2009年12月30日水曜日

誠にありがとうございました。

あっという間の1年でしたが、例によって悲喜こもごもといった1年でした。
このブログを書き始めて、およそ2年と2ヶ月弱が過ぎた事になります。当初は、いつまで続く事やらと気楽に書いていたのですが、徐々にアクセス件数も増えて、簡単に休めない気持ちになっています。
この間、多くの方の叱咤激励を受けてここまでやってきましたが、今更ながら皆様の暖かい励ましに支えられて続けてこられたことを痛感しております。

ディーリングとは、孤独な作業です。誰に褒められるでなく、結果の数字が全てですので、正直に数字に向き合わざるをえません。このブログは今月一杯で投稿欄を閉鎖しますが、皆様とのエールの交換が出来なくなる事はまたしても痛恨の極みです。ご存知のように今月の8日から始めた「コウカイ日誌」では、丁々発止、意見交換を続けています。二股をかけての投稿欄への関わりが物理的にも無理があるとの判断でしたことはご理解ください。
「本音で・・」のブログは今後も継続します。引き続きご愛顧を賜ります事を願っております。どうぞよろしくお願いします。新しく始めたブログの方は、まだまだ改善の余地がありますがもう少し時間をいただく事になりそうです。

個人的には、今年はまずまずの年だったといえます。残念なのは12月に入ってから少しやられたことでしょうか。ただし、来年の3月末が私の年度末ですので、あと3ヶ月あります。もう一踏ん張りしますので、年が明けましても変わらずのお付き合いのほど、オン願い上げ奉ります~。

皆様には、良い年となりますように!来年もよろしく!

以上、ご挨拶でした。この後も5時過ぎまでいますので、書き込みが出来るかもしれません?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

欧州時間はドル売りの流れが支配的でしたが(円を除いて)、NYに入ると一転してドル買いに転換。

最初は、ユーロ/ドルが買われて高値1.4459(東京時間21:55頃)までありましたが、その後失速して1.4332(1:35頃)まで。
切っ掛けは、ドル/スイスの大口の買いにあったようです。スイスと聞きますとスイス中銀の介入(?)と思われますが、昨夜はBIS(国際決済銀行)のドル/スイスの買いだったようです。1.0310あたりで買いを入れて少しずつ買っていたようですが、一気に1.0350まで買いを入れて押し上げたようです。
すわ介入と思った人もいたようですが、BISは過去にも市場に直接入って普通の取引をしていましたので今回もなんらかの取引に絡んだものと思われます。間違っても介入はありえません(断言します?)。
それと目立ったのはポンドの弱さでしょうか。これは例の英国債の格下げの話が蒸し返されたようです。

ダウ指数は、前日比マイナス1ドルの10545.41ドルの引け
原油は、+0.10ドルの78.87ドル
金は、マイナス9.80ドルの1098.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.035%の3.805%でした。


ドル/円は、高値92.08まであったようです。この上にも売りオーダーが並んでいますが、市場の勢いもありますので、私のストップも危うくなってきました?!
ついたらついたです、ここは放っておきましょう。

ということで、東京市場は今日でお終い。明日から休みに入ります。
皆様へのご挨拶は、帰る前にしたいと思います。それにしても1年があっという間に終わった印象です。
来年はどうなるのか、まだまだ波乱の相場展開を予想しますが、どうでしょうか・・

さあ、もう一踏ん張り、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月29日火曜日

海外とドル/円のレンジは、91.45~91.68でした。その間、ユーロ/ドルは1.4375~1.4414でした。
英国、ドイツが休日だった事もありましたし、米国の経済指標に発表もなかったことも理由と思われます。

ダウ指数は、前日比+26ドルの10547ドルの引け。
原油は、+0.72ドルの78.77ドル
金は、+3.10ドルの1107.90ドル
10年債利回りは、+0.041%の3.844%でした。

じりじりと長期金利が4%に近付いて来ました。これもFRBの出口戦略を意識した動きといえます。

市場のうわさでは、昨日は91.50にオプションがあったためにその前後での取引が長い間続いていたとのことでした。それにしてもユーロ/ドルが1.44台にのせてもドル/円が売られないのを見ると、円売りに転じた海外勢の姿勢の変化が印象的でした。
こうなると一度92円台にのせないと下げないのかもしれません。困ったものですが、ここは見るしかありません。一応、ドル/円の売りオーダーは、91.80から順次92.20まで相当な金額があるようです。日本勢だけでなく海外勢のオーダーも入っているようです。

さあ、今年も今日を含めてあと3日になりました。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月28日月曜日

仲値にかけて買いが入り、高値91.79まで(91.80には売りがあるとの話でした)。その後、お昼過ぎに2度、安値91.49をつけました。
印象としては、仲値での買いとその後の輸出の売りだったようです。

日経平均が強かった割には、為替は小動きだった印象でした。

今日は、欧州勢が主要な国が休日と言う事もあって、NY待ちです。
今のところ、クロス円の買いがドル/円を支えている感じです。

あまりコメントはありません。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ロンドンが休みですので、揃い踏みとはいきませんが、日本勢が年末年始で商いも細りがちになりますので、海外勢が主体になっての動きがありそうです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

さあ、気分を新たに、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月25日金曜日

こんなところでしょうか?!

