2009年10月30日金曜日

9月、10月とそこそこの変動があったといえます。
11月もやはり乱高下は必至となりそうです。

欧州勢の参入からドル/円、クロス円ともに下げています。
背景は、ダウ指数先物が一時9860割れまでいった(現在は9875あたり)ことでしょうか。
やはり米国株式が主因になる構図は変わりありません。

朝方の水準に比べると芳しくありませんが、ポジションは継続します。
やはり懐に入れる(利益確定)までは、油断大敵です。

昨日の水準に戻してもおかしくありませんし、今の相場は節操も何もありません。やはり流動性に
欠けているのでしょう。来月も同じ様な環境での取り引きなりますが、心してやっていきましょう。
今月もお付き合いいただき、ありがとうございました。
来月も頑張っていきましょう!

それでは、今夜の「FXデスマッチ」でお会いできる方にはその時に。
それ以外の方には、良い週末を!また来週!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

是は月末特有の動きと考えていいと思います。
ここ最近(7,8,9月ですが、4月以降といってもいいかもしれません)、月末に大口のドル売りが輸出企業から持ち込まれることが目に付きます。
これは、海外の売り上げが急速に減少したために、売り上げの計画が立たず、従って為替予約も入れられない状況が続いています。そのために先物予約(輸出業者ならば、3ヶ月あるいは6ヶ月先のドル/円の売りをすることを予約するという)がないので、海外からの売上代金を受け取った時点で円に換える(つまりドル/円を売る)作業をします。ある程度まとまった時点で銀行に持ち込みますが、どうしても月末に集中するのでしょう。
ご承知のように米国の政府補助金のために8月は日本車も相当売れました。このために8月末は通常よりも大きい金額が持ち込まれました。9月も同じでした。
これらの注文が仲値に集中することもありますが、むしろ昼過ぎに持ち込まれることも多い特徴があります。
10月末(今日です)は、8、9月末に比べると金額は少ない印象です。昼過ぎからのドル/円の背景はこういったところかと思っています。
今日は、この後にロンドン仲値(ロンドン時間午後4時頃)に日本の投信の為替予約が少しあるようです。是は円売りになります。少し(5億㌦?)ですので、それほどのインパクトはないと思います。

こういった実需の動きが底辺にありますので、これらの動きと投機筋の動きがシンクロしますと、思わぬ動きになる事があります。

もう少しだけ書きますと、今月の初めから某大手自動車会社のドル/円の売りが凄かったという印象があります。
もちろん、上述したようにこの会社も似たりよったりの為替予約状況だったと思われ、さらに10月はじめの市場の空気は、円高に比重をかけたものでしたので、先行きのリスクを考えて思い切って90円割れでも果敢にドル/円を売って先物予約をしたものと考えます。
こういったことが先行きの需給を変えてくる可能性がありますので、注意したいところです。

長くなりました。ポジションはそのまま継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

良い天気です。
誰かさんが書いてましたが、布団を干すには絶好の天気です。
生憎、私の布団はまだ使用中なので干せませんが・・・

今日の昼は川を越えて、深川まで足を伸ばしました。
大川(隅田川)を挟んでいますが、こちら側と向こう側とでは空気が違います。
こちら側は、旧日本橋区ということで会社が多いです。向こう側は、いわゆる下町の住宅が多いといえます。
両国にも近いので、相撲部屋も多いと聞きます。
この間も昼食で両国のラーメン屋に行った時に、まだ序の口あたりのお相撲さんが二人いました。
この二人の食べっぷりといったら!
なんと替え玉6ヶ(!)、こちらは出てきましたので、その後の展開は分かりませんでしたが・・

市場は膠着、ポジションはユーロ/円と豪ドル/円のポジション継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

市場は膠着、ポジションは継続です。

良い天気ですので、今日は遠出してきます。
そろそろお昼です(まだ早い?)。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

と素直に喜びましょう。

ドル/円の買いシグナルが、1日早く出たので、今回は苦労しました。
もともと、豪ドルなどは調整された(つまり売られる)局面で買う算段をしてましたので、
昨日のようなディールに結びついたといえます。

昨日の欧米市場を振り返ってみますと、すでに欧州時間にはドル/円が90.70前後まで戻していました。
ユーロ/ドルもアジア時間の安値を底に反発していましたが、それほどでもありませんでした。豪ドルは、ユーロよりも反発が強かった印象でした。
そして米国の3QGDPが発表になり、3.5%と予想の3.2%を上回りました。
しかし、それ以上に市場が反応したと思います。
何故か。単純に考えれば、ポジションが「ドル高円高」に傾いていたとしか言えません。

先週辺りから、新興国通貨が売られ気味になっていましたが、今週に入ってからは主要国通貨も高値から下落していました。11月初旬の米国の感謝祭の前にポジションを手仕舞う動きが出たとしても不思議ではありません。
ユーロ/ドルは、1.50台から昨日の1.46台まで。ポンド以外は大きく調整されていたといえます。
この動きに便乗したクロス円の売りが大きくポジションを傾けていたとしても驚きません。
しかもFRBによる出口戦略の始まりという不安感も後押ししたかもしれません。

そこに3Qの前期比年率で3.5%という良い数字が出ましたので、一気に反対取り引きが出たものと思います。

ダウ指数は、前日比+199ドルの9962ドルの引け
原油は、+2.41ドルの79.87ドル
金は、+16.60ドルの1047.10ドル
10年債利回りは、+0.081%の3.496%でした。

ポジションは、ユーロ/円と豪ドル/円のロング継続です。ドル/円のロングは、すべてクロス円に化けています。

今夜は、会員向けですが、7時から90分の生放送「FXデスマッチ」があります。だいまんさんと大橋さんと一緒ですが、どうなりますか。是非、時間があれば参加して楽しんでください!!

