2009年7月29日水曜日

為替市場は、それなりに整合性(もし存在するならば?)のある動きに見えます。
例えていえば、ユーロ/円などの売りが海外勢から持ち込まれているので、ドル/円もじりじりと下げています。

日経平均などは、朝方、安く寄り付いてから急騰して昼前後にまた下げて、現在は高くなってきています。
買い手、売り手ともにその背景があるのでしょうから、なんともいえませんが、ダウ指数先物あるいは中国株などとの連動性に疑問が残ります。

各市場ともに参加者が少なくなってきたともいえますので、狭い値幅の中での動きに終始しているのは、逆に理にかなっているのかもしれません。
すなわち、上がったら売りあるいは、下がったら買いに徹することが肝要かもしれません。

このような市場の動きは今後も続くと考えると(夏休み相場?)、無理に参加せずにタイミングを見計らって(これが簡単ではない!)参加することを肝に銘じて臨んでください。
何度も繰り返しますが、売りたければ上がるまで(または自分の決めた水準まで)待つ、買いたければ下がるまで待つ。このことをもう一度確認したいと思います。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。昨日買い戻した分は、再度94.65で売っています。利食いの目標は93円台半ばと後半で、ストップは95.00と95.50です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社