さて、今日はだいまんさんとひろ子さんと一緒に会員限定の生番組「クリスマス・スペシャル!」の収録で3時過ぎに中目黒まで行かなくてはなりません。よって書き込みはそれまでとなります。

いつもの事ですが、この3人の組み合わせは何が飛び出すか分からない(?)、つまり台本なしのぶっつけ本番です。台本が無い方がハプニングもあって楽しいのです!
それと参加者も結構あって、盛り上がります。双方向でのコミュニケーションができますので、その点が面白いのですが、脇道に逸れることも多く、進行役のひろ子さんは大変です。

とういうことで、何も無ければ今日の書き込みはこれで終了となります。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。
それでは皆さん、また来週!!
良い週末(おっと、クリスマスでした)を!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

耐久財受注は、+0.2と予想の+0.5を下回りました。新規失業申請件数は、45.2万件と予想の47万件を下回りこれが一番のニュースだったようです。


ダウ指数は、前日比;53ドルの10520ドルの引け
原油は、+1.38ドルの78.05ドル
金は、+10.80ドルの1104.80ドル
10年債利回りは、+0.051%の3.799%でした。

新規失業申請件数が45万件台へ低下した事から、景気回復や早期利上げ期待が出たようです。
為替は、ドル/円が東京時間午後4時半頃に安値91.13がありましたが、指標の後で高値91.79を今日の1時頃につけたようです。ユーロ/ドルは、高値が1.4419を20時頃につけましたが、ほとんどは1.43台でした。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、世界で東京しか取引されていないのがこのクリスマスです。
頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月24日木曜日

上がってきました。10年債利回りで3.754%と4%に近い印象です。

これまでブログにも書いてきましたが、FRBの金融政策の変更を織り込み始めたのでしょう。
資金の逆流が目に付きます。ドル売りからドル買い、金価格の調整(下落)、長期金利の上昇、といったところです。株は依然として堅調ですが、ダウでいいますと高値で団子状態になっています。もう一段の上昇もありますが、ここからの調整もまた考えられます。

さて、22、23日の海外市場は、ドル/円が高値91.88を時間をかえて3回つきました。安値は91.31でした。92円を意識した動きなのでしょう。
ユーロ/ドルは、安値1.4218をつけた後に1.4366までの反発となっています。従って、クロス円が全体に上げてきました。
私のポジションは、91.50でストップが執行されましたので、現在はゼロです。92円手前では再度の売りを考えていますが、どうでしょうか。

経済指標では、米11月の新築住宅販売件数が35.5万件と予想の43.8万件を大幅に下回りました。これもドル売りの背景だったようです。税金の還付のタイム・リミットの問題などがありましたので、一概には判断できません。次の数字を待ちたいところです。

ダウ指数は、前日比+1.51ドルの10466ドルの引け。
原油は、+2.27ドルの76.67ドル
金は、+7.30ドルの1094.00ドル
10年債利回りは、3.754%の引けでした。

さあ、今日はクリスマス・イブ、皆さんはどのようにお過ごしになられますか?
市場は続きます!今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月22日火曜日

昼過ぎという時間帯でしたが、たくさんの参加者がありました。
心より御礼申し上げます!

さてさて、質疑応答も活気があり、こちらがタジタジとなる場面の続出(?)でした。
今後も月に1度のペースで行いますので、時間の都合のつく方は是非とも参加してみてください。

会の途中で何度もレート・チェックを行いましたが、とりあえず私のストップは未だついてないようです。
まあ、欧州勢の参入でつくことは覚悟の上です。

明日は休日ですが、市場はあります。ただし、ブログへの書き込みは休日明けになります。
それでは、一旦休憩とします。ポジションは、ドル/円のショート継続です?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

それにしても強い買いが入っています。ストップの手前まで来ました。
今日は、1時から為替の勉強会がありますので、帰ってくるのが3時頃でしょうか。その間、動けませんのでストップは置いたままになります。

ジタバタしてもしょうがありませんので、ストップはそのままにして出かけます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

これまでもこのブログで書いてきましたが、海外勢の動きを見るとまさに円キャリーのポジションを作っているような印象です。

こうした事を理解したうえで、やはり日本勢の実需の円買いに期待していたのでしたが・・・
今日も91円台ではそこそこの円買いが入ると思いますが、私のような考えの方も多いと思われ、ストップも想定できます。いつまでも円売りが続くとも思えませんが、ここは一応ストップがついたときは一旦の退却という方針で臨みます。そこからまた考えましょう。

さて昨日の海外ですが、ダウ指数は、前日比+85ドルの10414ドルの引け。
原油は、マイナス0.89ドルの72.47ドル
金は、マイナス15.50ドルの1096.00ドル
10年債利回りは、+0.144%の3.68%でした。

米国FRBと日銀とのこれからの政策運営が逆方向になってきた印象ですので、これらの指標にも変化が出てきたようです。超緩和政策から(低金利は変わらずですが)正常な状態への模索をしているFRBと今後もデフレ対策での緩和政策の継続(あるいは更なる緩和も)を模索している日銀との立ち位置の違いが現在の為替の動きの背景と考えます。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。ストップは91.50に置いています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月21日月曜日

残高が大幅に変わっていました。

これまではドルのショートが大きかったのですが、一気にドルの買戻しが入っていました。
これは先週の火曜日、12/15付けの数字です。

円のロングが26,810枚減り、8,372枚。ユーロが15,937枚のショートが増えて16,448枚の売り持ち。
豪ドルも5,699枚減って、40,983枚のロング。すべての通貨が売られて(ドルが買われた)います。ユーロやポンドは、その前の週からショート(売り持ち)でしたが売り増しています。

