2009年11月30日月曜日

ドル/円は、早朝の87円台をピークに下落して、一時86.03まであったようです。
日経平均は、寄付きが安値でじり高になり、引け際に高値9345をつけたようです。

どうにも整合性に欠けた展開ですが、どうも背景にはそれなりの理由があったようです。

先ず、ドル/円ですが、午前中に再びドバイ関連の話が伝わり、例の政府系投資会社の発行した債券が取引を中止したとの話があって、ドルが売られたようです。ただし、ユーロ/ドルは堅調に推移してクロス円の大きな下落にはなっていませんので、リスク回避というよりもドルが全面的に売られた印象です。

日本株に関しては、月末特有の買いで評価を押し上げる、いわゆる「お化粧買い(?)」があったようです。
どうもこの手のテクニカルな動きはよく分かりませんので、コメントは控えます。

というような話で、冒頭に述べたような整合性に欠けた動きだったようです。
昼前には、政府筋の話として補正予算が2.7兆円を上回ると伝わり。これも「円買い・株買い」になったようです。
この反応もいささか理解に苦しみます。

ということで、ポジションは依然としてゼロのままです。
11月末でもありますし、来月に向けてタイミングを計りたいと思ってます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

11月の最終日ですが、動くに動けないといったところでしょうか。

早朝のシドニー市場で、高値87.45まであったようです。その後、下落して安値86.40を何度か叩いたようですが、抜けずに反発しています。
ユーロ/ドルが反発して、再び1.50台半ばまで戻しています。
ドバイの件が収まりそうだとの観測がありますので、ユーロ買いに素直に反応したといえます。
ダウ指数先物も買われていますので、市場全体がドバイの話で動揺した分、戻しているのでしょう。

ここまでの戻しは、背景が背景ですので、理解はできます。
ここからさらにドル売り/株高になっていくのかどうか・・

ドル/円の場合は、介入警戒もありますが、むしろ政府の補正予算が具体的にどのようなものになってくるのか。鳩山・白川会談は?といったところでしょうか。
日銀による国債買い入れの増額くらいしか思いつきませんが、「円高・株安対策」が目玉ですので、内容によっては失望売りに繋がりやすいことも事実です。
市場が落ち着けば、介入はありません(多分?)ので、またじりじりと下がってくるリスクがあります。さりとて介入があれば簡単に戻してくる(希望的観測?)ので、実需も迂闊には下で売れなくなります。

後は、時間が解決してくれるまでこのような展開が続くのでしょうか・・
とりあえずお昼です。
のんびり行きましょう?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

先ずは金曜日のおさらい。

欧州時間には、一時85円台もあったのですがそれ以降は86円台と87円台もありました。

ダウ指数は、前日比(休日前)マイナス154ドルの10309ドル。これは一時200ドル以上の下落でしたので、やはり底堅い印象です。
原油は、マイナス1.91ドルの76.05ドル
金は、マイナス13.10ドルの1175.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.068%の3.202%でした。

結果としては、債券も堅調、株も(マイナスでしたが)堅調、ドルもアジア時間に比べると売られていました(円以外)
そして、週末に発表された、政府の「円高・景気対策」となり(具体的には何もありません!)、為替と株価が政府にとっては最大の注目点であることがハッキリしました。

ここから大きく売られることは想像されにくいのですが、市場は具体的には介入だけに注目。ただし、12/2に予定されている日銀の白川総裁との会談で何か発表されればサプライズにもなります。
つまり、市場の考えはこの円高の流れを止めることは簡単でない。しかも介入に踏み切るのも簡単ではないのではと考えているようです。私も大筋では同じです。サプライズがあるのかどうか・・・介入があるのか、日銀の更なる緩和政策(国債の買い切り増額?)があるのか、といったところに注目。

市場vs.政府という構図になってきました。
介入、それも日本だけの単独介入では限界があります。単独でも他の政策との組み合わせで対応できるのかどうか・・

さあ、今週は市場も乱高下し易いと思いますので、シッカリと見ていきましょう!
ポジションは、まだゼロのままです。

今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月27日金曜日

ドル/円の動きが急だった事もありますが、株式、他通貨などの動きも非常に大きく動きましたので
神経が疲れました。

あいかわらず、ポジションはゼロのままです。
もう少し待ちたいと思います。
今月は、単月でマイナスになってしまいました。今年度に入って2度目のマイナス月になりました。
気を取り直して、来月に入りたいと思ってます。来月は年末という事もありますので、相当な変動も予想されます。
心してやっていきたいと、思いを新たにしております。

今日は、午後7時からだいまんさん、大橋さんと「FXデスマッチ」です。
今月の総括と来月の展望になる予定です。
多くの皆さんが参加してくれることを願っております。

そして、いよいよ来月の8日(火)から、新しいブログがスタートします。
体がもちますかどうか・・・

それでは、皆様、良い週末を!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

突如として、当局のヒアリングが銀行などと行われているようだ。

ヒアリングとは、市場調査の一環で、売り手/買い手などはもちろん、市場取引での相手方なども聞いてくる。
これまでもヒアリングは行われているが、今日は立て続きに聞いているとのこと。
これで一気に市場の緊張感が増してきたといえます。

当局がやっと重い腰を上げ始めたことの証左でもあります。

印象としては、準備段階に入って、いつでも動ける用意をしている段階でしょうか。
この後は、主要国(米国とECB?)との電話会談で了解を取り付けることが予想されます。

