2009年5月29日金曜日

結果的には、「ドル安円安」の流れでしたが、昨日の朝方から始まった円売りの流れは、NY市場まで続き、東京時間午後10時頃に97.24の高値をドル/円が付けました。

前日の投信設定も背景の一つでしたが、どうも投機筋によるポジションの引っ繰り返しもあったようです。オプションでも「ドル・コールの買い(円売り)」が大きく出合ったようです。ストライク・プライスは100円以上でしょうか。
これまでは、円・コールの買い(ドル売り)でオプションのポジションを持っていたようで、このあたりも引っ繰り返した様子です。

私としては、まだレンジ(93円台~98円台)内の取引と考えていますので、ポジションは継続しています。ただし、ストップは98円に置いてありますので、そこまで行けば一旦、撤退します。

米国の指標ですが、新築住宅販売は予想より若干悪かったです。耐久財受注は予想より大幅に良かったですが、3月の数字がマイナス0.8からマイナス2.1に下方修正されていますので、2ヶ月でみるとほぼ予想通りとなっています。

注目の7年債の入札は、順調だったといえます。結果、10年債利回りは低下して、前日比マイナス0.124%の3.614%で引けています。
ダウ指数は、+103ドルの8403ドル
原油は、+1.63ドルの65.08ドル
金は、+8.00ドルの963.20ドルの引けでした。

円が大幅に売られた以外は小幅な値動きだったといえます。
週末(5/31)訪中するガイトナー財務長官ですが、米国債でも買ってもらうことになるのでしょうか。いずれにしても来週の月曜日は東京時間からニュースが飛び込んでくることもあるかもしれません。

今週は、米国の「トリプル安」にともなう長期金利の上昇が話題でしたが、とりあえず入札も順調に終了し、当局者は一安心でしょうか。
ただ、今後もこの問題は折に触れて話題になるものと考えています。

大きく動きましたが、皆様は如何でしたでしょうか?
私は、結構、疲れました。さて、もう1日、頑張りましょう!
それと、今夜7時からだいまんさんと大橋さんと私でお送りする「為替デスマッチ」、生番組です!今月も私の負けのようですが、どうなることやら・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月28日木曜日

昼休みを挟んで、円売りが続いています。高値96.45あたりまで来ています。

依然として背景が分りません。日経平均の買い、円売り、長期債の売りがいっぺんに出ている(?)状態です。

時間が経てば少しは見えてくるのでしょうが・・
ポジションは変わりません。ドル/円のショート継続です。
96円台までくると少し痛いです。

今日は、例の集まりに行って来ますので、ブログの書き込みは3時過ぎには出来なくなります。
また明日にでも面白い話をお伝えできればと思っていますが。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

目立つところでは、大手証券が買っているとのことです。
背景は分りません。同じところが昨日は投信の設定があったのですが、まさか買い残しがあったわけでもないでしょうが・・

日経平均も買われています。シカゴの先物が9335だったのですが、現在は94440まで上げてきました。

どちらも背景は分りません。

ポジションは変わりません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

為替は、マチマチの動きでした。

東京時間午後10時過ぎにドル売りが加速して、ドル/円が94.66まで。ユーロ/ドルが1.3996となりましたが、そこから切り返してドル買いになって引けました。
ドイツの消費者物価指数がマイナス0.1%と予想の+0.1%から下振れ。いよいよデフレ化の芽でしょうか。フィンランド中銀総裁が、1%以下の利下げの可能性を否定しないとの発言も。
ユーロ/ポンドが、0.86台に下落してきています。ユーロ売りも目立っていますが、ポンドも強いです。
注目の米国5年債の入札は、順調でしたが、結局長期金利は上昇。
10年債利回りは、前日比+0.187%の3.734%(!)でした。
原油は、+1.00ドルの63.45ドル
金は、+0.10ドルの955.20ドル
ダウ指数はマイナス173ドルの8300ドルの引けでした。

米国の中古住宅販売は、468万件と予想の466万件を若干上回ったのでしたが反応なし。
今日はありませんが、明日も外貨建て投信の設定がありますので、ドル/円は底堅い展開でしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

今日は東京は雨です。
さあ、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月27日水曜日

ドル売りの流れを小休止させたような印象です。

今晩の経済指標によっては、もう一段の米株の上昇もあるかもしれません。
ドル/円のショート継続です。

それでは、皆様、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

東京時間午前10時半頃、ドル/円に買いが入りました。高値は95.45あたりまであったようです。
この背景は、大手証券会社の設定したハイ・イールド外貨建て債券によるものと思います。

