2010年2月23日火曜日

ことは出来るが、馬が水を飲むかどうかは分からない。

これは今日の月例経済会議での白川日銀総裁の語った話だそうです。
なかなか味のある話です。政府閣僚の質問に答える形で出たようです。同時に総裁は、政府は成長戦略に対してのシナリオを明確化するように求めたとのこと。

これまでは、財務相から日銀のさらなる金融緩和での支援を求めることが多く、デフレに対しても政府の関与よりも日銀に非があるような表現でしたが、さすがに白川総裁です。確信を突いています。

これを受けて早急に政府は成長戦略を発表すべきですし、それに呼応するように日銀も援護というよりも一段の踏み込んだ政策発表を行う事になる事を期待します。

状況によっては、為替市場への波及もあると考えています。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社