時間が経ってくると、市場が催促するように再度売ってくることもあります。ここからは、乱高下は必至でしょう。
短期取引をしている方には、絶好のタイミングといえます。

依然として、ポジションはゼロのままです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

当面の目標だった85.00をつけましたので、これで大方のストップは整理されたものと思います。

ここからは「介入警戒」との綱引きが予想されます。
海外勢を含めて、投機筋は円のロング、輸出などの実需筋は円を買い遅れている構図でしょうか。

当面は、綱引きと思います。
見ているだけで、ポジションはゼロのままです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドバイ発のニュースが背景だったようです。
昨日の朝にもこのニュースはあったのですが、見落としていました。
惨敗です。ストップは、すべて点きましたのでポジションはすべてなくなりました。

ドバイのニュースというのは、今日の日経新聞の3面にある記事です。
政府系投資会社が金融機関(欧米の)に返済の延期を要請したというものです。
この話でリスク資産を手仕舞う動きが出たようで、ドルが円以外で買われました。

米国の休日という事も判断を狂わした背景かもしれません。アジア時間での動きで消化したと考えたことが失敗だったようです。
さて、11月もほぼ終わり、いよいよ来週は12月に入ります。
心機一転、また頑張りましょう!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月26日木曜日

つきました。79.99でした。安値は79.90まであったようです。

まだ売りっ気がつよいですが、もう一度買うかどうか迷っています・・・
買いました!80.01で再度豪ドル/円のロングを作りました。今度のストップは79.50です。
これがついたらスッパリあきらめましょう。

こうしたディーリングは、またまたご叱責を受けるかもしれませんが、わたしのやり方ですので、悪しからず・・
さてさて、後は見るだけです。

今日は、例の集まりがありますので、3時過ぎにはいなくなります。
つまり、これ以上のジタバタはできないといえます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昼過ぎに一気に売られてきました。
ストップが87.00割れにあったようです。
豪ドル/円の安値は、80.03まで。これも風前の灯になってきました。
あとは見るしかないです。

今のところは、何もしませんので、ポジションもユーロ/円と豪ドル/円のロング継続です。

とりあえず、一旦の底を見た(?)と思ってますが・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

朝方は、安く始まった日経平均ですが、安値9320をつけてから反発して、現在9450まできています。
87円台になったにもかかわらず、でしょうか。

ドル/円も安値87.21を2度つけましたが(朝の4:25と8:10ごろ)87.20は付きませんでした。
87.00から大きなストップがあるとのことですが、どうでしょうか。

野田財務副大臣の発言「今のところ介入は考えていない」で、87.40から87.30まで動きましたが、再びじりじりと反発しています。
日経平均が、このまま堅調で終わるかどうかも気になるところです。何故かと言えば、株安は円高の連想になります。

今日は、例の集まりがありますので、ブログへの書き込みは午後3時過ぎには打ち切ります。
ポジションは、変わりません。ユーロ/円と豪ドル/円のロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

株高、債券高とくれば、このドル安も悪くないどころか、望むところです。

逆に日本にとっては「悪い円高」になってきました。
そろそろ当局の「口先介入」がありそうですが・・・

ダウ指数は、前日比+30ドルの10464ドルの引け
原油は、+1.94ドルの77.96ドル
金は、+21.20ドルの1188.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.042%の3.26%でした。

週間で発表される、新規失業保険申請件数は、46.6万件と50万を割り込みました。
ミシガン大学の消費者信頼感指数は、67.4と予想の67を上回りました。
新規住宅販売件数は、43万件と予想の40万件を上回りましたが、これは減税が11月に終わる事からの駆け込みとの見方のようです。
耐久財受注は、マイナス0.6%と予想の+0.5%を下回りましたが、前月分が+1%が+2%に上方修正されていたので、あわせてとんとんでしょうか。

タイトルにあるとおり、このドル安がプラスに働いているのですから、米国にとっては「良いドル安」です。
どこまでいくのでしょうか・・・

ポジションは、ドル/円のロング、ユーロ/ドルのロング、豪ドル/ドルのロング(つまりユーロ/円と豪ドル/円のロング)継続です。昨日の朝方と比べると30ポイント下がっています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月25日水曜日

すべてプラスになってきました。

特に中国株は、昨日の今日ということでもあり、変わらずの堅調。
日本株が少しですが反発したことも好材料です。

全体にドル売りがコンスタントに出ていますが、これも株が堅調に推移しているからといえます。

ポジションは、ユーロ/円、豪ドル/円のロング継続です。

また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

相場が膠着しているときは、おしゃべりに興ずるのもまた楽し、でしょうか。

今日の投稿で、どなたかの質問に答えた部分で若干、追加がありますので、この際新規に書くことにしました。


私のやり方では、ドル/円のロングとユーロ/ドル、豪ドル/ドルのロングは、結果的にドルが相殺されるので、クロス円として処理できると書きました。
また、私が銀行と直でやっているために、皆さんが証拠金取引でやっている場合は異なるのではとも書きました。
この件について、弊社のYutaka24の担当者からクレームがつきました。
Yutaka24(つまり、くりっく365の取引所取引)の場合は、全部のポジションがプール計算されるので、上述したような私のやり方でも問題ないとのことでした。
つまり、最初は対ドルでの通貨ペアで作ったポジションですが、他のポジションも同時に評価されるために各々の通貨ペアでのロス・カット発動に至らずに、トータルでの損益の結果、強制カット等が発動されるそうです。
このようなプール制を採用しているために、結果的にネッティングされるそうです。

