2008年11月20日木曜日

昨夜のNY市場で、乱高下したのはポンドやユーロでした。
この背景を探ってみると、ポンドのオプション(デジタル・オプションとのことです)の行使価格が1.51台にあったために、強引に付けに行ったことのようです。
これにつられてユーロ/ドルも1.28台前半まで付けましたが、そこからの下げも尋常でなかったようです。

最近の市場は参加者も少なく、流動性が乏しいために大きなストップ(オプションもこの範疇に入る)があるとそこに引き寄せられることがちょくちょく出てきます。
なんとも人騒がせな話ですが、これに巻き込まれた人には誠に気の毒なことですが、逆に思わぬ儲けが出た方もいらっしゃるのでしょう。

ドル/円は、昨日お伝えしたように97.50には相当な売りオーダーがあったようです(現在はわかりません)。今日は97.00まで下げてきているという話もありますが、どうでしょうか。
95円台の買いも昨日のようなアジア中銀の買いがあるのかもしれません。そうするとアジア時間中はなかなか下がりづらいことになりますが、どうでしょうか。

ドル/円のショートは継続しています。95円半ばで一部買いたいのですが、未だ届いていません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社