さあ、今日もがんばっていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月29日木曜日

一気に流れが変わりました。

やはりアジア時間は主役ではないのでしょうか。
このままの流れが継続するかどうか分かりませんが、とりあえず一息入れています。

NY時間は、又違った動きになりやすいので、注意したいところですが。
ポジションは、ユーロ/円と豪ドル/円のロング、それと小さくなりましたがドル/円のロング継続しています。

明日は月末ですので、もう一段の輸出の注文がどのくらい出るかがポイントです。
それが終われば、元に戻ってくると思っています。

それでは、また明日!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円が安値90.40までつけています。
クロス円の売りも目立っています。

とりあえず豪ドルとユーロを対ドルで買いました。形の上では豪ドル/円とユーロ/円のロングになりました。

あとは布団を被って寝るだけです。もちろんストップは置いています。
オヤスミナサイ!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ここまでの動きは、米国の金融政策が少し(?)出口戦略に向かう可能性が出てきた事からの調整と考えます。

「ドル高円高」はこれまでの動きの調整の動き。

昨夜からドル/円のショートを手仕舞い、逆にドル/円のロング(ドルの買い持ち)に方向転換しました。
いつものように少し早かったといえますが、基本的には91円を挟んでの動きを想定しています。

クロス円もだいぶ下げてきました。豪ドルなども85円台から81円台です。ユーロ/円も138円台から133円台。
押し目といえば押し目ですので、買いたかった人には良い機会が訪れてきたといえます。

今日の日経新聞には、オバマ政権が景気刺激にむけて次の政策もといった観測記事がありました。住宅ローン減税も11月末に期限が来ますが、どうやら延長になりそうだと言う記事もでていました。

米国株式は下落しています。
ダウ指数は、前日比マイナス119ドルの9762ドルの引け。
原油は、マイナス2.09ドルの77.46ドル
金は、マイナス4.90ドルの1030.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.032%の3.413%でした。

耐久財受注は、予想通りの+1%、新築住宅販売件数は402,000件と予想の440,000件を下回りました。
当面はこうしたマダラ模様の動きが続きそうです。

昨日の勉強会は、活発なやり取りになりとても嬉しかったです。
今後も続けますので、皆さんと一緒に歩いていけたらと思っています、よろしく!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月28日水曜日

ここまでの動きを見る限り、もう少し下があってもおかしくないのですが、少し嫌な感じを持ちましたので、一旦手仕舞いました(91.18でした)。
今度は、91.00前後は少し買います。

突然の方向転換ですが、これは例のシステムに関係しています。詳しくはいえませんが、今日の午後5時にシグナルが点灯しています。それも売りでなく、買いです。
ただし、自分自身が納得できない部分もありますので、とりあえずポジションをきれいにしたわけです。

取り引きとしては、あまり利が乗っていませんが、良しとします。

勉強会が長引きましたので、書き込みが遅れた事をお詫びします。
さて、どうなりますか・・
また明日!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

この時間になってもブログを書いているのですから、相当遅れています。
申し訳ありません。

昨夜は少し飲み過ぎたようです・・・

さて、市場ですが、ダウ指数は前日比+14ドルの9882ドルの引け
原油は、+0.87ドルの79.55ドル
金は、マイナス7.40ドルの1035.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.106%の3.449%でした。

消費者信頼感指数は、再び50を割り込んできました。
2年債の入札は好調だったようです。指標の悪かったことと併せて、長期金利が低下した背景でしょうか。
株は、頭の重い展開が続いている印象です。

為替は、各通貨がバラバラに動いている印象です。
ユーロが安いですが、ポンドは堅調。円は、小動きでした。
NY市場のドル/円の高値は、92.12でした。

ポジションはドル/円のショート継続してます。
今日は、午後4時過ぎから日本橋蛎殻町本社ビルで為替の勉強会をやります。
市場分析と併せて、私流の相場シナリオの組み立て方なども少し話す予定です。
天気もいいし、時間があれば是非参加してみてください。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月27日火曜日

今日の4面のコラム「ウォール街ラウンドアップ」が、昨夜の米株式市場の動きを的確に伝えています。

掻い摘んでみますと、先ず「ダウ急落のきっかけ」として、ファンド勢のドル買戻しとしています。
この点は、私が時系列で確かめたものと一致しています。ユーロ/ドルが鼻を切って動き、ダウ指数が後を追いかけたようです。
ドル安を支えに、原油先物の上値を試していた投機筋がすかさず反対売買に動き、続いて素材・エネルギー株の売りを誘発したと書いています。

この背景として、先週末、欧米紙を使って流したFRBの観測気球が効いたと指摘。来週のFOMCで超低金利の長期化スタンスの修正を検討するとの内容でした。これまでドル安を起点とする金や原油への投機は一息入れざるを得なかったと結論付けています。

11月末に期限を迎える住宅減税の延長問題も依然として民主党内部で意見の相違があり、この決着が週内にもあるとの観測も紹介されています。FRBが模索する流動性相場の幕引きは長期金利の波乱要因でもあり、昨日の10年債利回りが3.5%を越えた事は一連の動きの証左といえます。
ニューヨーク連銀が29日のオペレーションで、今春からの3000億㌦の米国債買い切りを終える予定です。これによって非常時対応の一つが終えると、米国の危機対応は出口の入り口に差し掛かるとも指摘しています。

先週の金曜日と昨日、2日続けてダウ指数が100ドル超の下落となったわけで、今晩も下げると市場の動揺は増します。さすがに今晩は多少の反発と思いますが、どうでしょうか。

このような状況の中で、まだまだ乱高下を見る事になるのでしょう。
私のポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

