2009年7月8日水曜日

ダウ指数は、前日比マイナス161ドルの8163ドルの引け。
原油は、マイナス1.12ドルの62.93ドル
金は、+4.80ドルの929.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.058%の3.449%でした。

3年債の入札はあまり良くなかったのですが、長期金利は利回りを下げています。逆に手前の2~3年債の利回りは少し上がっています。

これといった指標もなく米国株式が売られました。
やはり、先週の雇用統計以降、調整色が強くなったようです。昨日、米国民主党の議員が追加の景気刺激策の議論をという発言も出てきました。米国の貯蓄率の急上昇を見ると刺激策を打っても消費に回るお金は限られることになりそうですが・・

今日からG8ですが、サプライズはないでしょう。基軸通貨ドルに対する話も出るでしょうが、進展は期待できません。出口政策についても同じです。
世界経済が低成長にとどまる限り、混乱は収まらず、政府、中央銀行が登場する場面が増えそうです。
株価の調整がどこまであるのかにかかっているように見えます。

私のポジションは、ドル/円のショート継続です。
昨日の日中、及び夜中に何回かポンド/ドルの取引をやっています。全て、ポンドが上がったところでの売りでした。最終的には下がったところで小まめに買い戻しています。小遣いかせぎですが・・

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社