私も経験がなかったので、間違った解釈をしていました。
このあたりのことは、もう少し私自身も勉強します。

以上

追伸
私のポジションは、変わっていません。ドル/円、ユーロ/ドル、豪ドル/ドルのロング継続です。
尚、ストップはクロス円(ユーロ/円、豪ドル/円)で置いています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比マイナス17ドルの10433ドルの引け
原油は、マイナス1.54ドルの76.02ドル
金は、+1.10ドルの1165.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.046%の3.303%でした。

ダウは17ドル下げましたが、相変わらず堅調な印象です。
長期金利も少しずつ下げてきました、つまり債券買いが強い。
株も債券もお金が流入している印象です。
これに比べると日本は逆です。株が軟調、海外投資を縮小(損失補填?)。

円買いも後ろ向きな動き(上述の損失補填?)。
安値88.35まであったようですが、あまり勢いは感じません。このままズルズルといくのでしょうか?

米国の経済指標は、7~9月期GDPの改定値が2.9%と予想通り(速報値は3.5%でしたが)。消費が下方修正。
コンフェランスボードの消費者信頼感指数が49.5と先月の48.7、予想の47.3を上回りました。
ケースシラー住宅価格指数も前年比マイナス9.36%とこれまでの二桁マイナスから一桁。さらに前月比では+を維持し。これで5ヶ月連続でプラスを維持。

日経新聞などでは、3ヶ月の金利が日米逆転となっていました。これで円高(?)、あまり関係ないと思います。
金利差が決定的な要素なら豪ドルはどこまでも上げるしかないわけになります。
まったく関係ないとはいいませんが、すべてを語るにはあまりにも短絡的です。

ポジションは、ドル/円、ユーロ/ドル、豪ドル/ドルのロング継続です(つまり、ユーロ/円、豪ドル/円のロング)。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月24日火曜日

休みの間に(昨日)流れが元に戻った印象でしたが、今日の東京市場を見る限りは未だ終わっていなかったようです。

日経平均が先週末比マイナス96円で引けました。
NYのダウ指数があれほど強く(堅調?)引けたにもかかわらず、でした。

こうなると手持ちの日本株のマイナス分を穴埋めする行為、つまり海外投資分の処分による補填が今日も見られたといえます。これがいつまで続くのか?この一点にかかっていると言えます。

もちろん、私はすでに処分のピークは過ぎたと考えていますが、どうでしょうか。
休みの間に好転したクロス円ですが、あまり芳しくない動きとなりました。

ポジションは、依然としてドル/円・ユーロ/ドル・豪ドル/ドルのロング継続です。
結果としてユーロ/円、豪ドル/円のロングになっています。ストップはそれぞれクロス円で置きました。130.00と80.00です。少し遠いですが、近場でのギッタン跋扈に巻き込まれないようにこのようにしました。

さてさて、どうなりますか?

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

金曜日は、株安・ドル高で引けましたが、昨日は株も反発してドル安に戻りました。
ドル/円は、狭いレンジ内を行ったりきたりでした。

ダウ指数は、前日比+132ドルの10450ドルの引け
原油は、+0.09ドルの77.56ドル
金は、+17.90ドルの1164.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.017%の3.349%でした。

金曜日に、ユーロ/ドルと豪ドル/ドルを買っています。1.4900と0.9195でした。
買った後に下げましたが、継続しています。今後は、このような取引(東京の夜間)も新しいブログで更新していきますので、皆さんにはそれほどの時間差も無くお知らせできます。

形の上では、ユーロ/円と豪ドル/円のロングになっています。つまり、ドル/円のロングも継続していることになります。

11月も今週で終わります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月20日金曜日

日経平均の下げが、為替市場にも影響を与えているようです。

信用取引で買い持ちになっていた投資家が株を切らされていることと平行して、外物の処分(豪ドルなど)が出たようです。従って、クロス円の売り。特に豪ドルの売りが目立ったといえます。

ブラジルに話も出ています(ADRによるNY市場でのブラジル株の買いが国内に転換される時に1.5%の課税)が、これは少し前に発表された例の2%課税の隙間を埋めたものでしたが、とりあえずブラジル株と通貨は売られました。
この影響もあったかもしれません。

豪ドルの下落に比べるとユーロの下落は限定的でした。やはり、オプション(ダブル・ノー・タッチ、1.48~1.51?)の影響もあるのかもしれません。

ドル/円は、クロス円がらみの売りに押された印象でした。

ダウ指数は、前日比マイナス93ドルの10332ドルの引け。安値は10256ドルまで。
原油は、マイナス2.12ドルの77.46ドル
金は、+0.70ドルの1141.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.022%の3.342%でした。

米国株式の下落はアジア・欧州の下落を受けた調整の印象でした。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月19日木曜日

ありますので、ブログの更新は3時過ぎまでで終わります。

この状況では、ポジションは継続となる可能性が高いです。
外は雨です。何やら気分も晴れません・・

昨日の為替勉強会は、スタートが午後5時過ぎでしたがたくさんの方が出席してくれました。
ありがとうございました。
この勉強会は、これまで午後1時過ぎでしたので、時間の都合がつかない方も多かったと思います。
今回は、私の都合で上記の時間にスタートさせていただきました。

