2009年5月14日木曜日

米国の小売売り上げ高が予想より悪かったことが、米株式の下落になったようです。やはり実体経済の動向には投資家は神経質になっているのでしょう。

これまで楽観論が支配してここまで上げてきたわけで、ストレス・テストの公表で舞台は暗転、実体経済に目が注がれている印象でした。

ドル/円は、朝方一時、95.14まであったようです。同じ様にクロス円が売られています。「ドル安円安」から「ドル高円高」に移って来ましたが、これは材料によって振らされるいつもの動きです。
問題は、ユーロがどうなるかでしょうか。底を固めて1.40を目差すのかどうか。
それによって円の方向も決まってくるのでしょう。
とりあえず、「ヘッド・アンド・ショルダー」は形成されましたので、この流れが92円台までいってもおかしくない形にはなってきました。
私の目標は93円台なのですが、どうでしょうか。
来週の水曜日には(5/20)、日本の1~3月期GDPが発表されます。予想は再びの二桁のマイナス成長(最大でマイナス16%という予想もあります)。この反応を見てから再び売るというのも選択肢の一つです。

米国株式、ダウ指数の引けが8284ドルと連休前の水準に戻ってきました。
さて、日経平均はどうなるでしょうか。

ポジションは、ドル/円のショート継続です。
さあ、今日も良い天気です!頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社