2009年12月1日火曜日

内容的には、昨日から出てきているような見出しが並んでいます。

・為替市場の動向厳しく注視しつつ、週内に2次補正予算を編成する意向
・日銀に対し金融面から経済の下支えを期待したい
・デフレ状況に加えて為替市場の急激な変動は景気に悪影響

となっています。発表があるまで具体的な内容は待たねばなりませんが、日銀に対する量的緩和期待が大きいようです。
これを受けて日経平均は、寄りつきから(先物で9230あたり)買われて一時9300台前半まであったようです。
ドル/円は、86円台前半での動きです。

仮に日銀がこの要請を受けて量的緩和に動けば、87円台までの戻しもあるかもしれません。
万が一、介入との併せ技で臨めば、88円台もありえます。そこは一度売りたい水準ではありますが・・・
今のところ介入の気配はないといえますし、水準的にも86円台は様子見でしょうか。先日の85円を割り込んでくると
一気に緊張感が増すものと思います。

さてさて、ますますやりにくくなってきました。静観を決め込むも良し、ヒット・アンド・ランで小まめに稼ぐも良し。

一つだけ言えば、どれも即効性に欠けていることと、白川、藤井、菅、鳩山の間で事態の把握が共有できているかどうかでしょうか。月末が近づいてくれば、輸出の売りが痺れを切らして出てくる事も考えられます。
あとは時間との勝負になってきました。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社