通貨が10種類以上あるので、一部はロンドン時間に行われる可能性が高いと思います。

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。
そろそろお昼です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

朝方、ドル/円が95.37まで買われましたが、信託銀行が買い手で目立ったそうです。

その後は、4月の貿易収支が予想が赤字だったのが、若干の黒字だったので円買いが入ったようです。
といっても95円台での推移ですので、まだ何ともいえません。
売り手は、95.50から観測されていますが、どうでしょうか。

日経平均もシカゴの先物が9505で引けましたので、東京でもと思っていましたが、今のところ9480が高値で9450あたりの出会いが中心と、こちらも冷静な対応に見えます。

ポジションは、変わりません。依然としてドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

コンフェレンスボードの発表した5月の消費者信頼感指数が予想以上に高い数字となり、米株が今日上昇。
為替は、クロス円が買われましたが、小動きとなっています。

ドル/円は、95.15~94.51、Nyの引けは95円挟みでした。

ケース・シラーズ指数はマイナス18.70%と予想より若干悪く、2年債の入札は、応募倍率が前回より良い結果となったようです。
ただし、長期金利は上昇しています。10年債利回りは、前日比+0.093%の3.543%でした。
原油は、+0.78ドルの62.45ドル
金は、マイナス5.60ドルの953.30ドルでした。

確かに消費者信頼感指数の上昇は良いニュースです。これが小売売り上げなどの消費関連に実際に反映されてくるかどうかがポイントでしょうか。
つまり株価の新高値(今年に入ってからの)に繋がるかどうかでしょうか。
GMの債権者との合意の件は、東京時間の午前中にも伝わってくる可能性がありますので、注意したいところです。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。



さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月26日火曜日

言ってみれば、ドル高円高気味なのでしょうか、クロス円が少し下げてきました。

これまでのドル安円安の調整かもしれません。

市場の参加者が少ないのかもしれません、動く時は急激に動きますので、相変わらず短期筋が大きな金額を振り回しているのかもしれません。

ポジションは変わりません、ドル/円のショート継続です(変わり映えしませんが・・)。
今日は、これから古い友人を訪ねますので、5時過ぎには失礼します。
それでは、皆様、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円が売られてきました。本当にジリジリですので、反発してもおかしくありません。

日経平均も細かく上下動を繰り返しています。

今日は、米国市場でケース・シラー住宅価格、GMの債権者の回答期限(明日に延期されるかもしれません)と材料は豊富です。どちらの指標もどちらが(ポジティブあるいはネガティブ)出ても動きそうです。

今日から始まる米国債の入札も(今日は2年物ですのでインパクトは少ない)場合によっては波乱を呼びます。

これまでのドル売りが継続するのか、あるいはトリプル安は?といったことも注目です。
今週が終わると、来週はECB理事会、米国の雇用統計とまだまだ材料に不足はありません。
体力を整えて、参戦したいところです。
束の間の休息なのかもしれません!

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

9時過ぎに伝わった、「ミサイルを26あるいは27日に発射する」「2回目の核実験を」といったニュースが市場を席巻しています。
先ず、日経平均が高値9379円から失速して安値9260円まで。
ドル/円が95.08近辺まで、このニュースが背景で動きました。

昨日と違って今日は、為替も株も時間差を置かずに反応したようです。

さてさて、どうなりますか。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ロンドンも休日ということで、実質的には欧州の大陸(ドイツやフランスなど)で少し動きがあった程度でした。

北朝鮮の核実験の余波は日本時間で夕方まで、高値95.23までだった印象です。
全体にはドル売りの流れが続いているのでしょうか。
今夜の米国株式の動きを見るまでは何ともいえません。
明日は大手証券会社系列の投信の設定が予定されています。外貨建て(ブラジルや南アなど)ですので、円売りになってくるのでしょう。どの程度資金が集まるかによりますが、注意したいと思います。

さあ、今日も頑張っていきましょう!
外は気持の良い天気です!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月25日月曜日

欧州勢が参入してきましたが、ダウ指数先物の動きに合わせるように若干、売られてきました。

もともと薄い中、北朝鮮の核実験などといった話で盛り上がりましたが、まあ、こんなものでしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