これと言って注目された経済指標の発表もなく、要人発言もなく、市場は大きく調整されました。

ダウ指数は、前日比マイナス104ドルの9867ドルの引け(金曜日に続いての100ドルマイナス)。
原油は、マイナス1.82ドルの78.68ドル
金は、マイナス13.60ドルの1042,80ドル
10年債利回りは、+0.066%の3.556%(利回り上昇は、債券が売られた)

長期金利は3.5%を越えてきました。
日米ともに長期金利がじりじりと上げてきました。

ユーロ/ドルは、昨日の午前中につけた高値1.5064から今日の未明に1.4845までの下落。
ドル/円は、0時過ぎに92.29の高値。ユーロ/円は、136.82まで下げました。

「ドル高円高」とまではなっていませんが、クロス円は売られました。
唯一、ポンドだけがほぼ昨日と同じ水準でした。

ドル/円は、92円台は売り注文が並んでいるようです(93円まで!)。
さて、米国株式がダウ指数10000ドルを簡単に越えられないようです。この調整が続くのか、あるいは一旦のトップをつけたのかどうか、見ものです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。実は、昨日もユーロ/ドルを1.50後半で売る算段をしていたのですが、届かずでした。私は、ドル/円が基本ですのでそのポジションがロングならば他通貨は買い、ショートならば売りでタイミングを見ています。つまりクロス円にするわけです。残念!

今日は台風一過、良い天気になりました。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月26日月曜日

市場は静かなようです。
昼前に、中国のメディアが外貨準備の多角的な運用で、ユーロや円の名前を挙げたことから、円・ユーロともに対ドルで買われたようです。これも当局の発言と言うわけでもなく、個人的な意見ということで反発しています。

ドル/円は、安値91.57を11時半と12時過ぎに2度つけましたが、跳ね返されています。戻しは91.96だったようです。
ユーロ/ドルは、昨日の高値1.5061を一時的に越えまして、1.5064が11時20分頃についています。

とりあえず92円台は実需などの売りで抑えられた格好ですが、91.57までとするとたいした押し目もありません。金曜日の欧米市場でゆっくりと確実に円を売っていたところは未だ出てきていない印象です。
金曜日の円売りは、相当あったと思っています。それをある程度吸収する円買い注文もあったのでしょう。

当面は、91.20~92.20のレンジ内の動きと考えますが、どちらかに抜けると売り買いが活発になりそうです。
ポジションは、ドル/円のショート継続です。待ちましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

じりじりと円売りが出ているようで、ドル/円が92円台にのせてきました。

当面のターゲットだったこともありますので、驚きはありません。
構図としては、8月の初っ端にみたような海外勢の円売りです。
株に動きは見れませんので、債券売り(金利上昇)に絡めての円売りに見えます。

8月の時もそうだったのですが、オプションでも1年あるいは2年といった長いところで円売りを作っているようです。
今回は海外勢が主導権を取れるのかどうか?!

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。92円台でも少し売って目一杯にする予定です。
ストップは、93.00に置き直します。

ダウ指数は、前日比マイナス109ドルの9972ドルの引け
原油は、マイナス0.69ドルの80.50ドル
金は、マイナス2.20ドルの1056.40ドル
10年債利回りは、+0.075%の3.488%でした。

ポンドの水準が下がった他は、やはり円でしょうか。92円台にのせてきました。
豪ドルが少し水準を下げています。全体に調整段階に見えます。
取り引きから推測すると、値幅以上にドル/円の取引額が多かったようです。
相当な金額で円売りが出ていたと言えますが、同じ様に相当な金額で円買いもオーダーとしてあった印象です。

今週は、10月の最後の週です。金曜日までに大きく動くと考えています。もちろん、最終的には円が買われると思っていますが・・どうでしょうか。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月23日金曜日

ドル買いになっています。

朝方の動きは、投信の設定を思わせるような動きでした。豪ドル/円は、85円台をつけています。
そこから今度はドル買いが目立ってきて、各通貨は対ドルで少し下げています。

ドル/円の高値は、91.60あたりでしょうか。昨日の91.72を再度ためすかどうか。
8月の第1週の金曜日につけた97.78から安値88.01まで動いた値幅の38.2%(フィボナッチ)戻しが、91.75あたりですので、そこを越えられるかどうかがポイントでしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続しています。

お知らせですが、本日予定されていました「耳寄りな・・・」は、都合により来週の月曜日になりました。
これは、例の集まりが本日ありますので、順送りになった次第です。
ということで、今日は午後3時半過ぎからブログの更新はありません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

前日に売られた金融株が大きく反発しています。その主因になったウエルズファルゴ銀行も反発。
前日比+131ドルの10081ドルで引けました。

原油は、マイナス0.18ドルの81.19ドル
金は、マイナス5.90ドルの1058.60ドル
10年債利回りは、+0.032%の3.417%でした。

株高を受けて、ドル安も進行、ただしドル/円だけは逆行して「ドル安円安」になっています。

9月から例の藤井発言により過度な円高リスクが意識された反動が起きていると言えます。
ただし、そのピークもそろそろかと思いますので、ドル/円も92円台まであるかどうかと考えています。
やはり根っこは「ドル安」の傾向と思いますので、ドル/円だけが逆行する事も限界があると考えます。
ただし。市場に残る円のロングがまだ相当残っているとしたら別です。
しばらくはもみ合いと思っていますが・・・

ユーロ/ドルも再び1.50台にのせてきました。
銀行などのオーダー状況を見ると、1.51前後に相当な金額のオーダーが集中しています。手前は売りで、越えるとストップというものです。オプションなども関係しているようなので、このあたりの攻防は迫力がありそうです。
越えられるか、越えてもステイできるかどうか。

