2009年6月11日木曜日

注目の10年債の入札は、応札倍率は2.62倍、最高利回りの落札は3.99%とあまりよくありませんでした。入札前にラッカー・リッチモンド総裁が早期の利上げを示唆したことも影響したようです。

アジア時間に日経平均が主導した株価の上昇は、NY市場に入って逆転しました。ダウ指数は寄り付きこそ高かった(8800ドル台前半)ですが、そこから失速して一時8600ドル台前半まで売られ、引けにかけて反発して、8739ドル、前日比マイナス24ドルで引けました。
先週の木曜日以来、連日の8750ドル前後の引けとなっています。
これは、日経平均が高値追いになっている状況と比べると、どちらかが不自然なのでしょう。個人的には、日経平均はユーフォリア(根拠無き熱狂!)と見ていますが・・・

為替は、97円台後半で推移していたドル/円は、クロス円の買いとともに98円台へ上昇しました。ユーロは、最初買われたのですが、その後失速しています。138円台前半まで上げて137円台前半まで。

欧州時間の最初は、ドル安円安。その後NY市場ではドル高となっています。
最近は日計り取引が全盛ですので、その日のうちにポジションを手仕舞う傾向が強いためにこのような動きの成ると思われます。



さて、私のドル/円のポジションは、97.80と98.00で切らされました。
その後、ユーロ/円を138.20、ドル/円を再度98.10で売りました。
このポジションは、両方とも継続中です。

今日は、昼にゴールドマン・サックスの主催するセミナーに行ってきます。そして夕方から例のディーラーの集りに行きます。
ブログへの書き込みがまま成らないかもしれませんが、悪しからず。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社