このニュースには反応しなかったドル/円でしたが(といっても現在の動きの背景ともいえませんが)、徐々に買われて来ました。クロス円も同じです。

朝方、一時133円あたりにいたのですが、そこから1円ほど円高に動き、また133円台へのせてきています。

日経平均は、核実験のニュースに素直に反応した(昼休みの間にシンガポールで100円ほど売られました)のですが、東京が始まるや直ぐに買いが入ってきました。

反発はある程度覚悟の上ですが、それにしてもチグハグな印象です。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
感覚的に嫌なものを感じましたら、一度手仕舞うのも戦略です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

先週の金曜日の動きは少し意味不明なものに感じました。

93円台後半に、何やら得体の知れない買い手が居たようではありました。
私は、ひょっとしたらオプションかとも思ったのですが、真相はわかりませんでした。
結局、NY市場でクロス円の買いが出て終わったことになります。

反発しても95円台にのせられずでしたが、今朝もクロス円の売りが(利食い?)少しでたようです。

日経平均は、先週末のシカゴの先物の引けより高く始まり、その後も買われています。

市場が薄いのか、何か実需でも出ているのか分りませんが、この日本株の堅調さは為替での円高の背景になる可能性もあるのでしょうか?!

とりあえず、ポジションは変わりませんので、ただただ見守っている現状です。
5/27に大手投信会社の設定が予定されており、そのあたりでどこまで買われるかがポイントでしょうか。
あまり資金が集まらなければとも思いますが、日本で一番集客能力の高いところですので、そこそこは集まるでしょうが・・
まあ、待ちましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

債券安(長期金利上昇)、株安、ドル安(円以外)の流れが前日と同じく継続しています。
NY市場は本日が休みということもあって、薄い中、売られたという結果で終わったようです。

期待した(?)、ドル/円は逆にクロス円の上昇から東京よりも反発して終わりました。
ドル安円安です。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です、暫く持ちましょう。

今日は、英国、米国が休日でお休みです。
静かな相場になるかどうか・・・

今週は、米国債の入札があります。
5/26 2年物 400億ドル
5/27 5年物 350億ドル
5/28 7年物 260億ドル
となっています。この結果によっては、トリプル安がもう一段進むことも考えておく必要があります。

そして、26日にはGMの債権者との最終合意日(場合によっては27日に延期も)ということで、6/1に向けていよいよ最終局面に入ってきます。

材料は多いのですが、すでにある程度の折込があるのかどうか・・・
ユーロも強いですが、ポンドも強いです。来週にはECB理事会もありますので、どこかで売りたい(ユーロを)欲望もありますが・・・

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月22日金曜日

欧州勢が入ってきましたが、もみ合い継続の印象です。
ダウ指数が上下動を繰り返していますが、どうでしょうか。

ドル/円のショートは継続ですが、利食いの水準を変えました。
93.15にしました。
さて、どうなりますか・・

今週もありがとうございました!
皆様も良い週末を!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

午前中は売りも買いも勢いがありましたが、昼休みを挟んで市場が落ち着いてきたようです。

とりあえず94円台前半での動きに終始しています。

日経平均も前場の終わりごろが高くその後少し失速してきました。
ダウ指数先物もほぼ前日の引け値近辺にいます。

「耳寄りな話」の収録を終えましたので、今夜にでも観てください。
スペシャル・レポートはそろそろアップされます、こちらも覗いてみて下さい。
上述したものは会員限定版ですので、一般の方には申し訳ありませんが・・・
それと、両者の内容について、ご意見ご質問などありましたら、是非意見箱を通じてお便りください。

金曜日の午後の様相になってきました。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

先ほどのブログでお伝えしたように、93円台の買い手はアジア・ネームとのことでした。
もしかすると93円台半ばにオプションでもあるのかもしれません。つまり、防戦買いです。

お伝えしたようにストップも観測されており、しかも与謝野大臣の発言もあったわけで、売り手には条件がそろっていました。それがこういう結果になった(94円台に反発)のは、どうも上述したような背景からかもしれません。
私としては静観するしかありません。

日経平均も同じ様に朝方の安値から大きく反発しています。
今日、設定が予定されている投信の買いと言う話もあるようです。
為替は依然として円高気味ですので、この買いには多少とも驚いています。

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

朝の8時半頃にでた、与謝野大臣の発言「介入は考えていない・・」が伝わるとドル/円は一時93.87あたりまで売られました。そのあたりは買いもあったようで(防戦買い?)反発して94.20あたりまでとなっています。

