2008年12月15日月曜日

金曜日の東京市場で88.10まで売られたドル/円でしたが、同日のNY市場は91円台前半での引けと成りました。
この背景、あるいは切っ掛けとなったのが「自動車産業への融資」法案を巡る議会、政府の動きだったようです。
結果だけ見れば、(チャーティストの言うように)下ひげの長い1日の動きでした。このような時は、往々にして一旦の底値を付けたと考えてもいいのでしょう。今朝も(早朝ですが)91円台後半まで買われた場面がありましたが、92円は、付けませんでした(多分、売りオーダーがあったのでしょう)。ということは、一旦の底を見たとしても、まだまだ戻りの売りが待っている状態に変化がないともいえます。
ユーロ/ドルが堅調です。これも全体でのドル売りの流れが継続しているともいえます。ドル/えん次第ですが、クロス円は今後も堅調に推移すると見ています。

ポジションは、一旦ストップを付けましたが、再度買い直していますので、ドル/円、ユーロ/円ともにロングのままです。
今日はゴト日ということで、ドル買いを期待しています。91円台は一旦の手仕舞いかと考えています。
それにしても急激な動きでしたが、皆さんはどうだったでしょうか??

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社