2008年12月1日月曜日

金曜日は米国市場が午前中だけでしたが、株式や債券市場は強含みで終了しました。
週を通して堅調な動きでした。
これはシティグループへの政府支援など、一連の施策が市場を沈静化させたことが背景なのでしょう。
今週は、ビッグ・スリーの再建策が議会に提出されます。実際の審議は12/8からになります。
ECB、BOE、RBAなどが政策金利を決定しますので、この利下げ幅に注目が集まりそうです。利下げすることはほとんど織り込まれていますので、大きな波乱材料にはならないと思います。発表後の記者会見でサプライズがあるかどうか。そして、金曜日には米国の雇用統計があり、実体経済の悪さが再び脚光を浴びるのかどうか。
米国のFOMCは、12/16ですので若干時間があきます。

12月は欧米の企業が決算を迎えますので、特殊な取り引きもあるかもしれません。
何処もかしこも景気が減速している状況ですから、まさに不美人投票になりそうです。
市場の懸念は年末越えの資金手当てに集まりそうですが、FRBを初め各国の中央銀行は十分な資金手当てをするでしょうから、これも杞憂に終わりそうです。

私のポジションは、ユーロ/円のロングですので、芳しくありません。
120円台の何処かで少し買い増す方向で考えています。

さあ、今日から12月です。今年もあと1ヶ月余りになってきました。
風邪など召さぬよう、気を引き締めていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社