93.80~60あたりはストップもあるようですので、もみ合いが予想されます。
それにしてもこの発言で一気にストップをつけないのも変な感じです。

ポジションは、変わりません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル安、株安、債券安と久し振りのトリプル安でした。

急激な動きではありませんでしたが、最近の楽観論に水差すような指標が背景になっているのでしょうか。

S&P(大手格付け会社)が英国債をネガティブにして将来的な格下げを視野に入れたことを発表しました。これを受けてポンドが売られましたがその後反発しています。
他の格付け会社(ムーディズ、フィッチ)は変更しないことを発表しました。
今朝方にもムーディズが米国債の格付けをトリプルA格に据え置くと発表しました。
先週に出たFT紙の「米国債格下げ?」観測記事に対する回答に見えます。

こういった動きは(S&P社のネガティブは若干の驚き?!)、予想通りです。格付け会社は米国の御用機関と考えられていますので、万が一「格下げ」に動くと相当なマグニチュードが考えられますが、まずないでしょう?!

ダウ指数は、前日比マイナス129ドルの8292ドルの引け
原油は、マイナス0.99ドルの61.05ドル
金は、+13.80ドルの951.201ドル
10年債利回りは、+0.186%の3.378%でした。

ポジションは変わりません、ドル/円のショート継続です。
目標の93.50が近付いてきましたが変更はありません。市場では93.50がチャート・ポイントでここを抜けると90円が次の目標になる、と見る方が多くいそうですが、とりあえず変更しません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月21日木曜日

ストレス・テストの結果公表があった5/7以降、私の印象としてはドル売りが目立ってきたようです。
米国の政策動員が一応出切ったことから、自然と市場の目が実体経済に向いてきたのかもしれません。

それと、このところ目立っているのがエコノミストなどによる世界経済の低成長への警告でしょうか。
急激な生産カットが行われ、需要の減退も一応の均衡点を見つけたようなことから、3月の後半から楽観的な見方が増えたように感じていました。
昨日のFRB議事録も成長予想の下方修正と失業率の上方修正ということから、今後の回復がゆっくりとしたものになることをうかがわせるものです。

量的緩和政策も米国のそれが一番大胆ですので、自ずとドルの余剰感もでてきます。
あとは長期金利の動向がコントロール可能になるのかどうか、当局の心配の最たるものになりそうです。

今のところ、ドル安の流れは緩やかで、債券や株式市場にも影響は出ていません。
このあたりが最大のリスクになることは数ヶ月前と何ら変わっていません。
あとは中国の状況でしょうか、今年の鍵を握っているのは中国になりそうです。

当面、踊り場は続くと思われます。一喜一憂を繰り返すことになるのでしょう。
大きな流れが生まれるのかどうか、しっかりと見ていきましょう。
来月は欧米の企業にとっては上半期の最終月になります。従って、思わぬ動きも出ますので注意していきましょう。

以上、簡単ですが「おさらい」とさせていただきました。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

久し振りに成りますが、今月初めてになります。
明日は、「耳寄りな話」が書けるような話題がでれば面白いのですが、どうでしょうか。

その集まりの後で、だいまんさんのスタジオに伺います。
FXラジオです。今日は小林さんとご一緒させていただきます。久し振りに会いますが、さてどのような展開になりますか・・楽しみにしてください。

ということで、今日は午後3時半にはここを出ますので、ブログへの書き込みは出来なくなります。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
目標が93円台半ばですので、おそらく今夜も持ち続けると思います。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は、94.50から下にストップがあったようです。
ただ、94.00にはまたまたオプションの話も出ていますので、その手前には防戦買いも予想されます。

もちろん、そのあたりを抜ければ前回(3月?)の安値93.55が意識されそうですが・・

ポジションは変わりません、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

切っ掛けは、FRBの議事録の公表だったような印象です。
先行きのGDPや失業率の予想値の修正がありましたが(GDPは下方修正。失業率は上方修正)、どうでしょうか。

ダウ指数は、前日比マイナス52ドルの8422ドルの引け。
原油は、+1.94ドルの62.04ドル
金は、+10.70ドルの937.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.057%の3.186%でした。

ポジションは変わりません、ドル/円のショート継続です。
とりあえずの目標は93円台半ばですが、どうでしょうか。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月20日水曜日

背景は分りませんが、ダウ指数先物が上昇するのにあわせたように、ドル/円、クロス円が反発してきました。
少しアジア時間で突っ込みすぎたのかもしれません。

こういった調整が1日の中で起きるのが最近の特徴です。
短期取引が全盛になっている証左ともいえます。

さて、ポジションは変わらず、ドル/円のショート継続です。

今日は、朝のGDP発表が大きなイベントでしたが、皆様はどうでしたか?
それでは、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

