2009年10月23日金曜日

前日に売られた金融株が大きく反発しています。その主因になったウエルズファルゴ銀行も反発。
前日比+131ドルの10081ドルで引けました。

原油は、マイナス0.18ドルの81.19ドル
金は、マイナス5.90ドルの1058.60ドル
10年債利回りは、+0.032%の3.417%でした。

株高を受けて、ドル安も進行、ただしドル/円だけは逆行して「ドル安円安」になっています。

9月から例の藤井発言により過度な円高リスクが意識された反動が起きていると言えます。
ただし、そのピークもそろそろかと思いますので、ドル/円も92円台まであるかどうかと考えています。
やはり根っこは「ドル安」の傾向と思いますので、ドル/円だけが逆行する事も限界があると考えます。
ただし。市場に残る円のロングがまだ相当残っているとしたら別です。
しばらくはもみ合いと思っていますが・・・

ユーロ/ドルも再び1.50台にのせてきました。
銀行などのオーダー状況を見ると、1.51前後に相当な金額のオーダーが集中しています。手前は売りで、越えるとストップというものです。オプションなども関係しているようなので、このあたりの攻防は迫力がありそうです。
越えられるか、越えてもステイできるかどうか。

ドル/円は、高値91.72までありましたが、再び91.70には売りが入ってきています。やはり、91.50より上から92円台にかけては、売り手がいそうです。逆に下の方は90.50を割れるとストップがみえます。そこから89円台後半までストップが並んでいますが、そこまでいくのも簡単ではないでしょう。
しばらくはもみ合いが期待されますし、ある程度の時間が必要な事も確かです。


私のポジションは、ドル/円のショートを継続しています。ストップは92円半ばです。コストは91円台前半です。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社