ドル/円は、高値91.72までありましたが、再び91.70には売りが入ってきています。やはり、91.50より上から92円台にかけては、売り手がいそうです。逆に下の方は90.50を割れるとストップがみえます。そこから89円台後半までストップが並んでいますが、そこまでいくのも簡単ではないでしょう。
しばらくはもみ合いが期待されますし、ある程度の時間が必要な事も確かです。


私のポジションは、ドル/円のショートを継続しています。ストップは92円半ばです。コストは91円台前半です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月22日木曜日

昨日書いたようにドル/円の水準が90.80以下の場合に点灯する可能性がありましたが、この水準では数字はそろいませんでした。この結果、当面は数字がそろうまで少し時間がかかることになります。

希望的には、このあたりでもみ合って欲しいのですが・・・

今日作ったドル/円のショートは継続します。本来ならば、ヒット・アンド・ランで臨むはずでしたが、今夜の動きに期待しつつ帰ることにします。

もしやの売りサインの点灯に踊らされたことになりましたが、致し方ありません。
自分の気持ちも91円台は、一旦手仕舞う予定でしたので、このあたりの動きは容認できます。

ここまで順調に来ていましたが、少しリズムが狂ってきたかもしれません。
注意しながら進みましょう!

それでは、皆様、また明日!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

第一報は、南アの政府筋から南ア・ランドの兌換停止(取り引き停止?)という話が伝わりました。

このニュースでドル買いが強まったようで、例のブラジル・レアルの話のときと同じ展開です。
次のニュースでは、この話が否定されていますので、まだ詳細が分かりません。

きな臭いと言えば、きな臭い話です。
こうなると各国が形を変えた「保護政策」を取っているともいえますので、G20は大きくきしみを上げる事にもなります。

日本でも南ア・ランド立ての債権を個人がたくさん持っているので、他人事ではありません。
W杯を控えて、乱暴な話にならなければと思っています。

ここまでのドル買いが本当にこの話が背景ならば、とりあえず収まると思ってます。
とりあえず・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円も買われていますが、豪ドルも同じ様なペースで売られています(ドルが買われている)。

とりあえずドル/円は、91.50あたりに売りがあるそうですが越えるとストップもありそうです。
背景は分かりません。海外勢が主体になっている印象ですが・・

もう少し様子を見ましょう。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

市場が動いています。
昼前の午前11時にリリースされた数字は、予想の9.1%(?)を下回る8.9%でした。
予想外ともいえない数字ですが、先ずダウ指数先物が売られ、次いでユーロが1.50を割り込み、ドル/円が再び91円台になっています。
日経平均も10180まで下げてきました。
株が売られるとドルが買われる、これまでの連動が今日も起きています。

あまりこの動きに付いて行くのもと考えております。

アジア時間の動きは、騙しも多いので、やはり欧州勢を待ちたいと思います。

少しドル/円を売りました。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

残念ながら私のポジションは、帰り際にきれいにしてしまいましたので、この動きでのプラス/マイナスは出ていません。

アジア時間からポンドが買われていました。背景は、キング総裁の英国経済に対するポジティブナ見方。これで更なる金融緩和はないということになりポンドが買われたと思われます。昨日公表が予定されていたMPC議事録も内容がキング総裁の発言に沿ったものになるだろうということで、欧州勢の参入でもう一段ポンド買いとなり、最終的に議事録の公表で確認された格好になっています。

ここまではポンド主体でした。東京からも大口のポンド/円の買いが出たようで、円が売られ気味に推移。
NYのオープンと同時に今度は、ブラジル・レアルが主役になりました。
ブログにも書きましたが、2日前に海外からの投資に2%の課税をすると発表され、レアルが売られました。ブラジルの株も売られました。それが落ち着いたと思っていたら、昨日のNY市場のオープンからもう一段の売りでドル/レアルが高値1.7679まであったようです。その後、今度はブラジルのマンテガ財務相が「レアルは介入がなければ0.90(?!)に行く可能性もある」と発言、一気にレアル買い/ドル売りになり、これが他通貨でもドル売りになったようです。
ユーロ/ドルもこのあたりから買われて1.50を抜けて高値1.5049まであったようです。

ドル/円は、値幅が狭いですが、取引額は相当あったと聞いています。

だいぶ、煮詰まってきたようです!!

ダウ指数は、オープン直後は売られましたが、その後反発して一時、10100ドルを越えました。その後じりじりと下げていましたが、アナリストのウエルズファルゴ銀行に対する評価を中立から売りに変えたとの話で、金融株全体が売られて10000ドルを割り込み、9949ドル(前日比マイナス92ドル)の引けでした。
原油は、+2.25ドルの81,37ドル(これも不気味?!)
金は、+5.90ドルの1064.50ドル
10年債利回りは、+0.039%の3.380%でした。

私の考えは、ドル/円が一旦、頭を打った可能性もあり、本日の午後5時頃のシステムの結果を見たいと思ってます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月21日水曜日

しばらくは、現在の水準で膠着する可能性が高いと思います。
もちろん、明日91円台で帰ってくる可能性もあります。そういったことも踏まえて、あえてポジションをきれいにしました。

ポンドが乱高下していますので、それにつれての動きとなっています。どうも市場の動きがざわざわしてきました。
市場の参加者も迷っているのでしょうか・・

明日は明日の風が吹きます!
また明日考えましょう!