次回からどうするか未だ決まっていませんので、希望があれば直接私に、あるいはH/Pのご意見欄、あるいは営業にでも伝えてください。なるべく多くの方の都合に合わせるよう努力します。
昨日の勉強会は、活発な質問も多く、こちらが面食らうものもあったりしましたので、予定時間を大幅に超えてしまったことも、お詫びします。次回からは個別に応えていくような方法も考えています。

以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は、じりじりと売られてきました(といっても89.30から89.20前後ですが)。
輸出などが売っているという話も聞きます。

今日のポイントは、89.50にあるオプションがらみの話でしょうか。
聞くところによれば、89.50からストップもあるそうです。昨夜の高値が89.49でしたので、このあたりのストップはありそうです。
この89.50を越えると買わなければならないし、下回っていれば売りになる、そのようなオプションがらみの話です。

現状は、下回っていますので、取り立てて心配する必要はなさそうです。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

そろそろお昼です・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

続いています。

昨日は、米国の住宅関連指標が発表になり、予想より悪かった(予想が60万件で実際は52.9万件)でした。
11月に入ってから、指標の悪さは金融緩和が継続することを意味するので、株は買われてドルは売られる構図です。
昨夜は、ユーロがリードする形ででドル売りになったようです。
ドル/円は、安値89.00高値89.49でした。ほとんどの時間は(NYオープンまで)89.10-15前後でした。
ユーロ/ドルは、昨日の朝方が安値で1.4858、高値がNYの昼過ぎに1.4991までありました。
豪ドル/ドルは、安値0.9268高値0.9336とユーロに比べると値幅は限定的でした。

ダウ指数は、前日比マイナス11ドルの10426ドルの引け
原油は、+0.44ドルの79.58ドル
金は、+1.80ドルの1141.20ドル
10年債利回りは、+0.039%の3.362%でした。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月18日水曜日

ほとんど動意を見せません。

クロス円が朝方に比べて売られている程度でしょうか。
ドル/円も89.15~89.30のレンジのようです。

日経平均が寄り付きから買われる場面もあったのですが、午後から売られています。
世界中の株式市場が上昇傾向にある中で、日経平均のパーフォーマンスが悪いです。
民主党政権に対する市場の評価に見えます。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

今日は、夕方5時過ぎから為替の勉強会があります。
時間の都合がつく方は、これからも毎月開きますので参加してみてください。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウ指数は、前日比+30ドルの10437ドルの引け
原油は、+0.24ドルの79.14ドル
金は、+0.20ドルの1139.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.009%の3.3255でした。

長期金利が日米で下げています(つまり、債券に買いが入っている)。
株高、債券高になっています。これはとても良い現象です!
そして、昨日の欧米市場では全体にドル高での推移となっています。

これまでの株高・ドル安に変化が出てきたともいえます。バーナンキ発言の余波ともいえますので、もう少し様子を見たいところです。
従って、ポジションはドル/円のロング継続です。暫く他通貨には手を出しません。

この水準でのもみ合いが続くのでしょうか??

銀行などのオーダー状況は、少し極端になってきました。
ドル/円は、88.70から断続的に買いが見えますし、上は89.60から90.10まで少しストップが見えます。もちろん、邦銀などには売りもあると思います(あくまでも一部のオーダーです)。
ユーロ/ドルも上は断続的に売りで(1.49台)下は1.4840から少ない金額ですがストップが続きます(1.4780まで)。
これは、海外勢のオーダー状況でしかも一部のものですので誤解のないように。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月17日火曜日

欧州勢の参入で、中東ネームがポンドを買ったとか言う話が出ていましたが、小動きです。

今日は早仕舞いとしましょう。
ポジションは、ドル/円のロング継続です。ストップは88.40です。

それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

共同記者会見が行われています。

どうも市場が期待した人民元に関する議論は無かったようです。
人民元よりも人権問題がテーマだった印象です。

ドル/円が5ポイント(89.05から89.10へ)動きました。

欧州勢待ちでしょうか・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ダウを見ると、10月の終わりから11月の初めまで調整の売りが続き、9700ドル台での攻防のあと反発して昨日の引け値、10406ドルとなっています。この間、ざっと700ドル近い上昇です。
これに比べると、ドル/円、ユーロ/ドルの動きはレンジ内での上下動となっている印象です。
何を言いたいかといえば、市場で言われているほど「ドル/キャリー」の勢いは一時ほど無いのでは、ということです。

株、債券などと為替の動きが連動していることは理解できますが、判で押したように一方向での動きが長く続くとは思えません。
特に昨夜のように「株も債券も」買われる状況になると、一概にドル安とも言えなくなるのでは、と考えます。

為替あるいは株・債券のどちらかが捻じ曲げられている状況に見えます。
もちろん、上がれば上がるで、それなりの理屈があります。下がれば下がるで・・・となります。

このあたりの状況を利用してファンド勢が大口の取引で相場を形成しているともいえます。

ユーロ/ドルがしっかりと1.50台を確保できるのかどうかは、一つの目安です。
このあたりの動きを無視して、ドル/円だけが売られる局面はどうも無理に思えるのですが・・・
こちらとしては、ストップが点いた時点で考える事にします。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