やはりこういったポジションの調整が背景で、ドルが堅調な動きになっていたといえます。
これに対抗するのが、日本勢の実需と言えます。特に90円台以上は、相当な売りが予想されます。

さて、海外勢がさらにドルを買ってくるのかどうか・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

海外はクリスマス前が年末相場でクリスマス明けで新年(?)という感じになります。
従って、今週も薄い中、実需の取引が主体となっての動きを想定しています。

相変わらず、ドル買いが根強い動きで、ドル/円が高値90.91までありました。そこから失速して90.28、引けが90.45あたりでした。
ユーロ/ドルも安値1.4262で引けが1.4349あたりでした。乱高下しながらもドルが堅調な印象です。
週末にイラン・イラクの国境近くでの動きが報道されていました。早朝のシドニー市場で若干ドルが買われています。有事のドル買い(?)でしょうか、少し見ましょう。

ダウ指数は、前日比+20ドルの10328ドルの引け
原油は、+0.71ドルの73.36ドル
金は、+4.10ドルの1111.50ドル
10年債利回りは、+0.068%の3.546%でした。

今週は、日本の休みと海外の休みがありますので、何となく市場は参加者が少なくなるかもしれません。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月18日金曜日

朝方の話です。切っ掛けはユーロ/スイスだったようですが、ドル/円も追随、どちらもまとまったストップがからんでいたようです。
ユーロ/スイスが大きく売られた割には、その間ユーロ/ドルは動かず、もっぱらドル/円とドル/スイスに集中していたようです。その後の反発も半端でなくうごきました。

欧州勢の参入時間になりました。ユーロ/スイスが1.4995と注目の1.50手前まで戻ってきています。これも介入警戒かもしれません。

あまり一方的に動くとも思えませんが、流動性が欠けているので思わぬ動きもあるかもしれません。

日銀の政策決定会合も終わり、予想通り「据え置き」。デフレというか、消費者物価指数がマイナスである事を許容しないと明言した点がこれまでと違っていました。
「言うは易し、行うは難し」、日本の場合はこれからも「ユニクロ現象」が進むと思いますので、価格競争は止まらないといえます。賃金が変わらずに物の値段が下がれば、消費者の満足度は上がります。ただし、1年も経たずに前に買ったものが半額になったりすれば(家電製品はよくあるようです)、買い控えにつながり、企業はますます価格を下げる泥沼に陥ります。こういった構造を果たして直せるのかどうか、簡単に直るのでしたらもっと前にもやっていたでしょう。
海外では、このような状況を「日本病」と呼んでいるとか・・

円高の構造もしかり、マイナス物価の構造もしかり、専門家は知恵を出して果敢にこの問題の解を示してほしいと切に願います。

民主党政権への期待が高い分、混乱もまた目に付きます。1歩間違えれば、市場は手に負えない動きもありえますので、しっかりとスピード感をもってやっていただきたいところです。
米軍移設問題もこじれると介入の際に思わぬしっぺ返しが米側から出る事も考えておく必要があるかもしれません。相手はしたたかな外交姿勢を保っています。米国だけでなく今回のドバイでもありましたが、交渉にかけてはしたたかな連中です。日本が甘すぎるともいえますが・・

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
今日も布団を被って寝ることになりそうです、おやすみなさい・・

皆さん、良い週末を!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドルが買われる中、ユーロの下落が鮮明でした。
対円で128円台半ば、対ドルで1.43前半、対スイスで1.50台前半、対ポンドで0.88台後半となっています。
特に対スイスでは介入警戒の1.50割れも視野に入ってきたようです。

ドル/円は、東京時間の高値90.27、欧州時間の安値89.56、NYの午後に高値90.38そして現在89.70前後となっています。

ダウ指数は、前日比マイナス132ドルの10308ドルの引け
原油は、マイナス0.001ドルの72.65ドル
金は、マイナス28.80ドルの1107.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.12%の3.478%でした。

クリスマスを控えての大きなポジション調整が起きたようです。ユーロは、EC加盟国のうちPIGS(ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペイン)と呼ばれる国の財政悪化と格下げの動きが背景にあるようです。
海外勢の新たな動き(ポジションを作る)は、クリスマス明けからと思われるために、12/28からに注目したいところです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月17日木曜日

ブログへの書き込みは午後3時過ぎに終了します、悪しからず。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

要は、FOMCの声明文だったといってもいいのではないでしょうか。
つまり、順調な改善を見せる米国経済ですので、やはり近い将来の利上げ(?)も視野に入ってきます。これまで資金余剰と低金利からドル売り(これは高金利などの理由で他通貨への投資だった)、金買い、株高などの現象を見てきたわけです。
低金利が当面続くとしても資金余剰が修正されて正常な状態になっていくとしたら、これまでの逆流が起きてもなんら不思議ではありません。
金はいざしらず、株などにも調整が入ってきてもおかしくないと思ってます。

では、何故ドル/円のショート(売り持ち)を継続しているのかですが、需給からと申し上げる他に理由はありません。

さてさて、どうなりますか・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は,90.00の攻防が凄かったようです。4~5億ドルは出会ったようです。

全体にドルが大きく売られました。(ゴメンナサイ!ドルが大きく買われましたの間違いです!)