それでは、今日はこのへんで!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

単なる一つの単純なシステムですが、とりあえず私は非常に参考にしています。
今日は、必要な数字の一致が見れませんでしたが、引き続き警戒状態である事は確かです。

これは仮定の話ですが、もしドル/円のレベルが今の水準ですと、数字が一致してサインが点灯する可能性が高いと言えます。ただし、今の水準より上にいると(90.85より上?)また流れる可能性が高いそうです。

こういったときは、一旦ポジションを手仕舞うほうがベターと考えます。
従って、現在の水準ドル/円が90.65,ユーロ/ドルが1.4955で手仕舞います。

とりあえずお知らせします。



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

とりあえず、明日もまた警戒が必要とのことです。

なんともはや、難しい状況になってきました。
過去においては、こういった場合、まったくサインが出ないこともあり、その場合は当初の方向に沿っての動きとなっていました。また逆にサインが出る事もありましたし、悩ましい局面になってきました。

市場の動きもふらふらしています。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

キング英中銀総裁の発言(英国経済は底打ち?)が伝わってから、ポンドがじりじりと買われていましたが、欧州勢の参入でもう一段高くなってきました。
今日、MPC(金融政策決定会合)の議事録が公表される事もあって、その内容がポジティブなものになるという思惑も背景にあるようです。
ポンドにつられて全体にドル売りになってきました。

ポジションは、変わりません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

食べに行ってきました。
良い天気で、隅田川沿いを歩くには最高の条件です。

私のオフィスから両国まで20分チョッとでしょうか。このあたりは国技館もあってちゃんこ鍋やドジョウ、いのしし(山鯨といいます)などもあって、何やら江戸の匂いがする一帯です。
私の目当ては、ラーメン屋です。友人から教えてもらったのですが、なかなかです。

両国橋を渡って台東区から中央区に戻り、直ぐそばには柳橋もあります。浅草橋から柳橋界隈も美味しいところがたくさんあります。私の贔屓の寿司屋も柳橋にあります。

そこから浜町公園を横切って帰ってきましたが、少々汗をかくような良い天気でした!

相場は膠着です。しばらくはのんびりできそうです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

出ているようです。

切っ掛けは、ドル/円の買いというか、NZドルが要人発言から買われたことから始まったような印象でした。その時は、クロス円の買いだったのですが、その後は全体にドル買いになってきています。

ドル/円は、下が90.00で上が91.50この水準をどちらが先に試すのかどうか。
いずれにしても今日の午後5時に何か変化がありましたら、ブログに書きます。
シミュレーションの結果は、このあたりですと何も変化は無いと言う結果になっていますが、微妙ですので待つしかありません。

昨日は、一昨日に発表になったブラジル政府による海外からの投資に関して一律2%の税金をかける、とういことが背景になったようです。ブラジル政府のこういった施策は、過去にもありました。過度な海外からの投資資金の流入を制限する事が目的のようです。ブラジルのレアル(通貨名)は、対ドルで500ポイントの急落になったようです。この動きが、豪ドルやユーロ売りに結びついたとのコメントが出ていました。円買いも同じ様な背景と思われます。
ヘッジファンドなどの調整が引き起こした動きと言えます。
過去の事例が物語るのは、ブラジルの今回の施策も数ヶ月で消化されるだろうということです。

いずれにしても私のユーロ/ドルの買いは、タイミング的には最悪でした。ポイントとしては、それほどの動きではないのですが、気分的には面白くありません。

少しこう着状態が続くかと思ってます。待ちましょう。
ポジションは、ドル/円のロングとユーロ/ドルのロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

米株が一時10000ドル台を割り込む場面もありましたが、引けは10041ドルの前日比マイナス50ドルでした。
東京時間の0時過ぎにドル/円は、91.08まで反発しました。同じ頃にユーロ/ドルは1.4883をつけました。

ドル/円は、欧州時間に安値90.07をつけましたが90円を割らずに反発しています。
お伝えしたように、現在の中心値が90.13ですので、そこらがサポートされた事になります。今日の5時ごろに更新されるシステムがはたして売りサインを出すのかどうか、注目です。

原油は、前日比マイナス0.52ドルの79.09ドル
金は、+0.50ドルの1058.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.054%の3.335%でした。

ポジションは、ドル/円とユーロ/ドルのロング継続です。

FRBの9月の議事録が公表されました。経済活動に増大の兆候といいながら経済の脆弱性も指摘さています。よって、金融緩和政策の継続が適切と結論しています。内容的には、バーナンキ議長の最近の発言と同じであり驚きはありませんでした。企業業績の発表が続いていますが、総じて予想を上回る数字が続いています。
当面は、株は堅調でしょうしドル安傾向も続くとみています。さて、円はどうでしょうか。

さあ、今日も良い天気です。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月20日火曜日

とりあえずドル/円は、90円台での動きになっています。

昨日の中心値(システムの)は90.20でしたが、今日の中心値は90.13です。
このあたりがサポートされているようです。

気をつけなくてはならないのは、私の見ているシステムでは明日のレート水準によっては、逆のシグナルが点灯する可能性も出てきました。あくまでも可能性ですので、今のところは静観します。非常に微妙ですので、何とも言えません。
判明するのは明日の午後5時頃になります。それまではポジションを継続します。

システムはシステムですので、あくまでも参考にする程度で考えていますが、状況によってはポジションを手仕舞うこともあります。

ということで、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ここはジッとしてましょう。
アジア時間としては珍しく値幅があった日でした。

ドル/円は、安値90.08(現在も再び90.08まで来ています)までありました。
91円台が重くなってきたので(昨日の高値が90.99まで)、一旦ポジションを整理する動きが背景だったと考えています。
ユーロ/ドルも高値1.4994までだったようです。やはり、1.5000にはオプションがあるようでその手前に防戦売りがあったようです。
ここからは、あらたなストップなどが市場の動きを決定しそうですが、どうでしょうか。