この株高、ドル安の連動。

バーナンキ議長の発言、「FRBの政策は強いドルの維持に貢献。政策目標は雇用の最大化と物価の安定。これらの取り組みが強いドルを保証する」が伝わると、瞬間ドルが買われました。ドル/円が89.60まで、ユーロ/ドルが1.4880まで。
ただし、議長の次の発言、「長期間、異例の低金利が維持する可能性。正常な金融政策への移行は経済情勢次第。来年末なでに失業率がかなり高くなる可能性を懸念している」これでドル売りが再燃しました。東京時間午前4時20分ごろにはドル/円安値88.75、ユーロ/ドル高値1.5017をつけました。

ダウ指数は、前日比+136ドルの10406ドルの引け
原油は、+2.55ドルの78.90ドル
金は、+22.50ドルの1139.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.069%の3.349%でした。

金余り、超低金利が維持される事で、株は高く、ドル・キャリーによるドル売りも継続されるという市場の判断でしょうか。それにしても「いつまで続くのか?」が多くの人の疑問として起きているのが現状の動きと考えます。

ユーロ/ドルが1.50台が重くなってきています。
ドル/円も最近のレンジの下限(88円台)。

昨日のように株も買われて、債券も買われる(金利が低下)状況は、ドル売り一辺倒になっていてもいいのかどうか・・・

だいぶ煮詰まってきたと考えます。

豪ドルは、予告通りに0.9380ですべて手仕舞いました。今回の豪ドルでは、何度も出し入れを繰り返してだいぶ稼がせてもらいました。しかし、ドル/円の方は逆にやられていますので、トータルで若干のプラスしか残っていません。
現在のポジションは、ドル/円のロングですので、このストップがつきますと豪ドルのプラスを超えてしまいます。
さて、どうなりますか。
ちなみに、ドル/円のストップ88.50を88.40に変更します(深い意味はありません!)。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月16日月曜日

0.9353でした。半分は残していますが、これも0.9380近くで手仕舞うつもりです。
逆に0.92台に下げてきたらまた買い戻します。

とりあえず、本命のドル/円はそのままです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

今朝方発表された日本の7~9月期GDPが予想を上回る+4.8%でした。
ドル/円は、瞬間売られて安値89.38をつけましたが、続かずにほとんど89.55前後で小動き。日経平均も小動き。

さらに先週末(金曜日)に90円を割り込んで89円台へと動いた背景が、中国の人民元切り上げのうわさでした。何年か前に(確か7月でしたが)突如切り上げに動いた記憶も生々しく蘇る、今回のうわさに対する市場の反応は素早かったといえます。あの時も最初の反応は円高でしたが、数日後には元に戻り、さらに時間が経つと円安に舵を切ったのでしたが・・・

何だかんだといいながら、ドル/円は頭の重い展開に終始し、狭いレンジの中を行ったりきたりです。
朝のブログにも書きましたが、ドル/円の買いオーダーは断続的にあるそうです。それをこなしきれるのかどうか。こなす時は私のストップが点く時ですので、潔くポジションを閉めます。

今夜は胡錦濤主席と夕食、明日は米中首脳会議と共同記者会見、翌日は温家宝首相と会談となっていますので、オバマ大統領が明後日に韓国へ向けて発つまでは神経質が続く?のかもしれません。

いずれにしても、私のポジション(ドル/円と豪ドル/ドルのロング)は変わりません!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

銀行のオーダー状況ですが(これは一部の銀行にある注文状況ですので、全体を表してるものではありません)、ドル/円は89.40から88円台半ばにかけて断続的にまとまった買い注文が入っているようです。
上の方は、90.20から金額は大きくありませんがストップが91円台前半まで見えます。多分、日本の銀行にはそのあたりに売り注文が入っているものと思われます。

ユーロ/ドルは、上(1.50台前半から)には売り注文、下(1.48台前半から)には買いとストップが混在しているようです。

以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ミシガン大学の消費者信頼感指数は予想より悪い66.0でした。前月の70.6も下回りました。
貿易収支も赤字幅拡大でした。ただし、輸入の増額は米国の経済の復活の兆しと捉える事も可能です。これは、今後の推移を見るしかありませんが。

ダウ指数は、前日比+73ドルの10270ドルの引け
原油は、マイナス0.59ドルの76.35ドル
金は、+10.10ドルの1116.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.024%の3.42%でした。

ポジションは、ドル/円と豪ドル/どるのロング継続です。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月13日金曜日

東京時間のどうしようもない膠着感に比べると、欧州勢の参入で一気に活性化した為替市場です。

今日は、独のGDPの発表もあったので、それなりに理由はあるでしょうが、それにしても・・・です。

最初の動きは、ドル/円でした。90.20-22から90.41まで買われました。
そして、独のGDPが発表になりユーロ、豪ドル、ポンドなぢが買われました。数字自体は予想より若干悪かったのですが買われています(ドル売り)。ドル/円も少し売られましたが、クロス円は買われました。

この動きが続くかどうか分かりません。今夜は米国でミシガン大学の消費者信頼感指数が発表されます。
結局は、米国株式市場の動きが拠り所になるという図式は変わりません。

