2008年9月17日水曜日

しかし市場の目はAIG(American International Group 米大手保険会社)に集中しています。
NYタイムズは、AIGがFRBの支援なければ17日中に破産申請の可能性も、と報道しているとおり、状況は厳しいものがあります。
今朝方、6時過ぎに流れた情報として、「米政府がAIGの公的管理を検討」がありました。今日中に何らかの結論が出るものと思われますが、予断は許されない状況です。

FOMCが終り、金利据え置きが発表されました。市場では利下げ期待もありましたので、据え置きにはネガティブな反応で、ドル/円が105円台前半から104円台前半まで売られ、米株も売られました。しかし、そこから大きな買戻しが入り、ドル/円は106円台前半まで上がり、ダウ指数も11000台を回復して(この日の安値は10742)引けました。

市場は疑心暗鬼の状態が続いていますので、ちょっとしたうわさにも大きく反応してしまう、いわゆる乱高下が続くことになります。このような状況では、取引金額を小さくし、レバレッジを低くすることが肝心です。

結局、ダウ指数は前日比+141ドルの11059ドルの引け
原油は、マイナス4.56ドルの91.15ドル
金は、マイナス6.50ドルの780.50ドル
10年債利回りは、+0.049%の3.436%でした。

本日の日経新聞は、リーマンの破綻に至る軌跡を丁寧にリポートしています。関連記事と併せてご一読をお奨めします。
まだまだ乱高下は続きます。気を引き締めていきましょう。

さあ、今日も一踏ん張り!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社