2009年10月9日金曜日

全体にドル安の流れは変わらず。円だけが狭いレンジ内の動きに終始したようですが、依然として88円台。
金も前日比+11.90ドルの1056.30ドル。原油も+2.12ドルの71.69ドル。
ダウ指数は、+61.29ドルの9786.87ドル。

秩序だったドル安は、今のところプラス効果になっている印象です。
ドル/円は、87円台を前にして足踏みが続いていますが、さりとて89円台へ反発する力もないのでしょうか。
今日は、金曜日。来週の月曜日は日本が休日になりますので、今夜から来週にかけてドル/円も動かしやすい状況になるといえます。
昨日は、87円台の半ばあたりからドル/円を買う予定でしたが、来ませんでした。今朝方、オーダーは一旦、消しました。

昨日の集まりの中でも、取り立てて緊張感もなく、現状の動きを追認している印象でした。
アジア各国が準備通貨を徐々にドルからシフトしてきているとの報告がありましたが、選択肢には金(ゴールド)も含まれているようです。市場に緊張をもたらさない程度のドルからのシフトが粛々と行われているのかもしれません。

米国は、明らかに「ドル安政策」を取っているといえます。口先では、「強いドル」を望んでいると繰り返し述べていますが、債券や株式などに悪影響が出ないならば、現状を受け入れているといえます。
問題は、この奇妙な均衡(バランス)がいつまで続くのか、でしょうか。

市場は、あるところまで行くと(臨界点?)一気に加速して暴力的になります。
その時に慌てないように心の準備をしておきましょう。もちろん、良いポジションを持っていることが肝要です。
市場が加速して動いた時に、しっかりと利食えるポジションがあれば問題ありません。レベル感でポジションを作ることは避けたいところです。

私の頭の中では、日本の実体経済の悪さと株価水準のギャップが存在してます。ドル/円も同じ様に需給面からの円買い圧力と実体経済とのギャップがあります。ギャップが拡大していけば、どこかで修正する動きがでます。
それがガス抜きで終わるのか、暴力的なものになるかは誰も分かりません。
市場をしっかりと観察するしかありませんので、今後も皆さんと一緒に考えていきます。

ポジションは、ゼロです。もう少し様子を見ましょう。
今日は、これから「スペシャル・レポート」を書きますので、「耳寄りな話」も更新する予定です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!外は良い天気です!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社