ポジションは、ドル/円と豪ドル/ドルのロング継続です。
今夜7時から生放送「本音で・・・」があります!是非、皆様の積極的な参加を期待します!
それでは、その時間にまた!
参加できない人には、良い週末を!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨夜も鶏と卵の関係のようでしたが、結果としては「株安・ドル高」になりました。
どうも最近は、円もその他通貨の動きに連動しているようです。

さて、ドル/円は90円台回復となりましたが、豪ドルも売られた(米ドルの買い)ので、ほぼトントンで終わりました。
これは、ドル/円のポジションが豪ドルのポジションを上回っていたためです。
しかし、今朝方0.9230あたりで買い増ししましたので、形の上では豪ドル/円になっています(それでもドル/円が少し多い)。

米国株式も連日の高値更新でしたので、一旦の調整は止む無しといったところです。
今晩の「本音で・・・」の中でも分析を兼ねて、今後の展開を皆さんと一緒に考えたいと思ってます(是非、参加してください!)。

ダウ指数は、前日比マイナス93ドルの10197ドルの引け
原油は、マイナス2.34ドルの76.94ドル
金は、マイナス8ドルの1106.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.0455の3.438%でした。

こうした上下動を繰り返しながら進んでいくと覚悟して臨んでください。そういった意味で、利食いを確実にする事もまた必要といえます。私の場合も、豪ドルの買戻しが早過ぎたことが反省として残ります。ただし、反省はしても悔やんではいません。あたりまえですが、その時の判断は自分にとってベストだったわけですから。悔やむくらいならポジションは持ちません?!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月12日木曜日

ドル/円は、膠着。その他通貨は揺り戻しで売られてきました。
背景は、ダウ指数先物が売られてきたことでしょうか。これも背景は日経平均の下落でしたが・・

上げた後は調整、この繰り返しのようです。

ポジションは、ドル/円と豪ドル/ドルのロング継続です。

明日は、午後7時から「本音で・・」があります。大橋さんとのトークです。
早いもので、もう1ヶ月経ったのですね。
金曜日の夜でお忙しいとは思いますが、時間に都合のつく方は是非参加してください。
皆さんとの楽しい会話を期待しています。
それと、来週の18日(水)午後5時10分スタートで為替の勉強会をやります。こちらも奮って参加してください。
日頃の疑問など直にぶつけるチャンスです!
場所は、日本橋蛎殻町豊商事本社ビル9階です。

それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

コストは、0.9336です、

さきほど日本国債の話を書きましたが、その後も利回りは低下して1.38%まで行ったようです。
現在は、1.385%ですが、それにしても1日でこれほど動くとは・・・
ドル/えんで言えば3円?5円?にも匹敵するものです!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

このところ長期金利が上昇していましたが、昨日、今日と随分下げています。

金利が上がるという事は債券が売られることと同義です。
このところの長期金利の上昇は、政府による国債発行が避けられないことからの供給過剰が嫌気されてのものだったといえます。これまでも供給過剰でしたので最近の市場の反応は健全といえます。

これが藤井財務大臣の発言から変わって来ました。つまり長期金利の上昇に対して警戒感を表明したのです。市場は、最近の郵政事業を巡る一連の動きから、政府よりになった新しい体制が大量に国債を買うのでは?という空気が生まれたようです。
一時、1.47%あたりまで上昇した10年物の金利ですが、今日は1.40%まで下げています。

こういった動きが、為替や株式市場にも伝染しているように思えます。
つまり、大量の国債を買うために海外投資を引き上げる(つまり円買い)あるいは国内株式を整理することで資金を作るのではないかという話です。
もともと国債を大量に保有しているのですから、何を今更とも言えますし、海外物にしてもこれまでの民営化の過程で随分と整理してきたはずです。ましてや株式投資をそれほどしているのでしょうか?簡保はやっているかもしれません。

いずれにしてもこうした背景があって、今日の東京市場の動きになっていると考えるのはどうでしょうか・・・

私のポジションには、あまり歓迎できない話ではあります。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

豪ドルが買われています。
失業率は、5.7%から5.8%へ悪化したのですが、新規雇用者数がマイナス1万人の予想に対して+2万4500人となったことが背景のようです。

それにしても好調な経済といえます。これで12月にも再びの利上げ期待が高まるのでしょうか。
とりあえず、豪ドル/ドルは、0.9363で一旦、手仕舞いました。
もう一度下がってきたら買います!
何しろ本命は、ドル/円ですので(?!)。こちらの方は、まだまだ布団を被っているようです・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

Ny市場は、銀行が休みだった(株、コモディティは通常通り)ので為替も静かだったといえます。
欧州時間の初っ端に、円以外の通貨が買われた(ドル売り)反動でNY時間には失速して終わっています。
特にポンドは、大きく下げています。ユーロ/ポンドは、0.90台半ば近くまで上昇。

豪ドル/ドル(現在保有しているので気になります)は、東京の未明に(1時~2時の間)0.9275を何度もつけましたがここがサポートされています。何か大きな買いがいた模様です。

ドル/円は、東京時間午後5時あたりに90.04をつけてこれが高値、失速しても89.77までで小動きでした。
東京時間の大きなスウイングから期待したのですが、上下のオーダー(90円以上の売りと89.50以下の買い?)に挟まれた様子でした。

昨日のドル/円のスウイングの真相は藪の中ですが、これで私のポジションに対する覚悟もできました。
あとは時間が答えを出してくれるでしょう?!