さて、ここからが正念場(?)でしょうか。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

まだ売りがあったようです。

全体にドル買いが続いています。ユーロ/ドルは、1.4500の下に断続的にストップがあったようです。
市場は、とりあえず90円台の実需の売り圧力を確認したようですが、ユーロの動きによってはまだまだ分かりません。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

政策金利を長期間にわたってきわめて低い水準に維持
FF金利の誘導目標を0.00%-0.25%で据え置き
金利決定は全員一致
経済活動は引き続き持ち直し、労働市場の悪化は和らいでいる
大半の特別流動性制度、2/1で終了する事を想定
来年初頭にかけTAFによる供給量を引き続き縮小する予定

以上が主な声明文の内容でした。

これを受けて、瞬間、ドルが売られましたがすぐに反発。
ドル/円が高値89.99までつけたようです。その後失速して89.77前後です。
ユーロ/ドルも発表直後に1.4518がついて直ぐに1.4580がつき、また失速して1.4505まで、現在が1.4530前後です。ユーロも円も大台を変えられなかったともいえます。
しつこいドル買いですが、対円では昨日、アジアの中銀のうわさも出ていたようです。

ダウ指数は、前日比マイナス10ドルの10441ドルの引け
原油は、+1.97ドルの72.66ドル
金は、+13.20ドルの1136.20ドル
10年債利回りは、+0.011%の3.598%でした。

後は、明日の日銀会合待ちでしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月16日水曜日

再び全体にドル買いになっています。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
明日の未明、午前4時15分の発表までは (FOMCの声明文)こんな展開が続くのでしょうか?!

それでは、皆さん、又明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

三菱UFJの増資に絡む話はよく分かりません。

話によると、1兆円の半分は海外調達とのことですから、ざっと計算して50億㌦以上の金額になります。これを22日まで払い込むことになりますが、為替が起こるとするとすべて円買いになります。明日から順次為替が起こるとしても、それなりの円買い圧力になります。

市場の動きは今のところそんなことは無視したように89.60前後で小動きです。

これは一体どうしたことでしょう?!
多分、どの程度の金額が為替で起きるのか現場は知らされていないと思います。また、為替が起こるとしても海外でかもしれません。多分、このうちの一部が為替を通じての取引になるのでしょう。それが半分なのか1割なのか・・・
起きるとすれば明日からの取引から可能性としてはあることになります。

見てるしかありませんが・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

特に対円でのドル買いが目立っています。

昨日の東京時間中からの機関投資家と思われる買いが背景だったようです。
加えるに明日のFOMCの声明文への思惑でしょうか、日銀の更なる緩和政策の発表期待もあるのかもしれません。

ダウ指数は、前日比マイナス49ドルの10452ドルの引け
原油は、+1.18ドルの70.69ドル
金は、マイナス0.80ドルの1123.00ドル
10年債利回りは、+0.042%の3.59%でした。

上述した数字を見ると、FOMCでの出口戦略の始まりを織り込んでいるような印象です。さらに織り込んでいくのかどうか、ドル/円の90円台の攻防になるのかもポイントです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月15日火曜日

東京時間では機関投資家(生保?年金?)が買っているとのうわさも出ていましたが、89.00から上は輸出などの売りもあるようです。とりあえず先ほど89.05までつけたようですが、依然として頭が重い展開になっています。

市場は、早くもクリスマス・ムードですが、その前に17日の未明(東京時間)に発表になるFOMCの声明文に注目が集まります。同日の昼過ぎには日銀政策決定会合も開かれます、これも注目です。

FOMCは、出口戦略の始まりが焦点ですし、日銀は逆にこれ以上の緩和政策が焦点となります。どちらも円売りの材料になりそうですが、そこに立ちはだかるのが日本の輸出などの実需でしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

気になる事ですが、例の三菱UFJの増資もその一つです。
昨日、公募価格が決まったようですが、1兆円のうち半分近くが海外からの応募になるとの見方もあります。
払い込みは来週中のようですが、海外勢の中には為替を起こすものもありそうです。その分は円買いになります。
ドバイの件もそうですが、建設業者への支払いが遅れていた分を今後は支払うそうです。多くが日本の建設業者のようです。これも円買いです。

こういった円買いに対して、例年ですとボーナス時期なので投信などの購入で円売りも生まれてくるはずです。ボーナス額が減っている事が気になるところではありますが、今年はどの程度の資金が外ものに向かうのでしょうか。

このようなことを考えると、やはり需給の偏りで円買いが生じる可能性が高くなるといえます。
もちろん、私のポジション・トークだと思って読んでくれればいいのですが、年末までにもう一波来る事もあるのではと考えてしまいます。

来年に入れば、三菱以外のメガ・バンクも増資に動きそうだとの話もあります。すべて為替が起こるともいえませんが、どうしても需給に思いが及んでしまいます。

逆の方向では、郵貯でしょうか。亀井大臣の話ではありませんが、「国債の受け皿だけでなく、海外への投資もある」ならば、これは円売りになります。87円台の半ばで出たうわさもこのあたりに震源地がありそうです。

こんなことが、気になっていますが、さてどうなりますか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨夜のNY市場は静かでした。

アジア時間で大きくスウィングしたのも原因かもしれません。
ドバイのニュースが伝わる前に安値88.36をつけて、急反発で高値89.00、欧州勢の参入で安値88.32まで再びつけましたが、結局は88円台の動きで終始しました。
NYの高値は88.76まで、多くの時間は88.50~65の間だった印象です。
ユーロ/ドルも1.46台で終始したようです。