今日作ったユーロ/ドルのロングもドル/円のロング(これはキャリーしているものです)も継続します。
待ちましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

とりあえずユーロ/ドルは、1.4968ですべて買いました。
これでほとんどのドル/円のポジションは、ユーロ/円に代わっています。

目標は、ユーロ/円で138円台前半。ユーロ/ドルは、1.51台前半です。
やはり1.5000は売り買いが交錯しているようで、手前の防戦売りもあるようです。ここを越えられるかどうかがポイントになります。
ドル/円は中立ですが、中心値(先日の「本音で・・」の中で話したものです)が現在90.20あたりにあるので、ここを割り込むとストップもありそうです。
銀行などに聞くと、91.00を越えるとストップも出てきたようですが、91.50は売りがあります。

全体にドル売りの流れがありますので、ポイントはドル/円の動きになりそうです。
さて、どうなりますか・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

1.4968で少し買っています。
やはり、1.50以上のストップが並んでいますので、買って見ました。
下がればもう少し買います。
ストップは、1.4800に置きます。形の上ではユーロ/円のロングですが、ストップは別々に置きます。

さて、どうなりますか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

株がまた10000台にのせて、引けは10092ドルの前日比+96ドルでした。

ユーロ/ドルは、予想通り欧州経済相会議で懸念されたような発言も無く、結局は昨日の朝の1.4829が安値で今朝方1.4982まであったようです。
ドル/円は、昨日の夕方に90.37までありましたが、その後反発して90.99まで、現在は90.65あたりです。

クロス円が堅調です。この傾向はまだ続くと見ています。

原油が買われています。前日比+1.08ドルの79.61ドルの引け
金は、+6.60ドルの1058.190ドル
10年債利回りは、マイナス0.028%の3.384%でした。

株高、ドル安傾向が続くならば、原油などの価格がじりじりと上昇する構図も変化がないことになります。
とりあえず1.50台はストップが並んでいるようです。一回は試す事になるのでしょうか・・
クロス円は、堅調です。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月19日月曜日

欧州勢の参入からもう一段のドル売りが優勢になってきました。

ドル/円が、90.40前後まで。ユーロ/ドルが1.4945前後まで来ています。
少しドル/円の下げが早いかもしれません。クロス円が高値から下げています。

今日の下値の目処は、90.20前後と思っています。このあたりの抵抗がどのくらいあるか。

このドル売りの背景は、前のブログでも書きましたが、中国株の堅調とダウ指数先物の堅調さでしょうか。
株の堅調さがドル売りになっているようです。

ポジションは、変わりません。ドル/円のロング継続です。
それでは、今日はこの辺で。
また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

8%を越えるだろうという話が中国の政府高官から出たことが、午後からの相場につながっているようです。
このことは、今年の上半期に7%前半だった中国GDOが後半は9%近いものになることを示唆しています。

今週の木曜日に発表される第3四半期GDPが予想(8.3%?)を上回る可能性が出てきたわけで、これを受けてダウ指数先物が買われて、日経平均も強含んでいるようです。中国の株価指数も堅調です。
株高がドル安を招き、クロス円が堅調です。朝方の下落を吸収しています。

中国経済の堅調さが豪ドル買いに結びついている面もありそうです。
ドル安が円にも影響を与えているのか、ドル/円は午前中の水準より低く推移しています。

しかしながら、中国経済の堅調はこれまでも確認してきたわけで、今更ながらの印象もありますが・・・
しかし、全体に良い方向である事は確かですので、私としては様子見を決め込んでいます。

ポジションは、ドル/円のロング継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

銀行などと話してみると、先週、先々週と88円台まで輸出の売りが出たそうです。大手の自動車なども結構売ったそうなので、例のサウジの円売りとか他の中東ネームの円売りとがぶつかったことになります。

先週末のNYが91.00を挟んでの動きだったことも、あるいは売られても(今のところ)90.50をつけないこともある程度理解できます。
つまり、輸出が相当90円以下を売ったために、当面は様子見といった態度が見れます。海外勢の円ロングの切りもある程度は消化されたともいえます。
シカゴのIMMの残高も円ロングが14千枚(およそ20億㌦相当)ほど減っていました。それでもまだ33千枚ありますが。
目に付くのは、ポンドのショートで、3千枚減ってもまだ65千枚のショートでした。先週末にかけてのポンドの反発もムベなるかな、といったところでしょうか。
他にも豪ドルが2千枚増えての52千枚のロング、ユーロが7千枚減っての43千枚のロングとなっていました。
シカゴの残高がすべてを物語っているわけではありませんが、やはり相当なポジションの積み上がりがあったために調整も必然だったといえます。

さてここからですが、やはり今夜から開催される欧州財務相会議での為替(ユーロ高?)の議論、22日の中国のGDPなどが注目されます。これまでのドル安の流れに変化があるのか、あるいは株高の流れに変化があるのかといったところです。
今週は、調整の傾向が続いてもみ合いになる可能性が高いと見てます。

ポジションは、ドル/円のロング継続とします。91円台にはまだまだ売り注文が(ある程度)見込めますので、簡単ではないと思います。待ちましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

全体に調整で終始した印象です。

ドル/円は、高値91.33までありましたが安値も90.59まで。アジア時間での安値が90.57でした。
ユーロ/ドルは、アジア時間での高値1.4968を抜けませんでした。安値は、1.4849でNYの朝8時45分頃だったようです。
今日、欧州の財務相会議で為替が議論されるとのニュースがありましたので、一応敬意を表したようです。
ただし、サプライズはないでしょうから、ユーロのじり高傾向は続くとみたいです。何度も言いますがユーロ/ドルは1.50を越えてきても走るような展開は難しいと考えています。

