2009年9月30日水曜日

実は、昨夜あった私宛の質問がありましたので、答えられる範囲で以下に書きます。

1.どの位の金額で運用しているのですか?具体的に言えないのであれば、どの位のレバレッジで運用しているのか教えて ください。


― 金額は控えます。レバレッジですが、現在のドル/円を@90.00としますと最大で15倍です。
  この後の質問にも関係しますが、私のやっているのも皆様と同じ証拠金取り引きです。ただし、直接銀行(1行)とや  っている証拠金取り引きです。原則はヘッジファンドも同じような証拠金取り引きです。取り引きは電話でも出来ま  すし、PCで直接取引もできます。ただし、携帯では出来ません。

2.以前に「自分は銀行と直接取引している」とブログで読みましたが、その取り引きも証拠金取り引きですか?

― 是はすでに上で答えていますので、もう少し具体的に書きます。
  私は、会社のお金を運用していますので、会社との間でルールが存在します。大まかに言えば、ストップ(損切り)  となります。是は証拠金額の6割に達した場合に発生します。このストップ金額は、いくら儲けても変わりません。
  いうなれば絶対額です。上述したレバレッジもこのストップ金額からの数字です。もし、証拠金額から計算しますと  レバレッジは、9倍となります。これは会社側の自己資本規制との関連もありますので、やはりドルでいくらまでとい  う絶対額でポジションの額が決まっていることから、この円高により必然的にレバレッジが下がってきたともいえま  す。

3.ご自身の資金でも運用をしているのですか?また、自分の資金で運用するのと他人の(会社の)資金を運用するのとで は、運用方法やプレッシャーに違いはありますか?

― 先ず、法律で私自身の為替取引は出来ません。これは私の所属している会社が為替取引を行っているためです。
  証券会社の方が株などの取り引きが出来ないことと同じです。
  少なくとも私は、他人の資金を運用する方がプレッシャーがあります。よく聞くのは、他人のお金だから損してもい  い、ということがあります。現実には、そういう事態になれば、その人が取り引きを続けていくことは困難でしょ   う。さらに言えば、他人のお金を損する痛みと比べれば、自分のお金を損した方が如何にさっぱりするか、でしょう  か。私もプロの端くれですので、誇りもあります。
  運用方法は、自分の資金をやる方がもっと大胆になれるかもしれません。
  ただし、ディーリングというものは、その人の性格や考え方、あるいは是までの人生がそのまま出てくるものなの   で、自分でやろうが他人の資金を運用しようが、あまり差は無いのではないでしょうか。


今回は、たまたま当社のコール・センターにかかったきたものにお答えすることになりました。
出来るならば、このブログに直接書いてきていただけると助かります。
彼らも様々な方の電話を24時間対処していますので!よろしくお願いします。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社