ダウ指数は、前日比+29ドルの10501.05ドルの引け(引けでは10500台は初めて)。
原油は、マイナス0.36ドルの69.51ドル
金は、+3.90ドルの1123.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.004%の3.546%でした。

ドバイだけでなくシティグループが政府借り入れを返済する(200億㌦)という話もあったようで、これがダウを上げた背景のようです。
注目のギリシャもパパンドレウ首相が抜本的な改革を検討している事を発表して、3ヶ月以内に発表すとのことです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月14日月曜日

保証を与えたようです。41億㌦とロイターに出ています。市場はこれが行われないと考えていたのでしょうか、それともドル/円の売りとクロス円の売りで先行していた分、その反発が以外に大きかったのかもしれません。

ドル/円の安値88.36で反発して89.00まで。

ドバイの返済はまだまだ続きますので、そのつどこのような展開もあるかもしれません。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

続報が入ってきました。ドバイ政府でなくて、アブダビ政府が100億ドルを提供したとなっています。とりあえず、当面の破綻は回避したと言えます。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

急になってきた印象です。

雇用環境が改善傾向を強めてきましたし、消費関連も金曜日の数字を見る限り回復してきています。
こうなるとこれまでの逆流が起きてきてもおかしくありません。

ダウ指数は、前日比+65ドルの10471ドルの引け
原油は、マイナス0.67ドルの69.87ドル
金は、マイナス6.30ドルの1119.90ドル
10年債利回りは、+0.044%の3.54%の引けでした。

ドル/円も88円台前半から89円台後半まで上げて(高値89.81)引けが88.10前後。ユーロ/ドルも売られて(ドルが買われて)安値1.4586まで。これまでのドル売りの流れが逆流を始めたようです。
ここまでは調整といってもいいかと思ってます。これがおおきなトレンドを形成するかどうか・・

需給的には、(特にドル/円の場合は)これまでと変わりません。相変わらず需要より(ドル買い)も供給過多(ドル売り)の状態と考えます。
雇用統計の時につけた高値90.78をとりあえずの高値として、再度の90円台のせもありうると思います。しかしながら東京勢の売り意欲は90円以上で明白になることを考えますと、最後は失速して再び88円以下になってくると考えます。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。ストップは90.50から91.00に替えました。
狙いは新安値ですので、しばらくキャリーすることになります。場合によっては年越しも視野に入れています。その前にストップがつかないことが条件ですが?!

さて、新しい週が始まります。今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月11日金曜日

海外勢中心にドル/円の買戻しが優勢だった今日の東京市場の印象でした。

ドル/円の動きに比べると、ユーロ/ドルはほとんど動かなかった印象もあります。
ドル/円が買われるから日経平均が買われるのかどうか、両者の動きはシンクロされていました。海外のファンド勢がこちら(日経平均?)にも手を出していたのかもしれません。

昨夜の高値が88.45まで。どうやら日本勢の売りオーダーが88.50から10ポイント刻みにあった様です。89.00からはもう少し金額も増えていたのかもしれません。その手前で失速して88.65あたりまで。

今日、ユーロ債の利払いがあるという話もありましたが、これから出るのかどうか。出るとしたらユーロ/円の売りになりますが、どうでしょうか。

さて、今週はドル/円のショートを一旦、手仕舞い(@87.87)そして88円台半ば手前(平均コスト)で再びドル/円を売っています。ショート継続です。

今夜は、「本音で・・・」の生番組があります。大橋さんとコンビで60分!
外は雨、金曜日ではありますが時間に都合がつく方は、是非とも参加して楽しくやりましょう!

ということで、今週もそろそろ終わりに近づいてきました。
皆様、良い週末を!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比+68ドルの10405ドルの引け
原油は、マイナス0.13ドルの70.54ドル
金は、+5.30ドルの1126.20ドル
10年債利回りは、+0.062%の3.495%でした。

為替は、狭いレンジ内での動きでした。

オーダー状況をチェックすると(ある欧州系の銀行)、ドル/円は上下ともあまり入っていません。多分。日本の銀行の方が多いかもしれません。ユーロ/ドルは、1.4660から順次まとまった買いがみえます。上は、1.4760から小さい売りが20ポイント毎に入っているようです。
アジア中銀と思われる買いが1.47より下で出ていたとの話もあったようです。

ポジションは、ドル/円のショートを継続しています。
東京は雨です。
今夜は、「本音で・・・」の生放送が19時から大橋さんと一緒にお送りします。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月10日木曜日

今月の為替勉強会は、22日(火)の午後1時から行います。
場所は、豊商事本社ビルの9階です。
時間の都合のつく方は、是非参加してください。
今回は、市場の分析と基本的なディーリングのスタイルについて話す予定です。
過去にもディーリングについては話したこともありましたが、私のやっていることを簡単に話せたらと考えています。申し込みはHPあるいは金融営業に問い合わせてください。

また、地方の方でこういった勉強会に参加したい方がいらっしゃいましたら、お近くの豊商事支店の営業に問い合わせてください。こちらから出張することも出来るかと思ってます。

以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比+51ドルの10337ドルの引け
原油は、マイナス1.95ドルの70.67ドル
金は、マイナス22.50ドルの1120.90ドル
10年債利回りは、+0.043%の3.423%でした。

