2009年1月15日木曜日

米国の小売売り上げが12月もマイナスとなり、2008年と通してもマイナスになったそうです。
この数字の意味するところは、消費が大幅に減速しているということで、昨年の後半から加速している点でしょうか。これは1~3月期にも継続すると見ておいたほうがいいと思います。
米国の10~12月期GDPは、消費が7割を占める事を考えると大幅なマイナスになるともいえます。

日本も同じく大幅なマイナスになりそうです。世界中がマイナスになっていると考えていいのでしょう。まさに、不美人投票なわけです。

ダウ指数が続落して、前日比マイナス248ドルの8200ドルで引けました。
原油は、マイナス0.50ドルの37.28ドル
金は、マイナス11.90ドルの808.80ドル
10年債利回りは、マイナス0.093%の2.199%でした。

何故、円の独歩高になるの?
私の感覚では、ファンドの解約が進んでいる、あるいはこれから出るであろうから先に売っておく、といったところだと思ってます。これは、日本の機関投資家にもいえます。先週も生保などの売りがユーロ/円で出たそうなので、同じような構造です。
いずれにしてもこれから本格化するであろう、これらのポジション調整が相場を決定する大きな要因であるとの立場ですので、ポジションは継続しています。
もちろん、ストレートに行くとは限りませんので、ある水準にいった時、あるいはスピードが速い時などは、一旦手仕舞う勇気を持ってください。介入も段々と現実味を帯びてくるでしょうから。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社