ポジションは、ドル/円と豪ドル/ドル(一度1/3を売りましたが、再び0.9285で買い戻しています)のロングは継続です。

ダウ指数は、前日比+44ドルの10292ドルの引け
原油は、+0.19ドルの79.24ドル
金は、+12.1ドルの1114.6ドル
債券市場はお休みでした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月11日水曜日

ドル/円は、90.03あたりまでありましたが、90円台の売り圧力に押し返されました。
全体にドル売りが強い展開です。

豪ドル/ドルも買われてきましたので、再び1/3のポジションを@0.9320で手仕舞いました。
残りはキープしています。
ドル/円のロングも継続です。

ダウ指数先物が買われています。為替でドル売りなのでダウが買われたのか、これは鶏が先か卵が先かの話になりますので止めます。

今日の午後3時前後の動きの続きですが、市場ではドル/円の買手は中東だったとのうわさもあります。
真偽はともかく、前回も(88.01までドル/円が売られた時)大きくドル/円を買ったのがサウジアラビアだったという話が出ていました。中東ネームが円売りに出てくるようになりましたが、彼らのポートフォリオの変更が着々と進んでいるのかもしれません。

後は時間が解決してくれるのでしょうが、こちらは布団被って寝る時間が続きそうです。
それでは、今日はこの辺で、「おやすみなさい」ではなくて、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

のた打ち回ってます。
2時過ぎに安値89.29をつけてから、大きく反発して朝の水準まで戻ってしまいました。
東京時間としては、珍しい値動きになりました。

東京カットのオプションとか言う話もあります。
真相は常に藪の中・・・

いずれにしても全体にドルが買われてきました。
ポジションは、ドル/円と豪ドル/ドルのロング継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

じりじりとドル/円が売られて、安値89.32まであったようです。
切っ掛けは、ファンドの売りとも言われています。その後に被せるように円買いを入れているのが例のAI(人工知能?)による自動売買システムではないかともいわれています。それもポンド/円の売りで出たという話になっています。
最近は、ポンドの動きが(最近でなく前から?)急ですので、裏にはこういったシステム売買があるのかもしれません。

とりあえず89.50以下にはそこそこの買いもあるようですが、89.30から断続的に買いも見えているとの話です。
さてさて、正念場になってきました。
とりあえず、ストップを変更しました。89.00から88.50に。

ドル/円と豪ドル/ドルのロングは継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

鉱工業生産が、予想(+15.5%)を上回る、+16.1%でした。

これでドル/円、クロス円が少し買われました。
豪ドル/ドルを一部(1/3)手仕舞いました(@0.9320)。残りの2/3は継続しています。
ドル/円も継続しています。

そろそろお昼です。

追伸
上記のように書いていたら、豪ドルが売られてきましたので、再び買い戻して(@0.9292)ポジションは元に戻りました。お騒がせしました。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

米株が堅調に推移したことから、結局行って来いとなったようです。
アジア時間に急変したポンドも今朝はまた1.67台と150円台で帰ってきました。

ダウ指数は、前日比+20ドルの10246ドルの引け
原油は、マイナス0.38ドルの79.05ドル
金は、+1.10ドルの1102.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.013%の3.472%でした。
休日前ということもあって、Nyは閑散でしたが、休日前の利益確定うりが出るかもしれない思っていたのですが、米国株式は前日比+で引けました。

ポジションは、ドル/円のロングと豪ドル/ドルのロング継続です。

今日は、東京は雨です。
昨日は、深川から北千住(!)に回って痛飲!
さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月10日火曜日

ポジションは、そのまま継続します。

布団被って寝ましょう。
今日は、これから深川に行ってきます。
友人と飲みます。

では、又明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

これまで格付けがAAA(トリプルA)と最上格付けを得ていた英国ですが、さすがに財政赤字の規模といい格下げの観測が出てきてもおかしくありません。
これを受けてポンドが対ドルで150ポイント以上下げました。

こういった話になると、それでは米国は?となります。
英国の格付け会社でありフィッチがやれば、今度は米国の格付け会社であるムーディズやSPが米国を格下げしても不思議ではありません。
日本の場合は、海外投資家が国債などを保有している割合が小さいためにさしたる問題ではありませんでした。
しかし、英国と米国の場合は、少し事情が違います。海外の機関投資家などは格下げになればどうしても保有額を減らさなくてはなりませんので、このあたりが嫌気された可能性はあります。
まあ、このところのリード役だったポンドでしたので、反応も激しかったようです。

私のポジションは、ドル/円と豪ドル/ドルのロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨日のポジションは、昨日の内にきれいにしましたので、また改めて。

コストは、0.9277です。

ドル/円のロングは継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

何やら官僚の作文のタイトルですが、少し頭の中を整理してみましょう。

10月の最後の2週間は、エマージング(新興国)市場の調整が進行しました。
多分(私の推測)、ファンドなどの年度末を意識した手仕舞いが先行したのでしょう。背景としては、米国のFRBによる出口政策への始まりがリスクとなったことが挙げられます。9月も市場でうわさになりましたが、FRBの理事でタカ派(利上げ、引き締め論者)と目される人も少数ですがいるために、年内の利上げを唱える人も出てきたと記憶しています。
この過程で、エマージング市場はもちろん主要国の株価も調整されて売られました。
為替においても、これまでのドル売りが逆流してドル買いに転じたのがその期間でした。
こうした流れが、先週の一連の政策決定会合(FRB、ECB、MPC)及びG20でもこれまでの金融(超)緩和政策と量的緩和政策を継続する事が確認されたことにより、再びリスク志向が高まり現在に至っているといえます。
また、先週末の米国雇用統計もFRBが依然として現行政策を遂行する必要を市場に確認されたと言えます。