ドバイから始まって、ギリシャやスペインなどの格付け問題が市場を席巻しています。雇用統計が改善された米国と財政状況が改善されないギリシャやスペイン、こういった背景でのユーロ売りに拍車がかかっています。
ユーロ/ドルの安値は昨日の朝方の1.4665、欧州時間にギリシャの問題は大したことがないとのことからユーロの買戻しで1.4783、東京の未明に(3時頃?)再び売られて1.4673、現在が1.4740あたりとなっています。
銀行などのオーダーを見ると、1.1.4680から1.4610まで順次シッカリとした買いが入っていますので、当面は1.46台が底になる可能性がありそうです。

ドル/円は、欧州時間の早い時間に安値87.36をつけましたが、ユーロの反発でドル/円も買われて88.08まで、その後は安値87.67と高値88.10(今朝方)の間で上下動を繰り返しています。今朝、7時過ぎに88円台にのせてきましたが、理由は分かりません。

とりあえず、90円台のショートは一旦、手仕舞いましたので、次の機会を待つことにします。
市場には、依然として円高リスクが強いと考える人が多そうです。87円台はそういったポジションが偏ったことでの利食いの動きが出たと解釈すべきかもしれません。

今日は。例の集まりがありますので、書き込みは3時過ぎまでで終わります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月9日水曜日

とりあえず、ストップが88.00と87.90にあったようで、それをつけてのも見合いになっています。反発も小さいので、もう一段の下も考えられますが、私はここからは楽にやります(ヒット・アンド・ラン?)。

やはり、柳の下にどぜう3匹というところでしょうか、売り方が優勢です。

こうなると次の目標は86円台となりますが、どうでしょうか。

中国関連の記事ですが、国家発展委員会は、不動産への投機行為を厳しく取り締まる方針を表明しました。これは同委員会の張平・主任の発言です。このことがどの程度のインパクトをもたらすか分かりませんが、これまでもお伝えしたように、中国の不動産バブルは危険なほどの水準にまで膨らんでいます。
この記事が伝えるように不動産に調整の波が出てくると株式市場にも伝播する可能性はあります。
もう少し様子を見ましょう。

ポジションは、ゼロです。手仕舞いが少し早すぎたようです?!
それでは、又明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

なりました。目標は達成です。

やはり、欧州勢の参入は力強い動きです。安値は87.79あたりでしょうか。
クロス円も売りから入っているようです。
少し、様子を見ます。
ここからは基本は「ヒット・アンド・ラン」になります。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

8月の雇用統計と同じ様に東京の実需が壁を作って、ドル/円は雇用統計発表後の高値から失速してます。

昨日も日中に東京の輸出がドル/円を売ったようです。これで88円台。NYの安値は88.17でした。

一昨日のバーナンキ発言でハッキリした「米国の低金利政策は継続される」ことでしたが、市場は量的緩和政策が徐々に中立方向に向かうと言う事を意識しだしたようです。
つまり低金利は継続されますが、資金余剰は徐々に中立に向かう。このことから金の調整売りが金曜日から続いています。ダウも昨日は104ドルの下げでした。
為替は、「ドル高円高」傾向を強めています。雇用統計発表後にクロス円が買われましたが、このポジションの調整もあったと見ます。

ダウ指数は、前日比マイナス104ドルの10285ドルの引け
原油は、マイナス1.31ドルの72.62ドル
金は、マイナス20.60ドルの1143.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.041%の3.388%でした。

ドル/円のポジションは、一部手仕舞いましたが、まだ半分以上継続しています。
今後、87、88円台での推移と見ます。88円台後半が来れば再び売り増すことも視野に入れています。逆に87円台のどこかで一旦、すべて手仕舞うことも視野にいれています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月8日火曜日

ムーディズの格下げのターゲットはM英国だけでなくて米国も含まれるとのことでした。
実際には、ポンドが売られているのが目立ったぐらいで、ドルにはこれと言った動きは見れませんでした。

ドル/円は、相変わらず89.00前後をウロウロしているようです。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

それでは、又明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

格付け会社のムーディズが、英国が債務を減らさない場合は格付けを現在の最上格(AAA)から下げるとのことがのっているようです。

これを受けてポンドが売られる場面がありましたが、その後少し反発しています。
この手の話は、日本の場合もありましたので驚きはありませんが、実際に決定されるまで時間がありますので、なかなか下げない事もあります。用心に越した事はありませんが・・・

ドル/円の安値は、88.77までありましたが、反発して89.10まで。

ポジションは、一部手仕舞いましたが残りは継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

9面の国際欄にある、いわゆるベタ記事ですが、ドバイの話が出ています。

ドバイ首長国政府の金融局長が「政府資産には手を付けない」と発言したようです。
これは、例の政府系持ち株会社ドバイワールドの信用不安問題に絡んでの話のようです。この話が出てドバイ株式は5.84%の下落、アブダビ株式も1.73%の下落となったようです。この会社に貸し付けているのが英国系の銀行と言う事で、ポンドも売られています。
返済期日が12/14ですので、ぎりぎりまで混乱が続きそうな空気になってきました。

こうしたことが背景になっての動きではないでしょうが、ドル/円、クロス円ともにじりじりと売られてきました。

ポジションは、ドル/円のショート継続です(一部手仕舞いましたが)。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円のショートを88.95で全体の4割を利食いました。

誰が売っているのかまったく聞こえてきません。じりじりと下がっていますが、一体何が出ているのでしょうか?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

注目された各種指標は、小動き?!



