2008年11月19日水曜日

為替市場は静かです。
思うに銀行などはポジションも軽めにして、顧客の動きも大人しいのでしょう。
日本の銀行以外は、暦年ベースですので12月が最終月になります。しかも今年はいろいろありましたので、ほとんどの銀行はポジションは限りなくゼロに近いものと思われます。

相変わらず、日経平均は良く動きます。出来高を見ても投資家の動きが緩慢になっていると思われ、個人や機関投資家、ファンド筋などの独壇場になっているのでしょう。
安値8115円の引けが8273円、前日比マイナス55円でした。
こちらも年金基金と思われる買いが出ていたようですが、一時のような勢いがなくなってきているような印象です。やはり、その他大勢が先行きに対して不安になっていることが背景にあるからでしょうか。
備えることは大切です。

ドル/円は、昨日のレンジの中での動きと考えますが、米国株式次第という状況に変わりありません。
上も下も実需でしっかりと押さえられている印象です。
ポジションはドル/円のショート継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社