2009年5月29日金曜日

結果的には、「ドル安円安」の流れでしたが、昨日の朝方から始まった円売りの流れは、NY市場まで続き、東京時間午後10時頃に97.24の高値をドル/円が付けました。

前日の投信設定も背景の一つでしたが、どうも投機筋によるポジションの引っ繰り返しもあったようです。オプションでも「ドル・コールの買い(円売り)」が大きく出合ったようです。ストライク・プライスは100円以上でしょうか。
これまでは、円・コールの買い(ドル売り)でオプションのポジションを持っていたようで、このあたりも引っ繰り返した様子です。

私としては、まだレンジ(93円台~98円台)内の取引と考えていますので、ポジションは継続しています。ただし、ストップは98円に置いてありますので、そこまで行けば一旦、撤退します。

米国の指標ですが、新築住宅販売は予想より若干悪かったです。耐久財受注は予想より大幅に良かったですが、3月の数字がマイナス0.8からマイナス2.1に下方修正されていますので、2ヶ月でみるとほぼ予想通りとなっています。

注目の7年債の入札は、順調だったといえます。結果、10年債利回りは低下して、前日比マイナス0.124%の3.614%で引けています。
ダウ指数は、+103ドルの8403ドル
原油は、+1.63ドルの65.08ドル
金は、+8.00ドルの963.20ドルの引けでした。

円が大幅に売られた以外は小幅な値動きだったといえます。
週末(5/31)訪中するガイトナー財務長官ですが、米国債でも買ってもらうことになるのでしょうか。いずれにしても来週の月曜日は東京時間からニュースが飛び込んでくることもあるかもしれません。

今週は、米国の「トリプル安」にともなう長期金利の上昇が話題でしたが、とりあえず入札も順調に終了し、当局者は一安心でしょうか。
ただ、今後もこの問題は折に触れて話題になるものと考えています。

大きく動きましたが、皆様は如何でしたでしょうか?
私は、結構、疲れました。さて、もう1日、頑張りましょう!
それと、今夜7時からだいまんさんと大橋さんと私でお送りする「為替デスマッチ」、生番組です!今月も私の負けのようですが、どうなることやら・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社