ダウ指数は、前日比+1ドルの10390ドルの引け

原油は、マイナス1.54ドルの73.93ドル

金は、マイナス5.50ドルの1164.00ドル

10年債利回りは、マイナス0.049%の3.423%でした。



為替は、クロス円が売られて「ドル高円高」気味に推移。

特に円が全体に買われた印象です。金曜日の反動ともいえますが、やはり東京勢の円買いが90円台でしっかりとあったということでしょうか。

売り方としては、もう少し上でもっと売りたかったのでしょうが、勢いから察するにまあまあの金額だったかもしれません。

昨夜もNY市場が始まる前に一度90.11まで反発しましたが、90.00を含めて相当な出会いがあったように感じました。これもすでに90円台前半に東京勢(?)のオーダーがあったのかもしれません。



バーナンキ議長の発言は、これまでと同じトーンでした。金曜日の雇用統計の大幅な改善を受けて、どのような変化があるか注目されたのでしたが・・

それでも上述したように株式や金などに大きな反動も無く引けたようです。



ポジションは、ドル/円のショート継続です。

さあ、今日もがんばっていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月7日月曜日

新しいブログを始めます。
そのために朝から何度かスタッフに講義を受けていました。このブログに比べると、会員限定ということで、何段階かのハードルがあることが難儀と言えば難儀。これと言って、特別なことはないですが、これまで以上にディーリングに特化したものにしたいとは思っています。相変わらず、ドル/円が主体になりますが・・
このブログは継続します。ただし、書き込みは以前より減る可能性アリ。投稿に関しても、今月一杯は変わりませんが、来月からは投稿が出来なくなります。投稿は、新しいブログに集中します。これも一般の方にはご不満と思いますが、何しろ体が一つですので致し方ありません。(申し訳ありません)
さて、今夜はFXラジオに参加してきます。久し振りですが、今後も月に1度のペースで参加したいと思ってます。こちらの方もよろしく!
ポジションは、ドル/円のショート継続してます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

毎度お騒がせ・・・本当に雇用統計は乱高下します。

それほど、市場の注目が集中していると言えます。しかも今回のように過去の分を含めて大きく修正されていることから、米国の雇用統計はそれほど悪くない(?)と言えますし、傾向として右肩上がりになっているともいえます。

90円台にのせてきました。日本の輸出企業には、ほっと一息と言ったところです。

私も90円台で売りました。89円台でも考えたのですが、あまりに良い数字でしたので90円台まで待ちました。
従って、ポジションは、ドル/円のショートです。コストは90円台前半、ストップは92円にしました。

円キャリーがどの程度進むか、輸出企業がどの程度売ってくるかがポイントになりそうです。
「ドル高・円高」の目も先行きにはありそうです?!
いずれにしても、米国の雇用環境が著しく改善してきましたので、FRBによる出口戦略の始まりも早まる可能性が出てきました。こうなると大幅な調整も視野に入れなければなりません。
金(ゴールド)、株などがどの程度調整されるかもポイントです。

ダウ指数は、前日比+22ドルの10388ドルの引け
原油は、マイナス0.99ドルの75.47ドル
金は、マイナス48.80ドルの1169.50ドル
10年債利回りは、+0.092%の3.476%でした。

さて、今日の東京は?
頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月4日金曜日

円・キャリーへ、というタイトルのレポートが米系投資銀行から届きました。

ざっと読んだだけですが、それなりの説得力はありました。
ただし、これまでも(8月の初めや10月の初め?)などにも円売りで仕掛けたのが海外勢だった事から、いささか疑問符もつきます。

今回と前回までの違いは、政府・日銀の対応が迅速であったことでしょうか。それには、当然「介入警戒」も含まれています。介入に関しては、海外勢よりも日本勢の方が懐疑的ではあります。
ここまで「ドル・キャリー」の流れが全体をサポートしていた事もありますが、今夜の米国雇用統計の数字次第では、この流れも変わる可能性はあります。
すなわち、新規雇用者数のマイナス幅が10万人を切ってくるとかです。これまでもこうした単月の数字で一喜一憂してきたわけですから、今回もそのような展開になっても不思議ではありません。
万が一ですが、そうなった場合、米国株式が売られてドルが買われる流れが想像できます。この流れの先には「ドル・キャリー」の終焉となるわけです。
ドルから円にファンディング(資金調達)通貨が替わっていくことで、元の流れも戻ってくるということになりますかどうか。このような流れの延長線上には、日本市場のトリプル安も視野に入ってくるのかもしれませんが。とりあえず、海外勢はこれまでの(先週末まで)流れの逆に動いています。
つまり、先週末までは、円買い(為替で)日本株売り、日本国債買いだったわけです。
これが、円売り、日本株買い、日本国債売りとなってきました。
現在は、日本株式を買っていますので、トリプル安にはなっていません。これは単に逆流現象と言えます。

まあ、このような展開があるのかどうか、今夜の雇用統計をじっくりと見たいと思います。
いずれにしても、私としては、89円台はとりあえず売ってみる考えでいます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比マイナス86ドルの10366ドルの引け
原油は、マイナス0.14ドルの76.46ドル
金は、+5.30ドルの1218.30ドル
10年債利回りは、+0.067%の3.377%でした。

