2010年1月25日月曜日

バーナンキ議長の再任の目処が立ったからのようです。

ドル/円は、90.30以上で取引されて始まったようですし、ダウ指数先物も先週末の引けから40ドル以上上げて始まりました。日経平均もしかりです。

ドル/円だけは、元に戻ってきましたが・・
バーナンキ議長の再任もその差が1~2票と言う事ですから、まだまだ何が起こるかわかりません。特に政治家の場合は地盤の空気が左右しますので、まだまだ波乱含みではないでしょうか。

明日からFOMCも始まります。金利据え置きとは思いますが、投票が割れたり、引き締めへの思惑が高まるといった事になりますと、株式市場への影響も心配です。同じ様に春節を前にした中国の動向も注意です。もう一段の引き締め策も可能性があります。

以上のような株式や債券市場への影響が考えられる週ですので、その動きによっては為替市場への影響も考えられます。といってもドル/円のショートは継続ですが・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社