2010年7月23日金曜日

上院での議会証言を契機に、株安・円高となった流れが欧州時間から反転してNY時間には大きく反発しました。
後付コメントを見ると欧州と米国の経済指標が良かったことが上げられていました。
NY市場の引けからアジア時間にかけて大きくポジションを傾けていた(クロス円の売り?)向きが、切らされたといったところでしょうか。
証券大手の投信設定もありました(円売り)ので、そのあたりも理由として考えられます。

例に集まりがあったので昨日は午後3時から3時半までの間に、豪ドル/ドルを買って、ドル/円のロングを豪ドル/円のロングにしたのがヒットでした!久し振りのヒット?!
ということで、ポジションは豪ドル/円のロングを継続しています。

ダウ指数は、前日比+201ドルの10322ドルの引け
原油は、+2.74ドルの79.30ドル
金は、3.80ドルの1195.60ドル
10年債利回りは、+0.05%の2.928%の引けでした。

もう一つ加えると、昨日の中国株の堅調さが目に付きました。欧米市場の軟調さを受けても前日比+で引けた中国株は(特に上海)底を打った可能性があります。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社