米株が売られたことから全体にドル買いが強かった印象です。
ECB理事会は、予想通りの据え置きでしたが、若干(メディアの報道では)「出口前略の始まり?」といった捉え方が市場に出ていたようです。ただし、先行きの見方が依然として不透明であり、現在の政策スタンスの継続も発言していますので、技術的な(使用頻度・額が低下している?)問題で1年ものの資金供給を今月で最後にするものと思います。
このことがユーロ売りに結びついたともいえますが、それでも1.50台半ばですので、関係ないのでしょう。

むしろダウの下げが影響してのドル買いでしょうか。
ドルが買われて、ダウが下げても、金は+5.30ドルと堅調でした。金がもう少し売られないと本格的な調整にはならないともいえます。今後の金価格には要注意ですが・・・

ドル/円の高値は、88.48でした。多分、日本勢の売りが88.50にあったものと思われます。これを越えるとストップもありそうですが、どうでしょうか。
とりあえず、ドル/円のロングは88.35で手仕舞いました。ポジションは、これでゼロになりました。

先週末に84.82をつけてから、ポジションの調整が続いているようです。
今夜は米国の雇用統計ですので、場合によっては89円台もあるかもしれません。
発表まで、待ちましょう。次の狙いは、89円台でのショートですが果たしてどうなりますか・・

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月3日木曜日

欧州勢の参入待ちでしょうか、静かなものです。

相変わらず、日経平均は大商いが続いているようです。

ポジション、戦略とも継続のままです。
今日は、例の集まりに参加してきますので、書き込みは3時過ぎで終わります。
それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は、87.93まであったようです。
日経平均は、9900までありました(先物で)。

先週の木曜日から、たった1週間の動きです!
ドル/円は、88円台から84.82まで、今が87.83あたり。
日経平均が、先物で安値9000で、9900まで(10%の動き!!)。

何が起きたのか、戸惑っている方も大勢いらっしゃると思います。
このような相場の動きは「行って来い」と呼ばれますが・・・

先ほども投稿者の方に書いたのですが、このような動きにはやはり背景があります(と信じています)。
先ず(為替デス)、88.00、87.00、86.00、85.00と1円刻みでオプションがらみのストップが大口であったという話でしたから、これを2日間で一気につけたことになります。
そして、政府・日銀の迅速な対応(これも予想外?)で市場に水をぶっ掛けました。
さらに財務省の玉木財務官が急遽の訪米(予定されていたらゴメンナサイ!)で、介入警戒が再燃。
こうなると、誰も猫の首に鈴を付けに行かなくなるので、市場に滞留していた円ロングが手仕舞いに動き出した。
むしろ、手仕舞いを促すようにファンド勢が買い上げているかもしれません。

市場とは面白いもので、下がれば下がるで、売らなければならに人が増えてきますし、上がれば上がるで、今度は買わなければならない人が増えてきます。もちろん、実需の買いや売りがあるのですが、投機のポジションが偏りますと、実需の金額を凌駕する状況になります。

こうした動きが為替よりも顕著なのが日経平均といえます。ある意味(この表現は好きでは有りませんが・・)、為替よりも投機的といえます!

さてこうなりますと、後はクライマックスが何処で来るか?でしょうか。
確かに「セリング・クライマックス(売り方のピーク)は、先週の金曜日の早朝にありました!
買い方のそれはまだのようです。もちろん、絵に描いたようなことにならないこともありますので、なんともいえませんが。少なくとも、88.00とか89.00ではないのではないでしょうか?
多くの方が驚く水準、つまり90.00以上になれば(もしなればの話ですが)、その前後ではクライマックスを迎えていると勝手に考えてます。

市場の需給で言えば、貿易収支の黒字の分、外貨(ドル?)は余剰です。この状況は続くと思います。これを補う分としては、個人などの海外投資になるでしょうか。
今回の、政府の動きから85円が鍵になりそうな空気になってきましたので、慌てて海外投資を始める投資家も出てくるかもしれません。そうなると需給は均衡してきますので、あとは市場の偏ったポジションが調整されるだけになります。

以上のように考えていますが、何処まで我慢できるか・・・

ポジションは、ドル/円のロングを継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

買い増ししました。

さてさて、どうなりますか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨日は、東京の朝方は86円台後半の動きでしたが、昼過ぎから87円台にのせました。
欧州勢の参入からも87円台の動きが続きましたが、東京時間22:50頃に一度86.98をつけました。
今朝方(4:45頃)87.50をつけたようです。

とりあえず、ドル/円のロングは継続しています。ストップは、86.00に変更しています。
利食いも87.92に置いていましたが、一旦外しています。88.00あたりは売ってもいいですが、直ぐに買い戻すことも視野に入っています。昨日の動きから少し上を見ています、といってもせいぜい88円台後半でしょうか・・・

ダウ指数は、前日比マイナス18ドルの10452ドルの引け。ただし、ナスダックは+9ドル、SP500は、+0.38ドルでした。
原油は、マイナス1.77ドルの76.60ドル
金は、+12.80ドルの1213.00ドル
10年債利回りは、+0.026%の3.308%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年12月2日水曜日

あとは継続です。利食いは87.92に置きました。ストップは、変わらず85.00です。

それでは、皆様、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昼頃にじりじりと買われて、高値87.17まで。そこから再び86円台後半。
下も上もガチガチに見えますが、当面は86円台前半が壁になるのではと考えています。

従って、今朝方に作ったポジション(ドル/円のロング)を継続します。

今日は、朝方の寒さと打って変わって、小春日和、良い天気です!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社