ダウ指数は、前日比、マイナス67ドルの9995ドルの引け
原油は、+0.95ドルの78.53ドル
金は、+0.90ドルの1051.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.052%の3.404%でした。

米9月の鉱工業生産は、予想が+0.2%で0.7%と好調。
ミシガン大学の消費者信頼感指数は、69.4と予想の73.3、前回の73.5を下回りました。

今週は、22日の中国の7~9月期GDP(予想は+8.3%?)が注目でしょうか。
シカゴのIMM通貨先物を見ると(10/13付け),円のロングが4万枚台から3万枚台へ減少。ポンドのショートが少し増えて6万枚台、豪ドルやユーロのロングも少し増えていました。

全体のドル安傾向は続くと見ますが、円がもみ合いながら少し円安になってくるとみています。従って、「ドル安円安」気味と見ていますが、どうでしょうか。

今日も良い天気です。さあ、頑張って今週も!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月16日金曜日

毎月1回の生放送です。毎回たくさんの参加者を交えての双方向番組です。
今の市場と今後の動きを、独断と偏見で進める番組です。

もちろん、双方向コミュニケーションで行われますので、テーマから外れた展開は毎度のことです。
今回は、「私の指標」と題した、私が参考にしている例のフラクタル理論から得た指標(数字)も少しご紹介します。
私自身が、まったくの文科系でアナログ人間ですので、どこまで伝えられるかは、保証の限りではありません。
お相手は、いつもの大橋ひろ子さんです。
今夜は、如何にあいなりますか・・・

ポジションは、ドル/円のロング継続です。
今日のブログの中で、何度もロングと書くところをショートと書きましたことを、重ねてお詫びいたします。

それでは、皆様、今夜またお会いしましょう!
良い週末を!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

不可思議なものです。

昨日からほぼ1円以上円安に動いたドル/円ですが、今朝からの値動きはせいぜい20ポイントの間を行ったりきたりです。
誰が支えているのか分かりませんが、見てる限りは均衡しています。

欧州勢の参入時頃には動き出すのでしょうか。

ここから上がるにしても、下がるにしても動くようには見えません。
はたして月曜日の始まりはどの水準にいるのか・・・

市場の動きには、このように一見、均衡しているような錯覚を覚えることが多々あります。
大きく動かすところが寝ているのでは、と思ってしまいます。
特にアジア時間帯は、狭い値幅になることが多いです。これは現在の相場が欧米市場が中心になって動いているともいえます。円は、東京市場がマザー・マーケットですから、もう少し日本勢にも頑張ってほしいものです。

ポジションは、ドル/円のロング(?!)継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は、NYの引けあたりで小動きになってきました。
朝方、ユーロ/円のストップをつけた(136円?)勢いで、90.99あたりまでいきましたが、売りも出ているのでしょう。

私のポジションは、元に戻っています。ドル/円のショート継続です。間違いました、ドル/円のロング継続です。

これから、「耳寄りな・・」の収録に行ってきますので、席を離れます。
そろそろお昼です・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

欧州時間に入ってから、ドル/円はじりじりと買われて90円台にのせました。
東京勢がまだいた時間でしたので、予想通り東京から売りが出ましたが、90円を割れずに逆に買い優勢となり、ゴールドマンの決算発表がきっかけで90,50を越えてストップをつけたような動きでした。
このあたりでユーロ/ドルも売られましたので、全体にドル買いになり、逆にダウ指数先物は売られました。

Nyがオープンすると、株が上昇に転じて全体にドル売りとなり、ドル/円は90.12まで。ユーロ/ドルも1.4960まであったようです。Nyの午後は、クロス円の買いが優勢になって、株も高値引けでした。

ダウ指数は、前日比+47ドルの10062ドルの引け
原油は、+2.40ドルの88.58ドル
金は、マイナス14.10ドルの1050.60ドル
10年債利回りは、+0.049%の3.462%でした。

明らかに欧州時間帯に大量の円売りが出たようです。背景は皆目見当がつきません。うわさも私の耳にまでは届いていません。ポジションのカット、あるいは引っ繰り返してきた可能性はあります。

今日も東京勢が売ってくれば、下がったところでは買いたいです。クロス円ももう一段の上昇がありそうですが、どうでしょうか。

ポジションは、一部90.70で手仕舞いました(全体の1/3)ので少し軽くなってドル/円のロングを継続しています。
下げてきたらまた買い戻して元に戻す予定です。

今日も良い天気です!
今日は、「耳寄りな・・」とスペシャル・レポートを更新します。
そして今夜7時から大橋さんと「本音で・・」の生番組があります。金曜日ですが、皆様の積極的な参加を期待しています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月15日木曜日

先ずは、ドル/スイスでしょうか。
ユーロ/スイスでみれば、1.51半ばで推移しておりこれまでと変わっていませんが、対ドルで見ますと、パリティ(1.00)に近づいてきています。
スイス当局がどうするか、注目です。

次は、ユーロ/ドルが1.50を越えてどこまで行くのか、でしょうか。
ユーロをめぐる話も徐々にざわついて来ました。

最後は、やはりドル/円でしょうか。
さきほども投稿にありましたが、東京の個人投資家の円ショートがだいぶ積み上がってきたようです。これと逆にシカゴの通貨先物の残高も高水準を維持しています。これは東京と逆方向(円ロング)ですので、見合っているともいえます。
全体にドル安の流れが継続していますので、ドル/円も頭が重い状況に変化はありません。ただし、これまで避難通貨として円が買われていた節がありましたので、そのあたりに変化がでるのかどうか。
景気が底を打って、各国の経済状況もだいぶ持ち直してきたことから、もう少しパーフォーマンスの良い通貨に乗り換えるところがでてきたもおかしくないのですが・・・

