2009年12月14日月曜日

急になってきた印象です。

雇用環境が改善傾向を強めてきましたし、消費関連も金曜日の数字を見る限り回復してきています。
こうなるとこれまでの逆流が起きてきてもおかしくありません。

ダウ指数は、前日比+65ドルの10471ドルの引け
原油は、マイナス0.67ドルの69.87ドル
金は、マイナス6.30ドルの1119.90ドル
10年債利回りは、+0.044%の3.54%の引けでした。

ドル/円も88円台前半から89円台後半まで上げて(高値89.81)引けが88.10前後。ユーロ/ドルも売られて(ドルが買われて)安値1.4586まで。これまでのドル売りの流れが逆流を始めたようです。
ここまでは調整といってもいいかと思ってます。これがおおきなトレンドを形成するかどうか・・

需給的には、(特にドル/円の場合は)これまでと変わりません。相変わらず需要より(ドル買い)も供給過多(ドル売り)の状態と考えます。
雇用統計の時につけた高値90.78をとりあえずの高値として、再度の90円台のせもありうると思います。しかしながら東京勢の売り意欲は90円以上で明白になることを考えますと、最後は失速して再び88円以下になってくると考えます。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。ストップは90.50から91.00に替えました。
狙いは新安値ですので、しばらくキャリーすることになります。場合によっては年越しも視野に入れています。その前にストップがつかないことが条件ですが?!

さて、新しい週が始まります。今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社