2009年10月13日火曜日

ドル/円は、この水準(89.80前後)は売りません。
次に売るとしても90円台でしょうか。下の方も89.501以下には買いも見えてきたようです。89.00を割れなければ底堅い展開を予想します。
とはいっても少し(目一杯の1/3程度)ショートにしていますので、ある程度のリスクを円高方向に感じているのも事実です。

今週の米企業の決算発表でダウ指数が10000を試すことが出来るのかどうかがポイントです。
そうなるとドル安円安が進むことになります。日本の実需筋も少なくとも90円台、出来れば91円台まで売り方は様子見でしょうか。もし思ったほどドルが買われなければ、10月の最後の週には売ってくると考えます。従って、それまでは膠着状態を想像しています。

ユーロはもっと膠着状態になっています。ポンドは土曜日に出たレポートが背景で売られています。オーストラリアドルは、変わらずに堅調です。まさにマダラ模様です。

売りでも買いでも無理をしないで行きましょう!
メリハリが大切です!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社