2009年1月7日水曜日

年末までは、東京勢の売りが見えていたのですが、年明けからは東京勢の動きが鈍い印象です。
東京勢が静かにしている分、海外勢の勢いが増す増す強い印象になります。

1月20日の一般教書、景気刺激策の公表と議会での承認という予想される日程からドルの反発が支えられているのでしょう。
日本の政治空白とトヨタに代表される業績の予想以上の悪化は確かにマイナス要因ではあります。
それにしては、日経平均は堅調です。このあたりの動きはどうもしっくりきません・・

全体に傾いていたドル売りのポジションが大きく調整されているとしたら、日経平均の動きも同じように調整なのでしょう。この調整がどこまで続くのか?上述したような日程が視野に入ってきますので、まだ続くと見るべきなのかもしれません。
今日の日経新聞にいわゆる専門家の方達の相場予想が出ていました。
2人に共通するのは、3月末までの日本勢のレパトリとそれに伴う円高でした。このあたりも多くの人が予想している点で共通しています(実は私も)。あまりに多くが同じ方向を見ているとしたら意外と反対に行くことが多いのが過去の教訓です。

はてさて、難しいところです。

朝方、93.00以下にあるストップを点けにいったドル/円ですが、下げきらずに切り返しています。安値は93.20~25あたりでした。仲値のドル買いで94円前後の動きになっています。
レベル感からショートに成り易い展開が続いています。

とりあえず、私のポジションは変りません。ドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社