2009年10月30日金曜日

是は月末特有の動きと考えていいと思います。
ここ最近(7,8,9月ですが、4月以降といってもいいかもしれません)、月末に大口のドル売りが輸出企業から持ち込まれることが目に付きます。
これは、海外の売り上げが急速に減少したために、売り上げの計画が立たず、従って為替予約も入れられない状況が続いています。そのために先物予約(輸出業者ならば、3ヶ月あるいは6ヶ月先のドル/円の売りをすることを予約するという)がないので、海外からの売上代金を受け取った時点で円に換える(つまりドル/円を売る)作業をします。ある程度まとまった時点で銀行に持ち込みますが、どうしても月末に集中するのでしょう。
ご承知のように米国の政府補助金のために8月は日本車も相当売れました。このために8月末は通常よりも大きい金額が持ち込まれました。9月も同じでした。
これらの注文が仲値に集中することもありますが、むしろ昼過ぎに持ち込まれることも多い特徴があります。
10月末(今日です)は、8、9月末に比べると金額は少ない印象です。昼過ぎからのドル/円の背景はこういったところかと思っています。
今日は、この後にロンドン仲値(ロンドン時間午後4時頃)に日本の投信の為替予約が少しあるようです。是は円売りになります。少し(5億㌦?)ですので、それほどのインパクトはないと思います。

こういった実需の動きが底辺にありますので、これらの動きと投機筋の動きがシンクロしますと、思わぬ動きになる事があります。

もう少しだけ書きますと、今月の初めから某大手自動車会社のドル/円の売りが凄かったという印象があります。
もちろん、上述したようにこの会社も似たりよったりの為替予約状況だったと思われ、さらに10月はじめの市場の空気は、円高に比重をかけたものでしたので、先行きのリスクを考えて思い切って90円割れでも果敢にドル/円を売って先物予約をしたものと考えます。
こういったことが先行きの需給を変えてくる可能性がありますので、注意したいところです。

長くなりました。ポジションはそのまま継続しています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社