2009年2月18日水曜日

ダウ指数は、前日比マイナス297ドルの7552ドルの引け。
ドルは前面的に強くなっています。(通貨ごとのバラツキはありますが)

これまでは、ドル高円高、あるいはドル安円安となるケースが多かったと思うのですが、先週の末から少し変わってきました。この背景はマイナス12.7%のGDPや中川財務大臣の醜態と辞任があったことは明白です。

それでも私は依然として円高リスクに軸足を置いております。今のところはクロス円にしていますが・・
この流れがいつまで、どこまでいくのか分かりませんが、それほど長くはならないし、それほど高値には(円安の)なら無いと考えております。
ユーロ/ドルも最大で1.20割れがあるのかどうか。しかしその前に1.25前後の厚い壁を抜けれるのかどうかと考えております。

現在の世界のお金は、投資先を求めて貪欲に動いているのではなく、リスクの低い(つまり安全な)ものに避難していると考えます。多くの投資家は、自国に資金を戻しています。こういった動きは後ろ向きの資金の流れです。決して前向きではありません。
生き残ったヘッジファンドなども短期的な出入りを繰り返しているようです。そこに売り切り・/買い切りの実需が入ってくることで流動性が確保されているのでしょう。
為替市場は他市場の動きと比べると健全です(まだ?)。

注目のGMと労組との交渉でしたが、これから記者会見が始まるようです。とりあえず注目しましょう。
ポジションは、変わらずです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社