ドル   +8億7千万ドル

となっています。
米ドルで見れば、ほぼ均衡しています。強い通貨は、豪ドルとカナダで弱い通貨はユーロとポンドと色分けが出来ています。円も弱い通貨に入っていますが、残高ではまだそれほど大きくなっていません。

                                            以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

発表後の動きを見ればサプライズだったといえます。市場の予想はプラスになっていたのですか・・

それにしても発表後の値動きも大きく上下動を繰り返したといえます。発表前にドル/円は93.48まで買われていましたが、発表後92.30まで一気に売られ、反発して92.90まで。再び失速して92.27、反発して93.26、失速して92.17そして92.66で引けました。昨日の休日は、再び売られて92.17反発して92.67,
NYの昼頃に91.81の安値をつけて現在が92.10あたりとなっています。

それにしても激しい上下動でしたが、全体にドル売りになっていたのは、それまでにドルの買い持ちが増えていた事が背景だったといえます。

ダウ指数は、前日比+456ドルの10663ドルの引け
原油は、マイナス0.23ドルの82.52ドル
金は、+12.50ドルの1151.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.018%の3.812%でした。

ドル/円のショートは発表前から指値で出していた(92.80)ので、あっというまに出来てしまいました。その後の反発で売れたのですが、何もせずでポジションはゼロのままです。ユーロ/ドルは、ストップの1歩前まで行きました(1.4264安値!)が、そのまま継続しています。目標は1.46ですが、その手前で一旦の手仕舞いも考えています。
ドル/円は、下がったら買ってもいいのではないでしょうか。91円台は一旦の買い場でしょう。売りも93円台といえますが、雇用統計後のポジションがどうなっているかもう少し考えます。

さて、新年になってやっと2週目に入りましたが、この動きの激しさには参ります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月8日金曜日

円が少し持ち直してきました。

昨日の菅財務大臣の記者会見での発言を受けて、「閣僚は市場のことについて発言を慎むべき。95円といったのはあくまでも経済界の話としてのもの」とのことです。
我々には当たり前の事ですが、海外勢には少し違ったニュアンスで伝わった可能性もあります。

まさか米国辺りからクレームがついたのではないでしょうが?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

日本人からするといつもの発言内容に思われたのでしたが、海外勢は飛びついたようです。さしたるもどしもなくじりじりと円安に動いています。
私のストップもつき(93円台前半)、完敗でした。
ユーロ/ドルのロングは継続していますが、これもストップは近いです(1.4250)。
「菅財務大臣の威光?」と書きましたが、冷静に見れば市場の空気が素直に反応したといえます。直前に昨日の安値92.11をつけていたので、引っ繰り返しも相当出たようです。

さて、昨日の海外市場ですが、
ダウ指数は、前日比+33ドルの10606ドルの引け
原油は、マイナス0.52ドルの82.66ドル
金は、マイナス2.80ドルの1133.70ドル
10年債利回りは、+0.002%の3.824%でした。

さて、今夜は米国の雇用統計です。
まだまだ市場は乱高下必至です。頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月7日木曜日

毎日がシーソーのように変わりばんこに動いているようです。
特にクロス円が主体になっているような印象です。
海外で大きくクロス円が円高方向にぶれたところから始まり、ユーロ/円などは131円台前半まで行ったのが逆に振れると133円台円半まで、そして現在が132円台半ばとなっています。

今後もこの傾向は続くと見ます。
さてさて、菅財務大臣の記者会見が始まったようですが・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル安・円安傾向を強めています。

昨日のドル/円の買いも、年金などの機関投資家が91.60~92.00にかけて買っていたという話になっています。どうりで執拗な買い方だった印象でした。今日も92.00以下に買いがあるといううわさもありますが、そのあたりからストップも並んでいるようです。
彼らがまだ買うのかどうかがポイントになります。もしなければドル/円は主体性の無い取引に終始しそうです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

終わってみれば、最近のレンジ内の乱高下だったといえます。

ポジションは、ドル/円を92.25で手仕舞いましたが、再び92.48で売りましたので、変わらず。ユーロ/ドルのロングも継続しています。

ダウ指数は、前日比+1ドルの10573ドルの引け
原油は、+1.41ドルの83.18ドル
金は、+17.80ドルの1136.50ドル
10年債利回りは、+0.061%の3.822%でした。

注目のADPは、マイナス8.4万人と予想のマイナス7.5万人を上回りました。ISM非製造業景況指数も予想の50.5を下回る50.1でした。これであとは金曜日の雇用統計となります。

先月のFOMC議事録が公表されましたが、内容は慎重な見方が大勢を占めている印象でした。市場が楽観的に先取りしている分、FRBの慎重さは好感が持てます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月6日水曜日

ECの要人発言でタイトルのような話が出たようです。
これでお決まりのユーロ売りとなり、1.4350辺りから1.42台後半まで売られました。今は1.43台前半でもみ合っています。これまでも例の「PIGS」ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペインの財政破綻の話は盛り上がっていましたが、いよいよECからの離脱も視野に入ってきたのでしょうか。
ドイツやフランスも例の3%ルールを守っていませんし、一定期間の猶予をもらっている有様です。こうなるとEC自体の存続問題にもなりかねません。
そういったことがこのユーロ売りに結びついているといえます。

