2008年12月17日水曜日

予想よりも利下げ幅が大きかったといえるでしょう。
しかも0.00~0.25%の幅を持たせたということから、流動性の罠を回避する意図も見えます。
実質的には、史上最低きんりであることは確かですし、これ以上の利下げはないことになります。
しかも量的緩和も進めるわけで、中央銀行の役割は最大限行ったといえます。
あとは政府、オバマ政権にボールを投げた格好です。

この発表を受けて、ダウ指数は前日比+359ドルの8924ドルの引け。
原油は、マイナス0.91ドルの43.60ドル
金は、+6.20ドルの842.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.159%の2.353%でした。

為替も動きました。全体にドル売りが進んでいます。
ドル/円は、安値88.60~65まで下げました。ユーロ/ドルは、1.4080前後まで上げています。
クロス円は全体に買われて、ユーロ/円は高値が125.40前後まであったようです。

先ほどブログに書きましたように、ユーロ/円のロングは125円台で一旦手仕舞いました。
東京の輸出などのいわゆる実需が125円以上(本当は130円以上?)で売ってくると思ったからです。
また下がったら買いたいです。

米国の利下げは予想よりも大きく、それを受けての株高、ドル安は市場の想定内と考えます。
全体にドル売りが進んでいます。特にユーロが高いのは、先週のドイツ側からの利下げ牽制発言が大きかったのでしょう。ユーロに比べると、オセアニア通貨やポンドなどはスローな動きです。

ドル/円は、介入懸念もありますが、88円台はそれなりの抵抗がありそうです。しかし、このような展開になると90円台が重くなってきそうです。戻したところは売る戦略に変化はなさそうです。

一番動いたユーロ/ドルには手を付けませんでしたが、ユーロ/円で勝負しましたのでとりあえず良しとしましょう。
ポジションは、ゼロです。東京を見ましょう。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社