注目のGDPの発表がありましたので、それなりに市場は動きました。
アジア時間としては、こんなものでしょうか・・・

為替も日経平均も攻めきれずに反発してきました。あとは、欧州勢待ちでしょうか。

こうなると次はGMに注目が集まるのか・・
私としては、欧州の経済指標にも注目しています。やはり(先になりますが)ECB理事会の動きが気になります。

ドル/スイスを買ったり/売ったりして、小遣い稼ぎをしています。

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

速報値は、15.2%の赤字でしたが、前期(10~12月期)の確定値が大幅な修正となったようです。
マイナス12.1%がマイナス14.4%(確認していません?!)となったようです。
従って、この修正分を考慮すると赤字幅は16%以上となっていたようです。

この辺りが背景なのか、日経平均が少し失速してきました。

ドル/円は、昨夜も高値が96.70あたりまででこのあたりから東京勢から売りオーダーが出ていたようです。
今朝も(発表前ですが)96.50から売りはあったようです。
このような売り手は決して下がったところでは売りませんが、確実に上値を押さえることになります。

これまでも99.50とか98.50が壁になったようなものです。

94.55をつけてからの反発が凄かったですが、海外勢を含めて、今日のGDP発表が次の目標になったことは否めません。従って、ドル/円やクロス円の買い持ちに換えたことはそうぞうできます。
発表後の売り手は、こういったところからのものといえます。

簡単に94円台に行くとは思ってませんが、ポジションは変わりません。ドル/円のショート継続です。
次のターゲットは、6月のECB理事会でしょうか。もちろん米国株式の動向が毎日の指標であることは変わりません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

予想よりも若干良かったといえますが、悪いです。

小動きな反応です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

米住宅指標(4月建設許可件数)は、45万8千件と予想の52万件を割り込み、1月の件数(底と見られていた水準)をも割り込みました。
ピーク時は、155万件だったことを考えれば、如何に低い水準かお分かりになると思います。今後も一喜一憂が続くと考えていますが・・

この数字が発表されるとドル/円は、一時95.88まで売られました。
米国株式も前日の引け値を挟んでの攻防が続きましたが、結局マイナス29ドルの8474ドルで引けました。
原油は、+0.62ドルの59.65ドル
金は、+5ドルの926.70ドル
10年債利回りは、+0.009%の3.239%でした。

さあ、今日はGDPの発表があります。予想はマイナス16%台が多いとのことですが、どうでしょうか。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月19日火曜日

ドル/円は、96.70から売りがあるのかそれほどでもありませんが、他通貨は対ドルで大きく買われています。

全体にドル安円安になってきました。
明日の朝に発表される日本のGDPが悪いことも、クロス円の買いに安心感を与えているようです。
中国株も堅調です。ダウ指数先物も前日比+30ドル以上になっています。
全体に買い安心感といったムードが強いですが、どうでしょうか。

ポジションは変わりません。ドル/円のショート継続です。
それでは、明朝の発表を待ちましょう、また明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ストップが連続してあったと言うことですが、ポンドが急騰しています。
これにつられてユーロなども買われています。

クロス円も同じく上昇してきました。
背景はこれといって聞いていません。
ポンド/ドルは、一時1.5433あたりまでつけたようです。去年の12月以来の水準だそうです。

何か分りましたら、また書きます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円だけ見ていれば、やはりレンジ内での取引。
クロス円の値幅が大きくなってきたのは、それだけ取引が増えてきているといえます(従って、大きくポジションが偏り易い)。

朝方、96.65近辺まで買われた場面がありましたが、あっという間に元に戻っています。
先週のヘッド・アンド・ショルダー(H&S)のネック・ラインあたりまで戻ったと言えます。ただ、大橋さんが指摘した(だいまんさん?)ようにこのH&Sの形は斜めになっていてきれいな形になっていませんので、ネック・ラインも日が経つにつれて右肩上がりになっていきます。

何れにしても大きく動くにはもう少しエネルギーの蓄積が必要かもしれません(つまりポジションの偏り)。

このような水準で明日の発表を迎えるのでしょうか・・

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
そろそろお昼です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