以上、頭に去来するものをランダムに取り上げてみました。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

あとはズルズルと売られてきたという、典型的な動きになっています。
今日は、ゴト日なので少し買い玉もあったのでしょう。朝方の89.30あたりから仲値前には高値89.67をつけました。
しばらくは89円台の動きが続くと思ってます。

ユーロ/ドルも1.4955あたりまで来ています(昨夜の高値は1.4948でした)。
1.5000には、切りも良いのでオプションがあると思います。これを越えるとストップが順次あるそうです。
良い水準です。これを境に政治家や当局による為替論議が活発になりそうです。

ユーロが対ドルで1.50を越えていくと、円もまた88円台に入ることになるのでしょう。
秩序あるドル安が株等の買い材料になっているうちは、現在のトレンドが継続すると考えるべきなのでしょう。
ただし、そろそろ煮詰まってきたともいえますので、私としてはドル/円のロングを続けます。

今日は、例の集まりに参加しますので、ブログへの書き込みは午後3時過ぎには終了します。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨日のアジア時間は、ドル/円が一方的に売られましたが(安値88.83まで)、その後欧州からNY市場で反発して89.90まで、再び売られて88.95、そして現在が89.40あたりとなっています。随分と乱高下しました。

アジア時間から強含みだったダウ指数(先物)ですが、現物市場が開いても衰えず、引けが10015ドルの前日比+144ドルでした。これは主要企業の業績発表が予想を上回るものが続いたことが背景となっているようです。今夜もGSやシティグループなどがありますので、もう一段高もありそうです。

ユーロが1.49台と1.50に近づいてきました。
昨日のニュースの中には、19日のユーロ圏財務相会議で為替を議論するというのがありました。1.50という心理的な水準を超えてくると、為替が注目をあびてくることになりそうです。ただし、介入までは踏み込むとは思えませんので、市場への牽制でしょうか。
ユーロなどに比べると、豪ドルの動きは緩慢でした。

昨日、「ドル/円の買い」宣言をしたわけですが、当面はこの水準でのもみ合いが続くと考えた方が良さそうです。しばらくは、布団を被って寝ていましょう?!

世界中が(オーストラリアを除いて)金融緩和、量的緩和状況が続いていますので、余剰資金が株式に流れる構図は当分買わないとも言えます。こうなると実体経済との乖離が進んでも致し方ない状況ともいえます。

原油は、+1.03ドルの75.18ドルの引け
金は、マイナス0.30ドルの1064.70ドル
10年債利回りは、+0.071%の3.417%でした。

少しずつですが、ドル安に対する各国の(米国以外)不満が表面化してきたような印象です。
仏の財務相からは「G20で為替の問題を討議する必要がある」との発言も出ていました。
しばらくは様子見に徹していきます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年10月14日水曜日

これまで、「円高、株安」という見方で全体のシナリオを構築してきましたが、先週の6日より日経平均を上昇に換え、それに先立つこと10/2に、ドル/円を久し振りにロングにして全体の動きを注視してきました。
その後は、90円台を売っては買い戻す、いわゆるレンジ取り引きに主眼を置いた「ヒット・アンド・ラン」で凌いできました。

本日より、シナリオは「円安株高」に転換します。

このシナリオがどこまで継続できるか分かりませんが、当面はこれに沿った取り引きを行う決意です。

日米の株式が上昇する中で、全体にドル買いになるのかどうか。
今のところは「ドル安円安」と見ていますが、ひょっとすると「ドル高」になる可能性もありと考えています。

ポジションは、ドル/円のロングです。ストップは88.00で今日のところの最終目標は94円前後です(あくまでも最終目標ですので?!)。

さて、どうなりますか?!
それでは皆様、又明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

書きますが、今回の買いは、久々に堅い決意の「買い」です?!
従って、中途半端な姿勢ではありませんので、念のため。

確かに88.69で最初の買いを立てた時から、これ以上の円高には少々疑念を抱いておったのですが、今回はさらに気合が入っています!といっても88.00にはストップを置いていますが・・

このブログの読者で、1年以上付き合っておられる方ならご存知ですが、これまでも少し早め早めでポジションを作る癖がありますので、今回もその轍を踏む可能性はあります。

最後の買いを88.99で行いました。これで目一杯です!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円が89.00あたりまで売られてきました。
全体にドル売りが強いのですが、クロス円も下がってきましたので、円が一番強いといえます。

ダウ指数先物も買われていますし、中国株も買われています。
日経平均は、円高を嫌気しているようでウジウジしています。

買うのが早過ぎたようです。最初の予定は欧州勢の参入する頃(夕方?)だったのですが、こうなったらやっぱり布団被って寝てしまいましょう!

実際にドル/円を買うには相当な水準になったと思えばいいのでしょうか?!
88円台はストップもあると聞いていますが(88.80あたり?)、どうでしょうか。私のストップまできたらショウガナイですが・・・

確かに、インテルの決算が良くてダウ指数先物がジャンプして始まったことからすべては始まったようです。
米株高、ドル売りの連想ゲームが継続しているのかもしれません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

どうやら日本勢のようです。
背景は分かりません。輸出でも出たのでしょうか?

クロス円も下がってきました。

さてさて、見るしかありません・・・
ちなみにストップは、88.00に置いてあります。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

少し買い始めが早過ぎたようです。
少しずつ買い下がっています。

あとは布団を被って寝て待ちましょう?!

今日は天気が良いので、外に出かけてきます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

これまで継続していたドル/円のショートを89.86で一旦、手仕舞いました。

そして、今度は同レートでドル/円をロングにしました。
単なる思い付きですので、これといった理由はありません!

とりあえず、お知らせします。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社