私もユーロ/ドルのロングを持っていますので、困りました。ストップがついたら撤退です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

一転して買いに回っているように見えます。
短期筋のドッタンバッタンかもしれません。

これといったニュースもありませんので、このような短期筋の動きだけが背景のような印象です。
ポジションは、ドル/円のショートとユーロ/ドルのロング継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

円だけが動いた印象です。
クロス円が売られて帰ってきました。

ダウ指数は、前日比マイナス11ドルの10572ドルの引け
原油は、+0.26ドルの81.77ドル
金は、+0.40ドルの1118.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.061%の3.755%でした。

4日の初日にポジションを作ってそのままだった印象です。例外はクロス円でしょうか、ドル/円が昨年末に93円台で引けたあとズルズルと下落して91円台となったことが背景ですが、やはり日本勢の実需のパワーに押されたようです。4日の輸出の売り、昨日の大手証券のクロス円の売りとなっていました。
ここからが難しいですが、雇用統計までこの水準を保つ可能性がでてきたようです。

ポジションは、ユーロ/ドルを軽く買いました。ストップは1.4250で目標は1.47あたりです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月5日火曜日

91.90で仕切りました。ヒット・アンド・ランですので、軽くやっております。

ユーロ/ドルは、高値1.4485辺りまでつけたようです。
市場のうわさですが、ドル/円の91.60あたりに日本からの買いがあるそうです。本当かどうか分かりませんが、市場は敬意を表して2度めの91.70以下は売ってきませんでした。これに救われた格好でしたが、とりあえず一安心。

ここからはちょっと難しい印象です。
多分、今日はこれで終わりにするつもりです。東京市場が今日のように動くと疲れます・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

反応したようです。8千億円、これで日経平均が売られて、海外調達分の円買い(?)に反応したようです。ポジションがだいぶ溜まっていた事もあったのでしょう。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円が91.80あたりまでつけたようです。クロス円の売りが断続的に出ている印象ですが、これまでの円ショートを手仕舞ってきているのでしょう。

ドル/円を少し買いました、91.88です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

92.20前後で買い戻しました。

大手証券会社のクロス円の売りが出ているそうです。
ヒット・アンド・ランと言いながら、チョッと長めのヒット・アンド・ランでした?!

さて、ここからどうしますか・・・


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨年の12月29日付けの残高推移は、以下の通りです。

       前週からの増減   残高

豪ドル    +4,106枚     +36,531枚
カナダ    +17,288     +39,989
スイス    -2,483      -7,051
ユーロ    -19,470     -33,797
ポンド    -4,898     -29,475
円      -13,892     -14,903

米ドル    +44億7千万ドル  +16億5千万ドル


これを見ても投機筋のポジションの変化が明白であり、海外勢がドル売りからドル買いに変わったことが展開にも表れていたと言えます。特に円は5万枚以上の円ロングでしたが、1.4万枚の円ショートになっています。合計で100億㌦近い買いが出たともいえます。

注目の経済指標は、ISM製造業景況指数が55.9と予想の54.3を上回りました。これがすべてといっても言いのですが、年末に120ドルのマイナスで終わったダウ指数が大きく反発して新年を始めたことが背景となってのドル売り。つまり年末は株式の下落でドル買いだったことの逆転といえます。

ドル/円は、安値92.18を深夜0時50分につけました。高値は欧州時間の初っ端の93.22でした。
ユーロ/ドルは、円の高値と同じ時間に1.4456でした。
とりあえず93円はいいところだったといえます。

ダウ指数は、前日比+155ドルの10583ドルの引け
原油は、+2.15ドルの81.51ドル
金は、+22.10ドルの1118.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.016%の3.819%でした。

昨日の93円台でのショートは継続しています。金額は目一杯の6割程度ですが・・
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2010年1月4日月曜日

ユーロ/ドルが1.43を割り込んできた動きにつられるように93円台をつけたドル/円でしたが、ユーロほどは円が売られなかった印象です。若干、クロス円の売りになっているのかもしれません。

ユーロ/ドルは、1.4250から1.4200の間にはそこそこ買いオーダーが入っているようですが、1.42割れはストップとのことでした。
ドル/円は、朝方93円台に載せたところから、輸出の売りが出たようで安値92.70をつけました。反発して93.09まで、現在は92.90あたりです。

ストップがついたので、しばらくはヒット・アンド・ランで臨みます。
93.05で少し売っています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

さて、新しい年になりました。大晦日も海外市場は通常通り開いていました。ドル/円も93円台を見たことで、海外勢の円売りは変わらずとなっております。

残念ながら、私のストップがつきましたので、ポジションはゼロです。
それにしても執拗な円売りが続いています。

今年は、この流れが大きな流れになるのかどうか・・あるいはもみ合いが続くのかということが意識されます。暫くは、様子見とさせていただきますが、機を見て飛び乗ることになると思いますので。

なにをはともあれ、今年もよろしく!お願いします!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社