どうもこの発言が切っ掛けだったようです。
「為替市場を注視している・・」
これはいつもの内容で、しかも杉本次官は為替の管轄外なわけで、本来は関係ない人なのですが・・
為替は、国際局の管轄で官僚のトップは財務官です。
財務次官は昔の事務次官で国内が管轄です。

それにしても、この発言から市場が介入警戒に陥ったとのコメントが目を引きます。つまり、市場のショートが切らされるために敢えて杉本次官の発言が曲解されたということでしょうか。
それと、インドの総選挙の結果が与党の圧勝と言うことからインド株が急騰したようです。この動きが刺戟したのか中国株もマイナスからプラスに、米国株も上昇となったような印象です。

以上のような背景から、ドル/円は96円台に入り、クロス円は軒並み暴騰しました。

今日の東京も株が強くなりそうですが、どうも行って来いの状況ですので、様子見にしましょう。
昨日、ドル/円の一部を買い戻しましたが、再度96円台で売り直しましたので変わらずにショート継続しています。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月18日月曜日

すでにアジア勢のショート・カバー(売り持ちの買戻し)が入っていたので、ドル/円は95円台前半。
クロス円も総じて買われていました。

全体には、ドル買いが強い印象です。
日本の新型インフルエンザの感染も円ロングの切りに繋がっているのでしょうか。
その割には日経平均は9000円がサポートされて現在は(先物で)、9130まできています。

水曜日のGDPもありますので、円ロングを抱えたままでは、あまり気持の良いものでもないのでしょう。
ドル/円が95.70あたりまで買われて来ました。

ポジションは、一部手仕舞いましたがショート継続です。
それではまた明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

94.50を割り込むとストップもあるとの話ですが、安値は午前中に付けた94.55でした。

とりあえず94.80で一部手仕舞いました。もう少し見ましょう。

日経平均は一時9000円を割り込む場面もありましたが、これも跳ね返されています。

欧米勢はどうしますか、ポイントは94.50をきれいに割り込めるかどうか。
もし駄目だとすると反発はありそうです。反発すると95.50を越えられるかどうかでしょうか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

始まりは、ドイツの1~3月期のGDPが予想より悪く(マイナス3%が3.8%)、ユーロが売られたことが発端でした。これまでも欧州の景気鈍化の話は出ていたのですが、これで来月の利下げの可能性が高まってきたと受け止められたようです。
これまでトリシェ総裁は1%以下の政策金利は否定しないと記者会見でも発言していました。ところがドイツの側からは、1%で十分、担保付債券の買取額も600億ユーロで十分と発言していたのですが、足元(ドイツから)煙が上ってきたわけですから、一気に利下げムード及び量的緩和への傾斜も視野に入ってきたと言えます。
これでドル高(ユーロなどの下落)ムードも高まり、クロス円も下落しました。

日本の1~3月期GDPも16%以上との予想もありますが、4~6月期はプラスに転じるとの見方があります。逆に欧州は引き続きマイナス成長に陥るとの見方がありますので、このあたりの温度差がクロス円に反映していると考えます。

ドイツのGDPが発表された後で、ドル/スイスを買いました(1.1070)、結果的には一時スイス/円になったわけですが、NYの午後にはドル/スイスを売って、手仕舞いましたので、またドル/円のショートに戻っています。小遣い稼ぎをした形になったわけです。

今日明日には、一旦ポジションを手仕舞うことも頭に入れております。GDPの発表後に再度、売るというシナリオでいます。

さてどうなりますか。
また新しい週が始まります。今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月15日金曜日

予想がマイナス3%でしたので、相当悪かったといえます。
これを受けてユーロ/円が売られています。ユーロ/ドルはむしろ小動きです。

多分、昨日の今日でユーロ/円をロングにしたところが多かったのかもしれません。発表直後、日本の生保がユーロ/円を売ったという話もあったようです。

こうなると昨日の95.00のトライがあるかもしれません。しかもうわさによるとオプションは期限切れとなっているようですので・・・
本当のところは分りませんが、昨日の今日という割には、96円台が重かった印象がありました。かといって売られることもなかったのですが。
昨日あれだけ売った割には、重かった印象、という意味です。
この後は、6時にユーロ圏のGDPが発表されます。

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
さてさて、今週も終りですが、今晩、7時から「本音で・・・」の生放送があります。皆様とかんかんがくがくやりましょう!
是非、参加してください!!