「株高ドル安」傾向は、年末まで続くと見ています。

この結果、米国株式はダウ指数で今年に入ってからの最高値を更新しました。
資金余剰は、バブルを生みやすい環境でありますので、これまでと同じ様にガス抜きをしながらの危うい政策運営になる事は論を待ちません。
ただし、各国政府の本音は「ある程度のミニ・バブルは必要」と考えていても不思議ではないと思います。
実体経済の低成長が、株式市場などのミニ・バブルによって刺激される好循環を期待すると言う意味で。
中国の不動産バブルは不気味ですが、今のところは必要悪かもしれません。今後も中国市場には注意したいと思います。

ドル/円もこの流れの中で上下動を繰り返しています。特に先週末からの円高(?)の動きは、これまでと違った印象を覚えます。昨日の動きは「ドル安円安」気味でしたが、金曜日(雇用統計後)はドル/円がリードする形での「ドル安」だったと考えます。
大きなポジションの変更があったのかもしれません(ドル/円のロングからショートへ)。

今、私が期待しているのは、日本の機関投資家(生保など)の円ヘッジ(円を買って海外投資をヘッジしたもの)ポジションが、ヘッジ外しに動く事です。それと未だ市場に残るまとまった円ロングの切りでしょうか。
逆に輸出などは、10月の1、2週に相当額の予約を入れた形跡がありましたので、少なくとも90円割れの水準では動いてこないと考えています。
11月は米国債の償還、利払いが集中する月でもあります。この辺りが11/15前後にどのていど出てくるかも注目です。
2月や8月ほどではないと思いますが、どうでしょうか。

以上



人気ブログランキングへ

これに円安と来れば、ピッタシ!だったのですが、ドル/円は動かず。

先週から書いている通り、FOMC、英国のMPC、G20とダメ押しでこれまでの金融緩和政策の継続となったのですから、一旦調整されたものが元に戻る動きになっただけといえます。
もちろん、危うさを抱えてのものであることは当然です。あとは、ドル/円がいつ反騰するかだけです?!

昨日作った豪ドル/ドルのロングは、目出度く0.9305で手仕舞い。従って、現在のポジションは、ドル/円のロングだけです。こちらは未だ布団を被って寝かせています・・・

さて、ダウ指数は前日比+203ドルの10226ドルの引け(今年の最高値を更新!)
原油は、+2.00ドルの79.43ドル
金は、+12.40ドルの1108.10ドル(こちらも最高値更新!)
10年債利回りは、マイナス0.023%の3.474%でした。

これといった指標もなく、どちらかといえばテクニカル要因(チャートなどの技術的なもの)での米国株式の上昇ともいえます。これを受けて日経平均も今日は10000円に近づく可能性が出てきました。

お知らせですが、来週の18日(水)に為替の勉強会をやります。これは毎月やっているものです。詳しくはHPで見てください。時間の都合がつけば、是非とも参加して直接私と議論しましょう!!

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年11月9日月曜日

ドル安円安の流れになっています。
ダウ指数先物も前日比+60ドルになってきました。

豪ドル/ドルのロングは、2/3を0.9266で手仕舞いましたので残りは1/3です。これも0.93を越えたら手仕舞います。
ドル/円のロングは継続です。

さて、今日もそろそろお開きにします。
また、明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

朝方、豪ドルを買いましたが(0.9215)、昼過ぎに0.9270で手仕舞い。
また下がってきましたので、0.9250で再度買いました。

ドル/円は、布団を被せて寝かせています。ドル/円がロングなので、豪ドル(対ドルで)は買いです。
結果的に豪ドル/円のロングになりますが、ストップは別々に置いています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

私の所属しているゴルフ・クラブのシニア選手権がありました。

1週間前に予選が行われて、16名が通りました。私も5位通過で、昨日本選の1回戦が行われました。
予選は、ハンデなしのスクラッチでのストローク戦で行われて、本選からはマッチプレー(ホールごとに勝ち負けを競う)となります。
結果は、惨敗でした。なんと3パットを5回もやってしまい、自滅でした。
捲土重来を期するしかありませんが、1年待つのも辛いものです。
少し真面目に取り組まなくては、そう簡単に上位にはいけないことを改めて思い知らされました。
月に1回の例会(月例と呼ぶ)に出ることにしましょう。

ということで、忙しかった週末でしたが、皆さんはどうでしたか?
天気も良かったですし、それぞれに秋を満喫なさった事と推察します。

さてさて、週明けの東京市場ですが、寄り付きは円買いが強かったですが、その後反発しています。
日経平均も寄り付きこそ売られましたが、円よりも早く反発していました。
どう考えても、失業率で円買いになることは私には理解できません。むしろ、今後の金融緩和・量的緩和政策の継続が確認できたことから、10月半ばまでの相場に戻してくる方が自然ではないでしょうか。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。それと朝方豪ドルを少し買いました。
紆余曲折はあるでしょうが、金曜日の円買いが逆に円売りになって跳ね返ってくることを期待しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社