2010年9月9日木曜日

先ず1つ目は、日本からで、午前中に開かれた衆議院財務金融委員会での野田財務大臣と白川総裁の発言でした。特に財務大臣から「介入」と言う言葉がでたことが大きかったといえます。これに付随して、夕方になって日銀によるレート・チェックのうわさがあったようです。これで短期筋がショートを切らされてNy時間に84.05までつけました。
2つ目は、懸念されていたポルトガル国債のの入札が順調だったことでユーロの買戻しが入ったことでした。ユーロ/円は、東京時間の安値105.80から107.13の高値まで反発しました。

以上のような背景がありましたが、84円以上の売りもしっかりでした。こうした反発局面で押し上げ介入でもあれば別ですが、とりあえずの買戻しといえます。
ただし、現在の83円台が当面の底になる可能性も出てきたと言えます。もちろん介入を前提にした話ですが。後は、14日の代表選の結果が大きなポイントです。それと米国経済の堅調さが出てくれば状況は大きく変化すると考えます。
ポジションは、ドル/円のロング継続です(ポジション・トーク?)。

ダウ指数は、前日比+46ドルの10387.01の引けでした
原油は、+0.58ドルの74.67ドル
金は、マイナス1.80ドルの1257.50ドル
10年債利回りは、+0.054%の2.648%でした。

さあ、台風一過、今日も頑張って行きましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社