2010年3月9日火曜日

東京時間も欧米時間も、ドル/円は90円台前半の動きでした。
思うに、市場のポジションが大きく調整された影響からだと。つまり先週の火曜日付けでのシカゴの円ロングが1週間で3万枚増加したわけで、いってみればこれがきれいになったことが主因で88円台から90円台まで反発したのではないでしょうか。
90円台という事で、やはりドル/円を売ってみても買戻しの圧力がまだ残っているために、このような90円台前半での動きになっていると考えます。徐々にこなれて来るのでしょうが、今のところは90円割れは買いで、90.50以上は売りというところでしょうか。あまりアイデアはありません。

ダウ指数は、前日比マイナス13ドルの10552ドルの引け
原油は、+0.37ドルの81.87ドル
金は、マイナス11.20ドルの1124.00ドル
10年債利回りは、+0.029%の3.708%でした。

ギリシャ問題も、既報の通りEU基金の創設でけりがつきそうです。安全弁ができることで不安感は一応払拭できそうです。次は、日本の金融緩和が打ち出されるかどうか。日銀の行動に注目が集まります。この辺りが円売りの背景になっているようです。

当面は、小動きを予想しますが、どちらかに動いてから考えましょう。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社