2009年12月15日火曜日

気になる事ですが、例の三菱UFJの増資もその一つです。
昨日、公募価格が決まったようですが、1兆円のうち半分近くが海外からの応募になるとの見方もあります。
払い込みは来週中のようですが、海外勢の中には為替を起こすものもありそうです。その分は円買いになります。
ドバイの件もそうですが、建設業者への支払いが遅れていた分を今後は支払うそうです。多くが日本の建設業者のようです。これも円買いです。

こういった円買いに対して、例年ですとボーナス時期なので投信などの購入で円売りも生まれてくるはずです。ボーナス額が減っている事が気になるところではありますが、今年はどの程度の資金が外ものに向かうのでしょうか。

このようなことを考えると、やはり需給の偏りで円買いが生じる可能性が高くなるといえます。
もちろん、私のポジション・トークだと思って読んでくれればいいのですが、年末までにもう一波来る事もあるのではと考えてしまいます。

来年に入れば、三菱以外のメガ・バンクも増資に動きそうだとの話もあります。すべて為替が起こるともいえませんが、どうしても需給に思いが及んでしまいます。

逆の方向では、郵貯でしょうか。亀井大臣の話ではありませんが、「国債の受け皿だけでなく、海外への投資もある」ならば、これは円売りになります。87円台の半ばで出たうわさもこのあたりに震源地がありそうです。

こんなことが、気になっていますが、さてどうなりますか。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社