2009年6月5日金曜日

昨日の海外市場は、前日の動きの逆に成ったものが多かったです(為替は別でしたが)。

ダウ指数は、前日比+74ドルの8750ドルの引け
原油は、+2.69ドルの68.81ドル
金は、+16.70ドルの982.30ドル
10年債利回りは、+0.166%の3,706%でした。

ECBは金利据え置き。さらにカバード・ボンドを買い入れると発表しましたが、これは量的緩和ではないとも。先行きの利下げを否定しないところも5月の記者会見と同じでした。
ポンドは、一旦買われましたが、その後売られています。ユーロも対ドルでは同じ様な動きでした。
ドル/円は、終日96円台の動きで昨日よりも買われています。

昨日の集まりは、皆さん思案投首状態になっていました。
ドル/円は、レンジなのでしょうが、一部円安方向を予想していました(クロス円で)。

最近のドル/円の動きは他通貨に比べると小さいものです。これは市場がドル/円を敬遠し出していることからかもしれません。実需が鳴りを潜めていることも一因かもしれません。

実体経済が低調であるにもかかわらず、緩和政策によってお金が余っている状態。先行きの不安心理から企業も個人も手元の現金をとどめている状態。
お金が行き場を失っているために、株式市場は堅調さを保ち、少しずつバブルが出来つつあるともいえます。

ポジションは、ドル/円のショート継続ですが、今日中に手仕舞うかどうか決めます。
このあたりで手仕舞いうことになると(96.70あたり)、ダメージはありません。
今日は、「耳寄りな・・」の収録とスペシャル・レポートの更新を予定しています。この中でも指摘したいと思っていますが、兎にも角にも、迷っています。

今夜は、米国の雇用統計です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社