2009年9月29日火曜日

明日が半期末なので(?)銀行もポジションを増やさないのかどうか、まったく動意を見せていません。
これは、世界的な兆候かもしれません。

金融危機はとりあえず去ったのでしょうが、金融機関を巡る環境に変化はないようです。
自己資本規制に縛られた金融機関は、収益も上がらず、リスク許容度に大きな変化はないといったところです。
ファンド勢も金融機関におんぶに抱っこですから、ポジションを増やすことはないでしょう。
すべては、10月1日からといっても過言ではありません。

新聞などで報道されているように、金融機関は普通株での資本増強に向かわざるをえないのでしょう。増資は1株あたりの価値を減価させますので、主要国の株式市場は今後も頭の重い状況は続きそうです。

実需もすっかり取引額を減らしているようです。輸出も輸入も1年前と比べて半減している(もっと?!)といえます。
市場の流動性は減少していますので、今後も投機筋などが主体になっていくと思います。オプションなどを使った取り引きも増えることになります。

日本の消費者物価指数を見るまでも無く、デフレ化は一層の進展を見そうです。
これは世界的なものと思うのですが、依然として先行きのインフレ懸念を口にする当局者が多いです。
確かに現状を抜け出すにはデフレは論外で、インフレこそが唯一の道です。
しかし状況は簡単ではありません。

さてさて、明日の東京市場はどうなりますか。
そして、明後日から始まる新しい四半期は、どうなりますか?!

ポジションは、ゼロです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社