2009年12月30日水曜日

欧州時間はドル売りの流れが支配的でしたが(円を除いて)、NYに入ると一転してドル買いに転換。

最初は、ユーロ/ドルが買われて高値1.4459(東京時間21:55頃)までありましたが、その後失速して1.4332(1:35頃)まで。
切っ掛けは、ドル/スイスの大口の買いにあったようです。スイスと聞きますとスイス中銀の介入(?)と思われますが、昨夜はBIS(国際決済銀行)のドル/スイスの買いだったようです。1.0310あたりで買いを入れて少しずつ買っていたようですが、一気に1.0350まで買いを入れて押し上げたようです。
すわ介入と思った人もいたようですが、BISは過去にも市場に直接入って普通の取引をしていましたので今回もなんらかの取引に絡んだものと思われます。間違っても介入はありえません(断言します?)。
それと目立ったのはポンドの弱さでしょうか。これは例の英国債の格下げの話が蒸し返されたようです。

ダウ指数は、前日比マイナス1ドルの10545.41ドルの引け
原油は、+0.10ドルの78.87ドル
金は、マイナス9.80ドルの1098.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.035%の3.805%でした。


ドル/円は、高値92.08まであったようです。この上にも売りオーダーが並んでいますが、市場の勢いもありますので、私のストップも危うくなってきました?!
ついたらついたです、ここは放っておきましょう。

ということで、東京市場は今日でお終い。明日から休みに入ります。
皆様へのご挨拶は、帰る前にしたいと思います。それにしても1年があっという間に終わった印象です。
来年はどうなるのか、まだまだ波乱の相場展開を予想しますが、どうでしょうか・・

さあ、もう一踏ん張り、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社