2009年2月18日水曜日

大幅な人員カット、工場の閉鎖、ブランドの削減などが織り込まれているようです。ただ、注目の債務との株式交換については詳細がないようで、今後も詰めなければならないようです。
米政府からもこれを受けて特別チームが検討することになるとのことです。

チャプター11の適応が無かったことを評価する声もありますが、現状はすでに政府の管理下に置かれていると考えれば余り変わりはありません。むしろ困難な道を選んだ印象です。

さて、昨日も欧州勢の参入時(東京の午後4前後)に、豪ドル/円の売りが出たようです。
これはこのところ散発的に出ているもので、仕組み債にからんだ取引を解消しているようです。
話によると、豪ドル/円が55円になるとさらに売らなければならないことになるとか。さらに50円になるともっと増えるとかの話が市場に出ています。(本当のところは分りませんが・・)

このようなものは地雷のごとく埋まっているので普段はあまり気にならないのですが、ある日突然出てきて驚かされることがあります。

さて、今日は午後4時までに溜池のラジオ日経に行きますので、ブログへの書き込みが出来なくなることをご了承ください。放送は4~5時の間で、わたしの出番は後半の10分弱だそうです。時間があったら聴いてください。
ポジションは変わりません。ユーロ/円とポンド/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社