2009年7月2日木曜日

今週の金曜日は、独立記念日(7/4)の振り替え休日になっています。
このことが背景か、あるいは今夜の雇用統計前ということから、ポジションの調整と思われる売りが出ている印象です。

ドル/円、クロス円ともにNYの引け値から少し下落しています。
日経平均も寄り付きこそ高かったですが、じりじりと売られています。

単なる調整と考えています。
昨夜の動きの中で、97円が非常に重かったという印象があります。たぶん売りオーダーもそこそこあったのでしょう。

昨日のニュースの中に、例の「SDR建てIMF債」の記事がありました。
それによると、国際通貨基金(IMF)は、1日、の理事会でSDR建ての債券の発行を正式に決めたそうです。
期間は最長で5年になり、中央銀行間での売買が可能になるとのこと。今のところ中国、ロシア、ブラジルが(インドは?)最大700億ドル相当分を購入する見込みと報じています。なお発行限度額は設定されていません。IMF債は期間1年で発行するが、最大5年まで延長できるそうです。
現在は、上記の3ヶ国が購入を表明していますが、IMFは多くの国と協議を続けているそうです。

さて、このニュースですが、実際に為替が起きるのかどうか分かりません。外貨準備で保有するドルを売って構成通貨を買うことも出来るのですが、どうなるのでしょう。ちなみに構成通貨は、ドル・ユーロ・円・ポンドです。円の割合はポンドと同じ11%です。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社