それではこのへんで、良い週末を!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨日のオプションに関して、大口(10~20億ドル?)の分は、昨日のうちに期限切れとなったとの話です。
まだ少し残っているそうですが・・
96.00にもオプションがあって、これを挟んでの動きになる(越えて売り、割って買い?)公算が強いそうです。

95.00のオプションは、中国ネームだったという話になっています。

あれだけ売り込んで割れなかったのですから、96円台まで戻っても不思議はありません。

それと、オーストラリアのリオ・ティントに絡んだ話が出ていたそうです。この資源会社を巡る買収の話は盛んですが、昨日までこの会社の株が下落していたことから、買収の話が駄目になったのではといううわさがあったようです。そのために豪ドルやポンドで大きな売りが出ていたそうです。
しかし、リオ・ティント側は否定したそうです。

材料不足ですが、本日はユーロ圏のGDPが発表されます。
この辺りが材料になるかもしれません。それにしてもまだ時間があります・・・

以上

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

ドル/円は、うわさのオプション95.00の手前で防戦買いが守りきったようです。
このオプションは、期限が今夜の11時(NY時間午前10時)という話もあります。さて、どうなりますか。

朝からCTA(コモディティ投資会社)がクロス円を買っているという話になっています。ドル/円が96円台に入ってきました。

ダウ指数は前日比+46ドルの8331ドルの引けでした。
こういった動きから全体にポジション調整(?)から反発しています。
金曜日でゴト日なので、仲値にかけてドル買いが多くなる可能性はあります。

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。

さて、今夜は「本音で・・」があります。皆様の積極的な参加を期待しています!
今日も良い天気です。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月14日木曜日

こういった膠着状況が続くと、つくづく今の市場が欧米中心に動いていることを実感します。

新年度に入ってから、日本の機関投資家は海外投資に慎重な姿勢を表明していますので、新たな投資先として海外を志向していないことは明白です。
やはり東京市場は、個人投資家だけが活発なのでしょう。
ということで、今夜もNY市場のオープニングを待つことになりそうです。

ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
それではまた明日!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昼休みに隅田川沿いのテラスと称する川岸を散歩してきました。
清澄橋から両国橋まで、結構ありました。
このあたりの隅田川は昔から大川と呼ばれたように川幅も水量もたっぷりとあります。川面を走る水上バスを横目に、少ない人通りで快適でした。

両国の回向院に寄り、力士塚を見てきました。江戸時代からの由緒ある相撲興行の場所として有名です。
そこから反対側を廻って新大橋まで、日本橋浜町で昼食を摂りました。

5月はさわやかな日が多いので、散歩するには絶好です。

さて、アジア時間は膠着状態が続いています。米国市場のオープンまではこんなものでしょうか。
ポジションは変わりません。ドル/円のショート継続です。

明日の夜7時からは、「本音で・・」があります。
生放送ですので(金曜日の夜ですが)、皆様との会話を楽しみにしております。
最近の市場の動きなどを中心に話そうと考えておりますが、どのような質問、ご意見でも受け付けますので積極的な参加を期待します!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨日の東京時間と似たような展開が続いています。

今朝は、クロス円の売りが先行し、その後は仲値にかけての反発、といったところでしょうか。

依然として東京勢の目立った名前は聞こえてきません(両サイドで)。
市場の話では、あいかわらずオプションのトリガー(引き金?)が95.00にあるとのことです。このオプションは、明日には期限をむかえるとのことです。

94円台は半ばを割り込むと若干のストップが出てくるそうです。上の方も96円台半ばと97.00あたりにストップがあるそうです。

やはり米国株式の動向が鍵を握っている状況に変わりはないようです。
ポジションは、変わりません。ドル/円のショート継続です。
ストップは、98円台です。目標は93円台ですが、どうでしょうか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

米国の小売売り上げ高が予想より悪かったことが、米株式の下落になったようです。やはり実体経済の動向には投資家は神経質になっているのでしょう。

これまで楽観論が支配してここまで上げてきたわけで、ストレス・テストの公表で舞台は暗転、実体経済に目が注がれている印象でした。

ドル/円は、朝方一時、95.14まであったようです。同じ様にクロス円が売られています。「ドル安円安」から「ドル高円高」に移って来ましたが、これは材料によって振らされるいつもの動きです。
問題は、ユーロがどうなるかでしょうか。底を固めて1.40を目差すのかどうか。
それによって円の方向も決まってくるのでしょう。
とりあえず、「ヘッド・アンド・ショルダー」は形成されましたので、この流れが92円台までいってもおかしくない形にはなってきました。
私の目標は93円台なのですが、どうでしょうか。
来週の水曜日には(5/20)、日本の1~3月期GDPが発表されます。予想は再びの二桁のマイナス成長(最大でマイナス16%という予想もあります)。この反応を見てから再び売るというのも選択肢の一つです。

