2009年6月25日木曜日

昨日はイベントが多くあり、その度に市場が揺れ動いていました。

先ず、スイスの介入でしょうか。ユーロ/スイスの買い介入があり、少し経ってからドル/スイスでもやったようです。
もちろん、どちらもスイス売りです。
これで市場が大きく揺さぶられてしまいました。この後に出たのが、米国の5月耐久財受注でした。
予想がマイナスでしたが、なんと+1.8%と非常に強い数字でした。
これを受けてドル買いに拍車がかかったようです。ドル/円は96.07までつけたようです。
米株も買われて、ダウ指数は一時、前日比100ドル以上も上がりました。
その後、FOMCの声明文待ちとなり、株もじりじりと下げ、ドルもじりじりと下げてきました。

いよいよ声明文が発表になりますと、注目の国債買い切りの増額はなく据え置き、これで失望となってダウ指数はマイナスになってきました。結局、前日比マイナス23ドルの8299ドルの引けでした。
ただし、ナスダックやSP500は、プラスで引けていました。

原油は、マイナス0.57ドルの68.67ドル
金は、+10.10ドルの934.40ドル
10年債利回りは、+0.072%の3.693%でした。

為替は日替わりメニューのごとく、毎日方向が変わっています。
実需の取引が少なくなっているために、短期での取引(日計り?)が主流であることに変わりありません。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
それでは、今日もがんばって生きましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社