2009年10月30日金曜日

と素直に喜びましょう。

ドル/円の買いシグナルが、1日早く出たので、今回は苦労しました。
もともと、豪ドルなどは調整された(つまり売られる)局面で買う算段をしてましたので、
昨日のようなディールに結びついたといえます。

昨日の欧米市場を振り返ってみますと、すでに欧州時間にはドル/円が90.70前後まで戻していました。
ユーロ/ドルもアジア時間の安値を底に反発していましたが、それほどでもありませんでした。豪ドルは、ユーロよりも反発が強かった印象でした。
そして米国の3QGDPが発表になり、3.5%と予想の3.2%を上回りました。
しかし、それ以上に市場が反応したと思います。
何故か。単純に考えれば、ポジションが「ドル高円高」に傾いていたとしか言えません。

先週辺りから、新興国通貨が売られ気味になっていましたが、今週に入ってからは主要国通貨も高値から下落していました。11月初旬の米国の感謝祭の前にポジションを手仕舞う動きが出たとしても不思議ではありません。
ユーロ/ドルは、1.50台から昨日の1.46台まで。ポンド以外は大きく調整されていたといえます。
この動きに便乗したクロス円の売りが大きくポジションを傾けていたとしても驚きません。
しかもFRBによる出口戦略の始まりという不安感も後押ししたかもしれません。

そこに3Qの前期比年率で3.5%という良い数字が出ましたので、一気に反対取り引きが出たものと思います。

ダウ指数は、前日比+199ドルの9962ドルの引け
原油は、+2.41ドルの79.87ドル
金は、+16.60ドルの1047.10ドル
10年債利回りは、+0.081%の3.496%でした。

ポジションは、ユーロ/円と豪ドル/円のロング継続です。ドル/円のロングは、すべてクロス円に化けています。

今夜は、会員向けですが、7時から90分の生放送「FXデスマッチ」があります。だいまんさんと大橋さんと一緒ですが、どうなりますか。是非、時間があれば参加して楽しんでください!!

さあ、今日もがんばっていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社