米国株式、ダウ指数の引けが8284ドルと連休前の水準に戻ってきました。
さて、日経平均はどうなるでしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も良い天気です!頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月13日水曜日

与太話といったら、言い過ぎでしょうが、今日の動きの背景が此処にあったのですから、的外れでもありません。過激な表現になったわけは、この二つの話は直ぐにどうのこうのとなる類の話ではないからです。

しかしながら、100%否定できないところに実は大きな意味があると考えています。
こういったものは投資家にとってはとても不安を掻き立てるものです。従って、ボデー・ブローの如く徐々に効いてくる可能性があります。
FT紙の記事のように「格付け」に関しては、突然発表されることがありますので注意です。ただ、格付け会社は定期的に見直すのでそのあたりの日程が分っているといいかもしれません、念のため。

私のポジションは、この手のリスクを見越してのものなので、もちろん継続です。

さてさて、今晩はどんな与太話が出てきますか・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

昨夜のBBCの放送で極端なコメントが伝わりましたが、今日になって日経QUICKの取材には、「円建ての債券の購入も選択肢に」とトーン・ダウンしています。

このコメントでにわか円ロングが切らされているような印象です。
米国債の格下げにしても、直ぐにどうのこうのという話ではありません。
売りたければ反発を待ちましょう、買いたければ・・・当面はレンジ取引かもしれません。

といっても私のポジションは変わりません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

さきほどのFT紙の記事ではないですが、少し波乱を予想させるような雲行きとなってきました。

もちろん、観測記事ですので実際はどうなるか分かりません。しかし、これまでタブー(?)であった米英に対する格下げが現実のものになるとすると、実は大変なことになってくる可能性が高いです。

今回の金融混乱で格付け機関に対する批判が大きなテーマの一つになりました。従って、米英に対する格付け姿勢が変化することも可能性としてはあります。

要は今後の成り行きを見るしかないのですが、先週末から徐々に広がってきた「ドル売り」の流れがどうなるのか、注意して行きましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

96円半ばで動いていたドル/円でしたが、急に売られました。
どうもFT紙(フィナンシャル・タイムズ)の記事で、米国債の格下げ(?)というものがあったようです。

これまで、米国と英国は経済状況にかかわらず常にトリプル・Aを維持してきましたので、もし格下げとなれば大きな変化です。
実際に、これまで運用してきた機関投資家の場合、格下げによるリスク値の変化で持ち高を減らす必要も出てきます。こういったことに加えて心理面での影響もあるでしょうから、今後の成り行きと結果には注意したものです。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

全体にドル売りの流れが継続しています。

最終的にはドル/円の下落が急で、クロス円が売られたことになりました。
ダウ指数は前日比+50ドルの8469ドルの引け
原油は、+0.35ドルの58.85ドル
金は、+10.40ドルの923.90ドル
10年債利回りは、+0.006%の3.171%の引けでした。

米貿易収支3月は、276億ドルの赤字でした。
昨年までの恒常的な500億ドル以上の赤字が半減してきました。単純にこれまでの経済活動が半減したと考えてもよろしいかと思います。米国だけでなく世界中がこのような状況なのでしょう。

さて、昨日も書きましたがドル/円がキレイな「ヘッド・アンド・ショルダー」を形成してきました。これで101円台半ばの戻り高値がとりあえずの高値になったといえそうです。簡単には行かないでしょうが、やはり「円高リスク」が今後も強そうです。
来週の水曜日(5/20)には、日本の1~3月期GDPの速報値が出ます。予想では再度の二桁マイナス(一部にはマイナス16%というところも!)になっておりますので、一時的には円安局面もあるかもしれません。

さあ、今日は天気も良さそうです!頑張っていきましょう!
ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

2009年5月12日火曜日

クロス円が買われて来ました。
ダウ指数先物もマイナスからプラスになってきました。
中国株式もマイナスから転じてプラスになってきました。

これといった話は聞いていませんので、アジア勢のショートが切らされているのかもしれません。
とりあえず、スイス/円からドル/円に転じたことは良かったと言えます。

さて、ここからが難しいところです。最終的には米国株式が決め手になることは変わりないでしょう。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

それでは、また明日!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社